カテゴリ: 車関係

VOL.1をまだ買ってないっていうのもありますがw

E MAGAZINEという雑誌自体は知りませんでした。知ったのはTMF(テスラモーターズファン)さんの動画で初めて知りました。界隈ではTMFさんとかファンさんと呼ばれています。私は彼の考え方が好きですよ。関連する最初の動画っていう感じなので一つ張っておきます。




一応ですが最初の動画から私は見てました。ハッキリと意見を話される方なのでそこそこアンチもいますが、私は好感が持てますね。

で、一気に2冊は厳しいので、VOL.2を買った次第です。ちなみにVOL.1ではTMFさんは寄稿されております。


2019b163

道のりは厳しいですが、死ぬまでに乗ってやるつもりです。楽しみが一つ出来ました。

好きと嫌いに関してはどうしようもないわけで、色の好みや味の好みとそれは同じです。
私の場合はトヨタの経営思想や車造りの方向性が嫌いです。




超がつく高コストのFCVや世界的に酷評されているトヨタデザインも好みではないです。一方で駄目なのかというと、それはちょっと違います。

これだけの大企業ですので、低コストで高利益率の作り方をするのは商売の基本ですから仕方ない部分です。金太郎飴のような車に服を変えたような車ばかりなのは、構造的にはどうしようもないです。逆に考えれば、そうでなければあれほどの種類は物理的に出せませんし。

細分化された関連企業などのサプライヤーをもつ、超巨大企業集合体がトヨタです。基本は自分とこでやっちまうぞのホンダとは違うし(よく生き残っているなとは思うものの、だんだん大企業っぽさが出てきている)、大手とはいえ手を組まざるを得ない日産などの会社ともずいぶん違います。

トヨタの車は徹底的にコストがかかっていない、使い勝手の考えられた部品を、いろんなところが作って、寄せ集まったもの。そんなイメージがぴったりな気がします。

トヨタは最高の高品質低コストの部品をつかって、バラバラのバランスで組み上がった最低の出来あがりという感じがしてます。ちょっと言い方悪いな。
メルセデスだと、高コストで故障率の高い最低な工業製品を寄せ集めて作った、最高のデザインバランスを持ち合わせた自動車という、正反対の感じです。良くても壊れちゃいかんがなっていうね。

だから、今乗っているのも都合トヨタ車で使い勝手は当然いいのです。抜群。燃費と質感とかはもとより求めていないので、それ以外は全く問題なし。これがトヨタの強み、素晴らしい。

これ、世辞でも何でもなく、まーじで素晴らしいと思う。もっとも、今の時代、多少の違いはあれど社社も似たようなものですが、まあ、トヨタは抜け目ないなっていう感じです。

レクサスが外国で老人車なんて揶揄されるわけですが、まあわからんでもない部分はある。ボタンは多過ぎだし、以外とUIが駄目。他のメーカーも似てるけれど、トヨタってボタン配置がバラバラなのだ。車種ごとってのもあるけれど、もったいないなって思う。

こういうとこは素直にベタですがヨーロッパ系の車を見習った方がいい。それもスタンダードになっているからいいというのはあるかもしれないけれど。

アルファードなどは中国受けするので、その辺りは仕方ないんだろうなと思う。

昔から一貫していっているけれど、だれか近くない人には勧めることが出来る車、困らない、問題が特にない、そういうのがトヨタ車。超がつく無個性とちぐはぐなデザインは国内では受け入れられているみたい。ガラパゴスでもいいじゃんていう気概を感じる。

何度も書く。悪いんじゃないのよ。私は早くお金に余裕が出来たらさっさと乗り換えたいところです。いい車なのに矛盾してるなあ、我ながら。

いや、本当にキツい戦いになると思っています。

BMWは言わずと知れたドイツが誇る走りを前面に出した高級自動車メーカーです。
新シリーズはインテリアが結構変わりました。順番からいえば新たな8シリーズからになり、現行では3シリーズやZ4と同じようなデザイン操作系に一新されたModelになります。新しいところで1シリーズを例に見てみます。



