カテゴリ:写真 > P20 lite

小松菜好きですか?私は好きです。カットして茹でておくだけで一品ですよ。


2019b132
いつもはめんつゆだけが多いんですが、それでもさっぱりしてシャキシャキ感も損なうことなく逸品になります。で、今回はそれに市販のタルタルソースをちょっと追加してみました。多かったかもしれないけれど、味が結構変わりましたよ。


2019b131
これはめんつゆではないですが、おいしかった。血合い(dark red flesh of a fish)って英語だとこうらしいです。血合いはちょっと苦手です。

今回はなかったけれど、キノコを足したら更に豪華になるよね。キノコはいいですよ、安価で栄養価が高くローカロリー。あまり味として失敗しにくいっていうのもある。

茹でたり蒸したりすればとりあえずOK。ポン酢、めんつゆ、オリーブオイルなんか足してって、適当で大概おいしいのがキノコ。

私でもできる!
大きめのキッチンが欲しいわ、安ぼろコーポみたいだから狭い狭い。置くところがないw

P20 liteを使っていて全く不満はないのですが、刺激が欲しくて入れました(嘘)。

新PCがあまりにも素晴らしいので、現状でGoogleのサービスを使って連携させて使っています。より更にPCと連携させたいなあということで、Microsoft Launcherを入れてみることにしました。

Googleとの連携ですが、使っている人と比べると全くなんでしょうねえ。

Goggle Map、Gmail、Goggle カレンダーに予定を入れることで、例えば旅行と仮想なんですけれど、じゃらんで旅行とかは組むんですよ。年1回だけど。で、じゃらんで予約すると、予約がGmailで登録してるんですよね、そうするとどうなるかっていうと、予約完了の時点でGmailに届く。自動的に予約情報がカレンダーに登録される、らしいです。そうすると、Googleマップに予定があります的なことが出てきて、すぐに経路選択や連絡先、チェックインの時間やら宿の情報とかが連携されて出てきます。これは、初めて体感したときに「ぬお!」って声が出たくらい。すごい。

あとはGoogle driveとGoogle Photoやdocumentの連携ね。これはベースにdriveがあるわけだからそこは意識しないんですが、Photoは高画質だと無制限ですし、いろいろ助かってる。特に最近はP20 liteで撮影してWifi圏内で自動アップロード、帰宅してからPCで意識せずに画像選択してBlogアップデートなんてことがシームレスにできちゃう。これもなかなかです。

で、です。PCってMicrosoftやんってなりまして。ああ、Edge?使ってないよって話です。んでもって、ああ、どうなんかなあって思いまして、ちょっとばかり試験的にAndroidにLauncherあったので入れてみました。


2019b122
これがホームです。最初からようやくちょっといじってこんな感じになりました。作法がずいぶん違うので最初は戸惑ったけれど、結構いい感じ。2日目にして慣れてしまいましたからね。

homeの特徴としてはアイコンはティアドロップから真四角まで5種類くらいありました。透過タイプとかドックを使うかとか。アイコンはオフセットして配置もできます。ウィジェットでは時計天気をおいてサイズ調整、あとはgoogle検索を置いてあります。すぐに検索したいときはこれが一番早いです。

よく使うアプリだけを一応homeにおいて、あとは置いてません。アプリはドロワーに87個入れてありました。標準で消せないのもありますが、この1画面に収まっていないのは、時折使うやつです。ここ最近Microsoft Launcherを入れてから試験的に入れたのも多いのでちょっとあれですが。


2019b127
壁紙はLauncherにはいってたなんか知らんけれどそれ。結構きれい。因みにこれはドック部分。上にスワイプすると抗して格納されている。上から引き出してもP20 liteのシステムショートカットはいつも通り出てくるので、慣れてしまっているから上から引っ張っちゃうけれどね。ライトと無線LANのトグルは結構頻繁に使うので、意識して使ってます。


2019b128
ピンチインだっけ、つまむ感じ。そうするとこの画面。ということでジェスチャーに対応しています。標運で3画面を使ってます。右は音楽再生ショートカットとカレンダー月表示のウィジェット。左は特徴あるフィード。因みにホーム画面でピンチアウトすると起動中のアプリが一覧表示されます。当然P20 liteでのジェスチャーも生きているので、私は慣れ親しんだそっちを使ってますw。

