カテゴリ: 車関係

 というわけで、行ってきました。1年前ですが、年末なので今のうちに済ませました。

 購入はというか車検を12月中頃に取得して中古を買っています。その時の走行距離は76500kmです。今日の1年点検の段階では82970kmなので約6,500kmってところです。・・・・・・、あんまり走ってねーな。

 以前い比べてベラボーマンなみに走行距離は増えましたが、それでもこれくらいなんですねえ。もっといっているかと思ったんですが、よく言われる年間一万キロっていうあの謎の基準が結構走っているもんなんだなあとあらためて思い知らされました。んあ、でも今までですと4,000kmちょっとってところなので、そういう意味ではベラボーマンなみに走行距離が増えているかも知れませんね(しつこい)。

 えっと、知り合いにメカニックが何人かいますので12ヶ月点検とかはどういうことやっているかよく知っています。まあなんていいますか、あんな感じなのですよね。ゴニョゴニョ。ただ、その辺は自分も理解していますので、それに加えてオイル交換とガスケット、その辺りを一応見てもらっとくかということでディーラーにちゃんと出しました。

 パーキングブレーキとかも見てくれますから、ここは私はわからんしね。

 今回の一番の目的は、まあいろいろあったのですが、その中でCVTのコクっていう衝撃の緩和でした。発進時とごく希に停止時。トルクが抜けてから再度トルクが入り直しの時にショックが来る。これが結構嫌でした。希に大きなショックなので気になっていたんだよねえ。原理は知りませんが、なんとなく間隔でこうなってるんだろうかなあとは思っていて、調べたらおおよそそんな感じでした。

 結局は制御で、燃費というかカタログ燃費のための手段だったんだろうなあというのが正直なところです。私はユーザーですが基本的にアンチトヨタなのはこの稚拙ブログを書き始めからずっと書いてます。今でも同じです。まあ、理由如何で乗ってますが、そういうことです。

 いろいろ調べると、似た症状を書いてる人がわんさか出てきて、プログラムの書き換えでOKらしいと。で、それもお願いしました。あくまでも細かいことはこちらからいわずに症状を説明してです。すると、素人にもわかるような説明の仕方で書き換えで直るとのこと、やってもらいました。

 帰宅してからあ試走してみたところ、すごいもんですな、体感で全く安心できる挙動に変わってました。すぐにトルクがかかっている状態で、抜けがかなりなくなっている感じですか。なので、燃費が少し低下するという理屈はわかる気がします。まあ、誤差程度ですよ、あんなデブミニバンですから。でも、気にする必要がなくなったのは精神衛生上とても良くなりました。

 何故か値引きもあって、さすがこの四半期決算で過去最高益たたき出してくるだけあるわと、ちょっと思います。顧客をなんとか放さないような施策ですな。うまいわ。

 車自体は気に入ってますよ、つまらないですが、実用としてはかなり良い道具だと感じています。もっと良い車はあるのでしょうが、お金となど現実的な課題が圧現状ではベストに近かったんじゃないかなと、あらためて思うしだいであります。



 いや、そんなに走ってねーし。

2018pc0065

 ではなく、車検証を確認したら76,300kmということなので4700kmですが送稿したということのようでした。バイクの練習に行くために買ったようなものなので、当然走行距離が伸びることになります。今までだと年間4,000km程度でしたが、年末からだからほぼ1~8月と8ヶ月間ですか。

 今回のように実家に行ったりと遠出ばかりですと平均燃費は12~13kmちょいは伸びますね。高速道路では第一走行車線を法定速度キープなやつなんで、荷物満載状態ばかりですが割と伸びます。基本的に流れに乗りますが、渋滞を作るようなことだけはしません。そこは阿呆じゃ無い。ま、抜くなら追い越し車線に一旦行くでしょうが、以外と最近は80~90での定速走行の車も増えましたね。体感ですが。


 

 

写真ありません。撮っていません。関係ないけれどもhpのノートパソコンで初投稿です。

デスクトップが何故か知りませんが、本日三度目の再起動。更新プログラムが来ていたのですが、そのうち1つは"おそらく更新されているけれど更新されていないと表示されている”という不可思議な症状のようです。マイクロソフトの累積更新プログラムの項で説明がありましたので間違いないと思います。該当ページはここです。2月15日にわかっている問題点として出ています。

今日はイレギュラーな休日ですので、予定も何もあったものではありません。やったことといえば増し締め。それだけ。110N で増し締めしておきました。もうすぐ春なのですが、しばらくスタッドレスタイヤのお世話になりますので、100km以上はすでに走っているためにトルクレンチで増し締めです。

それ以外はえーと、新しいノートでこの文章を書いているくらいですか。キーの打ち心地jは悪くないです。アイソレーションタイプで昔のタイプに比べわかりやすい点は評価できます。実用性は問題ない。ただ爪を切っていないとミスタイプというか打鍵しにくさも感じますね。私の場合は普段Ralforceを使っているときはそういうことがないため、先程爪を切ってたのですが意外と行けるかなという印象に変わりました。まあ、悪くはないですね。