いろいろキツい部分があってですな

結構新しいシリーズになってからは変わっています。例えば細かいところでいうと、シフトノブですが、X1あたりから変化してました。パーキングポジションがシフトノブの手前側についています。

これ、新しい全シリーズ共通で、もっというとインテリアデザインは8シリーズ含めてほぼ同じ。ゴージャス具合とか装備が多少違うだけの印象。そういう意味で1シリーズはいいかもというのはある。

ただ、猛烈に使いにくい。人間工学とかいっているけれど、押しにくいよこれは。それ以外はオートでホールドしてくれる機能があります。緑色で光るボタンがシフトの右下にあるんですが、これがONだとアクセルオンしないと動かない。ギリギリのギリギリまで微調整して動かしたいときに、これが効いているととっても怖いです。そういうときはOFFにすべし。


M135i以外の価格を確認してみよう。

・118i 334万円   税込み 367万4千円
・118i Play 375万円   税込み 412万5千円
・118M Sports 413万円      税込み 454万3千円


となりますね、で売れ筋は結局M Sportsだと思います。そうすると、なんだかんだいろいろあって500万くらいになるわけですよ。込み込みではない価格ベースですが、E87型である先々代ですと300万以下すたーとでしたからね、てんこ盛りでつくものが全てついているという考え方でしょうけれど、絶対的価格は効いてきます。高い。高級車だってのはおいておいて、高いのは高い。


巨大なZ4と全長は同じなのよね1なのに

デカいんですよ。コンパクトハッチなのにって思います。今のご時世巨大化の波が押し寄せすぎて流されまくってますね。全くコンパクトでなくなりました。一応は3のコンパクト( t i )の後継として1が出てきてますから。

これは趣味性というか好みによるので、一によって違うでしょうが私は今一歩かなと。おしゃれ度数でいうとAクラスの方が上です。ただ、インテリアはやり過ぎ間があってベンツは嫌いなので、BMWの方が好み。悪いとかそうではなくて好き嫌いです。

エクステリアは新シリーズのキドニーグリルの路線は嫌いです、デカすぎ。7シリーズのマイナーチェンジしたのもそうですし3シリーズも同様です。デカい。縦にデカい。中国市場も無視できないので意識したのかなあとは思いますが、ちょっとなと。あと、大事なことでもう一つ。

ナンバープレートのベースがグリル下部を隠します。だめでしょうこれ。いただけないです。

リア周りはしゃれててかっこいいじゃないって思ったのですが、レクサスにも似ているって誰かが言ってたのを聞いて複雑な気分です。レクサスはデザインもメーカー自体も嫌いなので。まあ、でも悪くない。フロントマスクの獰猛さに比べるとアンバランスですが、リアはきれいに感じました。

インテリアは上にも書いたように3シリーズなどとほぼ同じなので、そういう車種ヒエラルキーを無視した上位の機能を盛り込んでいる感覚はうれしいかも。そして、乗ったときの硬質感、ダイナミックな寒色などはBMWそのもです。これはベンツにはないし感じることができない部分です。

大きく好みが出る部分でメーカーの特色が現れますから、これは人それぞれなんでしょうねえ。トヨタ上級のレクサスではあり得ないし、ベンツもそうですが方向性が正反対といっていいので、比較すら無意味です。逆にAと1を比較して迷うって事は、普通はあり得ないですね。価格とブランドと大きさと見た目やさわった感じの好みで決めるような、ヴィトンとロレックスと云々みたいな人なら迷うのかもしれないですが。



その他、気になったのポイントはどこか

個人的にはリバースアシスト機能と剛性感というかがっちり感の増した部分です。ドアの開閉がいままでのシリーズと比べて全く違います。3シリーズも同じですが、ガッチガチのカッキカキです。ドアを開け閉めすれば瞬間、理解できると思います。これは気に入りました。