2019b129
ウィジェットの選択画面、大きいね、まあわかりやすいか。



2019b121
これはhomeから一本指で下にスワイプすると出てくる画面。上で検索、検索履歴、よく使用するアプリが一覧表示。二本指だとLauncherの設定になります。

こっからがまあいいじゃんって思ったとこ。


2019b123
ホームから左へいくと、右にスワイプするとこの画面。これも選択して配置できるので、私は標準で。慣れていないからね。うえから カレンダー、付箋、タスクとかね。まだ使いこなせていないので、まだイマイチ感が有り余ってます。

普段ヤフーカレンダーをメインに使っているのですが、あれはグーグルカレンダーからは同期できるけれど反対は無理なんですよね。だから不便を感じるのはこういうとき。反映されません。今は意識改革が必要ですよ、意識改革。なので、Googleカレンダーを使うようになるべくしているところです、途中ですw。

タスクは今のところうまく使えてません。To DOもいれたんですが、カレンダーで困らないよなあって思ってます。このあたりも多忙な一だと違うんだろうなあと思いますが。


2019b124
Windows10 PCで同期設定したらいろいろ出てきました。設定する前は訳わからんなこれと思ってましたが、なるほどなって感じ。割とすごい。


2019b125
タブっていうか、下のナビゲーションボタンからニュースを開くとこんな感じ。まあ、見やすいかな。わるくなーい。しっかりニュースを読むときは個別のアプリケーションを起動しますが、ちゃっと見るとかっていうニーズにいいかも。

2019b126
これが微妙な部分がありつつも使うと便利なところなんですが、Edgeなんですよね。そのために使ったりして試しました。Chromeから移行するにはちょっと厳しいかな。でもEdgeは使うとわかるけれど、想像以上に軽いですね。軽量で高速。それは使ってわかりました。

一応はChromeのブックマークをインポートしておいたのでアクセス自体はできるし使用は可能なんですが、パスとかいろいろコード類は入れ直すのが面倒だったりして、Chromeに管理させているどっぷりぐーぐるな私はこれもまた、意識的に使ってます。

ということで、お試しあれ。

襖で2枚分と、押し入れ部分片面を二枚を貼り終えました。
プロの人なら作業台とかでやるんでしょうけれどね、そうもいかないので畳の上での作業です。

これがきっつい。もうくたくたでした。

2019b070
枠をマスキングします。これはとても簡単です。


2019b064
再度の余分な部分をカット・・・・・・、なのですが別に最後に切れば同じことなので無理に切らなくてもいけました。最後の一枚でやってみたらカットする必要はなかったなあと。


2019b062
これはカットした画像ですが、ちょっとくらいミスっても枠内で最終的にカットするので大丈夫です。大丈夫の語源や仏教との関わりがとても興味深いので、気になる方はどうぞ。




2019b063
でまあ、アイロンで押さえていきます。この商品の場合は十の字に押さえた後、分割された4面を押さえていきます。詳しいやり方は商品にちゃんと説明されています。とても簡単。しわとかはコツがありますが、細かくいわなければ簡単です。


2019b065
四隅をアイロンで押さえた後、押さえつつカットします。ただ、これも結局ですが当て板は必要ではなかったです、私の場合は。角をしっかり押さえ、更に刃の出ていない状態でもう一度押さえて後をつけた後カットすればきれいにいけました。


2019b069
これが。


2019b071
こんな感じ。


2019b068
ぱっと見た雰囲気が、


2019b072
激変しました。


2019b067
全体の印象も


2019b061
全く変わります。

結構腰に来ましたし、作業台でできないのは体的にかなりきついです。作業工程としては案外簡単で、細かいことをいわなければいいんじゃないかなって思います。金額的にもずいぶん違いますからね。

残り襖2枚分残っていますが、ちょっと疲れてるので別の機会にやっつけようと思います。新しいお家のような気分になるので、やってよかったですね。


新しくPC組んだんですが、いろいろアクシデントもあって完全復活ではないものの、なんとか使えるまでいきました。つかれたー。

これは土曜日です。仕事中です。移動中です。


2019b001

風が強くて空気中の塵なんかも飛んじゃって、カナダいったときみたいな空でした。

つかれたー。

P20 liteでの写真です。コンデジがあったら出来ればそっちを出したかった。D7100は持っていってますが、ポイントによっては車に置いていったりしてます。PCに取り込んで確認したときに、もう少し撮影しておいても良かったなあと思いました。