ノートパソコン自体のスペックは低いのですが、使用目的がハッキリしていれば十分使えます。と、今日はそのくらいで、本当に何もしていなかったです。いや、用事というかやらねばならない家のことはたくさんあったので、暇というわけではないのです。休みって感じにはならなかったなあと。もう一日終わりますしねえ。そんな一日でした。

 壊れていると勘違いして捨ててしまったという愚挙ゆえ、致し方なく最新の小さなモデルを買いました。

2017pc0330
箱も小さい。


2017pc0331
何ですかこれ、アルミ?筐体がさわるとわかるのですが、やたらと高級感があるんです。稚拙な日本語ですが、質感が高い。イヤそれよりも、筐体の強度自体は高そうという方がいいかな。

この商品自体は挿しっぱなしにしますし、ゴチャゴチャと車内に置いたり見苦しいのは嫌いなので、スッキリと目立たないこいつはナイスでした。あとは、壊れないことを祈りましょう。


この時期に買うというと厳寒で雪が降って焦って購入か?という向きもありましょうが、残念でした時期的な都合でございます。


2017pc0324

10月後半から11月に今までは購入していました、焦らず早めに準備です。実際に装着するのは自分でやっていたので、購入時期ということですな。ところが 今回の70型ノアSiさんは年末納車ですよ、間に合わないというか、休みなども予定が埋まっていたし忙しかった。そういう理由があったため、これくらいの時期に目星を付けていたのですよ。

ところが、ここのところのの猛烈な寒気による積雪や凍結で「あやや、しまった」です。安いのからやられてしまうと。ある程度の覚悟はしていたのですが、こっちにしても岐阜方面へ出かけることも多いことや普段の安全面からも早めにしたいところ。仕方なくこのタイミングで出かけました。休みだったからね。

店に到着、さっと見渡すと無い。安めのものが全くない。いや、サイズが全く違うのはあるんですがね、70型ノアSiさんに履かせるものがないんですな。これはまいったなと、あったとしたらたかいのだけやろうからねと。

店員さんにお尋ねして、予想と寸分違わぬ返答に半笑いになりつつも致し方なく購入の意志を告げました。明日には純正と同じサイズが2台分入ってきますがどうされますかと。もちろん価格を聞いて絶句というか、そこまで高いかと。当初の目的通りの15インチにしてもらいました。リアブレーキホースがやや近いだけで、干渉することはないとお墨付きをもらったこともありますし、オフセットなど不安な点もタイヤ屋が一番知ってますからね、安心を買いました。

作業工賃とナットでそこそこいきましたが、そこもしょうが無い。「んでも、流石に高いですね・・・・・・ブリザックじゃなくても良かったんですが、しかたないですねえ・・・・・・、お願いします」って頼みました。ホイールが二種類あって高い方と安い方がありますがどうされますかと聞かれて、安ければ安いだけ嬉しいですなんていう奇天烈な応答に可哀想に思ったかどうかは知りませんが、安い値段で高い方を着けてくださいました。更に2割引いてくれました。ああ、すいません、貧乏で。

というわけででして、予定外のブリザックですわ。参りましたわ。こんな高級品買うとは思わなかったねえ。安心を買ったと、私だけでもないし、そう考えていろいろ走っていきます。ありがとう、高級品。( ;∀;)

これです、100円ちょっとなので買いました。

DSC_0281-432x768

二個入りでした。おおよかったと。で、帰宅後すぐに暗闇の中ハンドライト片手に付け替えに行ったんです。隣の車もいますからドアを全開にもできません。半分くらい開けて作業していました。

これがイケなかった。

挿したものを外し(ここまではいい)、さて付けようと。とても小さいし、見えにくいし、何より体がきつい。何度かやっててええーい、と。

カランカラン……。

あっという間に足元右パネルの裏に落ちました。まあね、ステップ部分を外せば直ぐなんですが、場所と時間を考えたら今日はやめておけということだと、ええ、そう判断しました。最初のをまた付けておき、次回にします。

あー、面倒だな。焦るとよくないです。皆様もお気をつけください。

一昨日の夜、ご飯を食べたあと大きなクシャミをしたら、変な音がして脇腹がかなり痛いところです。
さて、コンパネを敷きました。

2017pc0290

良くあるホームセンターで指定した大きさにカットしてもらいました。

指定といってもざっくりメジャーで測っていっただけ、理想の寸法には置いてあった丁度良い板は見当たりませんでした。いろんな材質、厚み、価格の板があったのですが、価格重視で『コンパネ』と書かれた板を選択。お店の人に買い方を聞いて指示通りカットしてもらいました。