あと、リバースアシスト。どこで使うの?っていう人多いと思いますが、シチュエーションによってはいろいろ使えます。周囲に注意を払えばコンビニ駐車場から交代するときなどでも十分楽になります。これは結構いいなと思いました。その都度自動でバックされるわけでなく、前進してきたのをトレースして戻る事にあります。これがいい。


さて、いい車だけれどどう売れるか

Aクラスに比べると初速はイマイチの印象。3シリーズそうらしい。ここのところBMWはいいニュースがありません。新古車のようなものが大量に中古車に回っているなど、メーカーというか、販売卸であるBMW Japanが元凶のようです。結局ディーラーは販売店ですからね、キツい立場でしょう。とはいってもベンツも同様で中古市場は同じように流されているのでベンツがクリーンかといえばあそこも真っ黒です。

商品力でいうと、Aクラスがうまいなと思いますよ。ああ、これは売れるんだなって感じます。運転すると、運転間隔というか、個人的には出だしが全てですが、踏みはじめの動き方が本当に糞(失礼w)なのであり得ません。それでもそれ以外はいい車だなあって思います。嫌いとは違っていいか悪いかでいうと、いい車ですよ。いいのはBMWもですが、カジュアルな請求力は低いかなと思いました。

乗るといいし、最新技術満載ですし、いろんな部分が変わりました。購入ってなると層の限定化が前より強くなった気がします。

販売台数としてはまだわかりませんが、私としてはちょっと厳しいことになるんじゃないかなって思っています。売れて欲しいですがね。

因みに私はTESLAが欲しいです。


Model 3です、TESLAのModel 3。


パフォーマンスだったかはわかりませんが、レッドマルチコートでした。2019/10/23現在ですと251000円プラスですからね、一番高い色です。映えてましたよー。

30代後半ってところの奥様?が乗ってらっしゃいましたが、かっちょよかったです。
もう今日はそれだけ、かっこよかったと。

いいなぁ。

細かな洗車のことやら、マニアックの極致みたいなこととは違うんです。外側だってきれいに越したことはありませんが、肝は内側だと思っています。内装、インテリアの方です。


pose_shiboru_zoukin

上にも書きましたが、こうするべきとかおまえそれはわかっていないとかは無視します。私の考え方ですが、感性にもよりますが、明らかに不潔感が出ていなければまあOKだと判断しています。使っている以上多少の汚れは仕方ないですからね。ただ、放置している感じが出ているのは、私としては気持ち悪く感じます。

ピッカピカまでやるかどうかは、趣味の範疇になるんでおいときますが、外装はまあきれいに汚れていなければ基本的には大丈夫です。ぱっと見て「うっわー、きったねー」でねければいいです。全体的にうっすら水垢がついていてもいいけれど、水垢のたれた線がついているのはいやです。たまに洗ってやるか拭いてあげれば見えなくなるから、ぶっちゃけそれくらいでいいんです。自分の車に関しては。

問題は内装です、中古で買った時には匂いはある程度許容すべきですが、なるべくもちろんくさくならないようには心がけています。私としては芳香剤や香水も「臭い」範疇になるので、もしも何らかのそういうものを置くのであれば無香空間とかああいうのがいいかな。車には使っていませんが、ファブリーズのトウモロコシ由来のなんちゃらを買ったんですが、無香って書いてあるのに臭いです。あれは詐欺だってちょっと思ったり。

基本は掃除機で丁寧に砂とかを取り除くことと、普段から気になったら拭くことですな。これがベストです。埃は窓を開けているとかなり入るので、開ける使い方をするのなら、埃取りをこまめに使ってぞうきんなども併用して気になったらすぐに拭き取るのがいいです。昔と違ってマイクロファイバークロスが安く大量にありますから、ある程度用意しておいて置くといいと思うんですね。あれを固く絞って拭いてやるだけでいいですよ。

布部分も、樹脂部分も。ポイントは金属部分があればそこも拭いてあげてもいいってことです。窓もですね。窓ガラスに関しては付記筋書きになるので、窓拭きは別作業と考えて乾いたタオル併用の方がいいと思います。