2019pc0100
実は2回目の諏訪湖です。以前はバイクで帰りに立ち寄りました。その時は何も感じませんでしたが、今はいろいろ勉強になったりと見方も変わって楽しみ方がより良くなった気がします。どれも縮小しかしていませんが、本当の色とは違うけれど綺麗に見えるというか、まあね。スマートフォンっていう感じですか。それでも、一昔前では考えられないね。


2019pc0101
本当にすべて雨予報だったのにね。


2019pc0102
ガラスのところです。これでも十分綺麗じゃんかと思ったんですが、D7100のほうは次元の違う綺麗さでした。



2019pc0103
巨峰アイス。うまかったです。高かったので1個だけ。

昨日はいらないものをとりあえず捨てることから片付けを始めよう作戦開始により、45Lゴミ袋3つ分を処分しましたがS90は見つかりませんでした。P20 liteはこういうとき有能。今度コンデジ買うときは転送機能が欲しいなと思いました。それでもGoogleフォトに直送できる強みには負けるかもしれんが。


2019pc0070
購入以来、昨日の夜だけ外し、それ以外は常に装着しております。お風呂、誰もいなかったプールでもつけっぱなしにしてます。日常防水といえど凄いねという感想が最初かな。

一方で、余りに小型だったF-91Wと比較してしまうと、かなり大きい。大きな時計ではなかったのですが、比較すると大きい。F-91Wが余りにコンパクトであったのでこれは無い物ねだり。もう一つ買ってみようかなと思っていたなんてほざいていた時計は、これより更に大きいのでちょっと今は躊躇している。

そのかわり本商品の特徴である液晶部分も写真の通りかなり大きくなった。これは掛け値無しに非常に見やすい。3文字の曜日はコンマ数秒の躊躇がなくなるし、月日表示も同様、視認性においては素晴らしくいい。後述しますが一癖あるものの、時計を見る動作をしたときの数字判読性能は素晴らしい。二重丸です。


2019pc0069
つけたときのイメージ。アラーム、スヌーズ、時報はOffなので円い窓に表示は出ませんw。


2019pc0068
バンドが切れているので、腕に乗せてますが雰囲気はこんな感じ。これは再度購入して考察したいけれど、たぶん照明とバンド強度以外ではトータルで最強かもしれんとあらためて思う。


やや斜めから液晶を見ると、つまりは時計を見る動作をせずに通常の腕を目だけで見る。腕をクイッと傾けて時計を見る動作をしないということですが、それで比較するとこれが結構違ったりします。

2019pc0072

わかりますかねえ、新しく買ったF-200W-1AJFは反転して判別しにくいです。これはトップガラスというかプラスティックか知りませんが、それが気持ち湾曲しているからかも。些細なことですが、仕事中や視線をちらっとやっただけではこのように見えて、クイッと傾けなくちゃいけないっていうこれまたほんのわずかな一手間を面倒だとは感じました。


2019pc0073
ブレましたが撮り直しません。でもなんとなくわかるでしょう。因みに今日は休みです。いいんです。疲れました。

それは置いておきまして、F-91Wの方を敢えて角度を向こうにしてますが、それでもまだ判別しやすいですね。小さな事ですが、私には割と大きな変化です。困らないけれど、手間だなとは感じます。後で比較写真をもっと撮っておきます。今日アップするかはわかりませんが。


2019pc0071
厚み。影取も面倒なのでこんな写真です。見た目でもかなり違いますが、つけてみると実際は数字以上の違いが出ます。

明らかにいろいろなところに当ててしまっています。もっと早くなれるかなと追いましたが、つけている事を意識していますから、やはりこのちょっとした厚みの変化は私にとって大きかったんだなあと痛感。ずっとつけていますから、気に入っていますが、身体の一部にまではなってないかなあ。