上部から見ると凸の形になるようになっていますが、3分割です。ノアの最後部床部分(リアハッチを開けた直ぐの部分には床下に収納スペースがあります)を開閉可能にするために、蓋よりも少し大きなパーツとその他のパーツに分割してあります。少し立て方面へ長くしている理由は、蓋への重量を分散させるためです。また、セカンドシートの間には正方形の板を敷いています。正方形部分はもう少し縦に長くしても良かったかなと今は思っています、なぜならバイクを載せるときはセカンドシートをたたむからですね。

その写真を撮っていなかったので、またいつか機会があれば撮影しておきます。忘れそうですが。凝ったトランポの人もいますが、これにビニールシートを折り込んで使っていまして支障もなく使えています。2000円弱で完了ですから文句ないです。




 そのまんまです。結局は交換で直ぐ直りました。


2017pc0320
今のヒューズってみんなこんなに小さいのですかねえ、買う段階で小型のものがあって「あれ?」なんて思いまして、良っ考えたら引っこ抜いたとき小さかった気がしましてね、調べたら平型ミニヒューズでした。

右が購入してきたもの、二つで300円弱。ホームセンターで買ったので少し割高か。まあいい。

で、引っこ抜いたのを確認したら足が短いの。見ての通りに全く違う。なんでこれで刺さるの?って思ったら・・・・・・、


2017pc0321
枠の形状が違うって落ちでした。なんやこれ。おかげで挿してもおもいきり出っ張って蓋は閉まりません。困らないけれど。せっかくなのでもう少し足を短く切断して挿しておきました。それでも蓋は閉まりませんけれど。

実用上でヒューズの機能がなくなるわけではありませんので、予備のこいつは何かの時にこのまま取り付けようと思います。

もちろん、結果はちゃんと通電しました。ヒューズ、切れてましたから。簡単な修理で良かったです。これでシガライターソケットは無事使えることになりました。

ああ、あの小型USB給電の早まって捨てるんじゃなかったなあ( ;∀;)。

買うならこういう低背平型ミニヒューズってのにすべきでしたね。

ありますか?ない方が多いと思いますが、とりあえず『ある』の方向で。

パーツクリーナーって安いと200円位でホームセンターに売っています。汎用性が高いので1本あると便利です。

2017pc0317
購入したノアに付属していた鍵はこうして汚い状態。機能に問題ないのですがちょっと掃除した程度ではピンク色の部分が全くきれいにはなりません。ちなみに、付属は1つだけだったのでもう1つは新品をトヨタが用意してくれました。


2017pc0318
これは裏面。カバーなのかなんなのか、ネチャネチャしてはいませんが、とにかく汚いです。洗剤程度では汚れが取れないくらいでした。



2017pc0288
で、パーツクリーナーです。ゴム製品なんかは思いっきり変色しますから、いろいろ試してから本番にチャレンジしてください。使えるところにはめちゃくちゃ有能です。これこの通り。


2017pc0319
側面や溝の部分もしっかりやりました。マイクロファイバーとの合わせ技や割り箸や爪楊枝を併用すると細かい部分もきれいにいけます。

普通に掃除する時間を考えたら驚くほど短時間。以外に楽しいですし、他に使える場所は色々ありますから、ない人は買っておくといいかなと思います。私は常備1本、そろそろ何本か買っておくかと考えているところです。

ホームセンターのプライベートブランドのものを普段買っているのですが、安くて多ければそんなに気にする必要はないでしょう。


 覚えていますでしょうか?一般的な人に比べればかなり少ないのですが、予定が詰まっている状態はそれを達成することで充足感があってスカッとするものの、それまでに、いや、早めにこなしておきたいというストレスがもの凄く感じてしまうようです、私。


2017pc0301
今日の写真ではなく、いつかの夕方。

車は滅多に乗りません。仕事では嫌というほど運転していますが、休みには余り乗ることはありません。今乗っている車はオートエアコンがついて、外気温とかも出ちゃって、航続可能距離や瞬間・平均燃費も表示されます。未来です。未来に生きている気がします。


タイヤサイズが大きいのでそれに付随した設置感や足の重さやしっかり感などは、わかりきっているので割愛します。運転してみた感想は、そう、実際に自分のものとして乗った感想ですが、The TOYOTAでした。予想を寸分違わず裏切らないくらいにトヨタです。

ふわついた足回り、ふんにゃりブレーキ、静かだが盛り上がりも何も無いエンジン、極めて高いコンプレッサー性能、手の届くところに欲しい機能が必ずある使い勝手のいい収納、ということで道具としては100点ですね。その道具を使いこなす運転を考えれば、そういう楽しさもあります。そうでもしないと楽しみはないですが。

車の運動性としての魅力はないです、皆無。いい車か?と聞かれれば、使い勝手のいい車ですと答えます。上記の通りですから、気に入って買いました。独具としての使い勝手を考えましたから、用途をね。だから、この面白みのない運転した感じの中で見いだされる面白い部分を探しながら運転しています。そうすると、矛盾するけれど、面白みは出てくる。

それはこれからちょっとずつ探しながらですね、長いこと載るつもりですから。頑張ってもらわないと。


↑このページのトップヘ