ノギスでいろいろ数値を図って出そうと思ったんですが、ノギスが見当たりません。この前までさわっていたのに。

S90とノギス、早く出てこいやw。


2019年8月20日時点でのまとめておきますと。


F-200W-1AJFの良いところ

・表示部が大きく見やすい
・曜日3文字、月日表示も見やすい
・プラスティックボタンは一体感があっていい。
・やはり軽量、安価、この価格で実はデュアルタイム対応
・照明がとてもみやすい
・大きさのバランスとしてはこっちの方がいいかな


F-200W-1AJFのもう一つなところ

・斜めにすると少し見えにくい
・留め金部分が大きくなって机などに手を置くときに当たってきになる
・やっぱり大きくなって当てることが増えた


F-91Wの良いところ

・超軽量
・超薄型
・吸い付くような装着感、見た感じは少し小さいかな
・とにかく小さいので当てることがほぼない


F-91Wのもう一つなところ

・現状でバンドが5年持たずに切れた(バンド強度が低いかも)
・照明がちょっとイマイチ
・見えるけれど曜日、日付はF-200W-1AJFには一歩譲る
・問題ないけれどパッと見たときの見やすさは負ける

双方を見てない部分をそれぞれが持っている感じですか。


木馬というとガンダムに出てくるホワイトベースかトロイを思い浮かべると思います。
ただ、これはまさにそのまんま木馬。


2019-08-15_21h54_00

真横の写真も撮ればよかったんですが、バランスはもっとやわらかく画像のように縦長の印象はありません。ちゃんと動いて静かにかわいい感じです。母の模様のセンスもなかなかだなと思いました。

やるじゃん。

更新するときにカテゴリーのことを思い出します。面倒なのです。

台風がやってきてかなり激しい感じになってきましたが、止まって濡れて写真に撮る気もなく、すごいという頭の悪い感想しか思い浮かびません。


20190814_IMG_20190813_085430

山のお堂にいる?おられるとかいらっしゃるとかいった方がいいのか知らないですが、静かにいます。

お参りしてきました。向こうにいると汚れていくんですよね。私がいけないのでしょうが。

カテゴリーがあまりにも適当すぎて困ったいますが、直すというか再設定も面倒なのでちょっとずつ考えてます。


20190813_IMG_20190812_155503

台風が近づいてきていて泳ぐのは無理ですが、昨日波を見てきました。今日も違う場所で見てきたのですが、さらにすさまじい感じでした。


結局ですが昨日(2019年8月11日)仕事中にバンドが破断しました。丁寧に使えば実はしばらくいけるんじゃないかと思っておりましたがあまかった。ただし、注文していたものは昨日の夕方到着です。


2019pc0063

実物は写真より安っぽさを感じましたが、これまた不思議に直ぐに馴染みました。私には相応で良い感じです。見た目の感覚としてはF-91Wの方が大人っぽさがありますね。一目見て大きな液晶部分が見やすさを物語ります。素晴らしい。そして時刻もピッタリです、調整してくれたのかな。


2019pc0064

stainless steelなので通常使用においてはサビニかなり強い。この辺のはカシオもシチズンもそうですが、実用的に高品質。日常防水ですがどうやらお風呂くらいは余裕とのことで、もうそういう風に使って行こうと。昨日もこれで入浴しました。


2019pc0065
お盆突入で細かなレビューは出来ないですが、厚みはちょっとあります。これを厚みがあるという表現をするにはちょっと微妙ですが、F-91Wとの比較という希有な条件なのですみません。身体感覚としての厚みの認識がしばらく出来ないと思うので、意識的に当てないように心がけないといけませんね。なれるまでの辛抱かな。

ボタンは金属製でないので安心感は高くなりました。ただ、F-91Wは金属なのですが問題なかったので・・・杞憂かなw。


2019pc0062

装着したときの印象は、大きい~!んでもって重みがある!でしたが、これも比較対象がF-91Wという特異な超軽量だからこそ。5分つけていたら軽い!っていう通常の感覚が出てきてよかったよかった。

大きさは半日経過して慣れました。大きいイメージはまだそこそこ持っています。が、意識してみたときの話。表示部の見やすさは特筆に値しますね。視認性はグンバツの域。日付表示は月日がはっきり見えること、曜日は3文字!時刻も大きくて見やすいです。

もう一個迷ったモデルはこれより少し高かったのですが、そっちも買ってみたいかな。といって、いつも買いませんね。

これ、また使い倒しますので。取り急ぎこのあたりで。


↑このページのトップヘ