話がそれましたが、このきれいに固く絞ったタオルで拭くというのは実はかなり防臭効果を期待できます。防臭じゃないか、取り除く方かな。付着しているものを拭き取ることになりますから、天井なども気が向いたら拭いてやるといいんですよ。

お試しあれ。

乗るときに気分がかわりますから、まず内側を重視って感じで普段は掃除しています。


簡単に報告のみです。


2019pc0066

とりあえず問題なく。写真で見るよりもかなり鮮明に明るく見えます。映り込みが気にならない確度でバックミラーとして使っているので、物理ミラーとして角度調整すると反射光が気になるかも知れません。

出品者はJP-JCDZさんというところのものを買いました。付属のmicroSDに不都合があったのですが、直ぐさま返金対応。いずれ細かく書きますが、こっちは別にいらなかったのですがそれも商品の一部という認識で素早かったです。たまたま不具合に当たってしまったけれど、対応良さは特筆ものでした。

本商品はGPS対応ですが、GPS対応ですが装置そのものは付属していないタイプです。それ以外ではバックカメラも問題ないですし、バッグギア連動の機能もバッチリです。

普段はミラーとして使用していますが、何ら問題ないですね。夜間はかなり明るく感じるので、まぶしければ表示を消せばいいです。再生してみましたがちゃんと前後同時に録画してくれていますし、これはよかったです。

ドライブレコーダーをつけたとTwitterでほざいていましたが、録画がうまく出来なくて問い合わせメールを投げて昨日は寝ました。逆に言うとそれ以外の機能は全て正常、気に入っているので直って欲しいなあと思っています。

で、今回はそうではなく、その電源を取り出すときに便利なもを使ったので。


2019p7ac0004

車さわる人には有名なようですが、私は知りませんでした。さわらないので(;´Д`)

ヒューズボックスのヒューズと交換することでそこから電気を引っ張ります。で出力はこのソケットタイプなので、いろいろ売っている汎用品をここでつなげて使えます。プロの電装屋さんなどはつかわないものの、DIYなら十分です。ねじ込んで隠せれば十分なわけです。

ちなみに写真はありませんが、70系ノアは運転席足下にあるヒューズボックスからが一番楽です。ACCなどもここにあります。電源ソケットそのものは三角窓下のパネルを外したところにそこそこ空間が表れるので、そこに隠しておけます。おすすめ。



前半は雨天キャンプ、一旦帰宅して翌日から実家へいっておりました。ハードです。

邪魔になった荷物を実家で預かってもらったり、捨ててもらうことになったので非常に車内が快適になりました。数十キログラムは軽量化になりました(笑)。

前半といいますか、帰省までの燃費は10km/lいっていませんでしたね。

帰り道、家を出て直ぐ給油しました。


2019-05-04_20h49_35

高い・・・・・・。

そのあとは渋滞も少なく思いのほか快適に移動できたのは幸いです。新名神高速道路延伸のおかげですね。15.4km/l位を表示してくれました。普段は絶対この数字出ませんからねノアでは。ほぼ80km/hで第一走行車線の巡航軍団と一緒に走行していたので燃費的には良かったですね。


右の車線を縫うように走っていた車も伊勢湾岸道などで再び見たりしたので、左で悠々走る方がトータルコストパフォーマンスは段違いに高そうです。素晴らしい。

しかし、ガソリン高かったなあ。PAで充電していたリーフがかっこよかったです。もっとインフラが増えてくれると嬉しいですね。

 1月の終わり辺りにバイクで走りに行きまして、それこそ私にとってh超高額パーツを買って1回目の走行だったりしておったわけですが、かねてから考えていた事なので1月をもってスパッとサーキット走行に関わる事全てを終了しました。

理由っていうとなんですかね、いろいろありますが1番は人ですか。人がやっぱり苦手です、レース活動は頑張って1年間フル出場してみましたが、それでもやはり我慢して我慢して人ガキになって苦しかったですね。なるべく表情に出さないようにしましたが、それでもたくさん人がいるところは気持ち悪くなってしまいました。

その他にもいろいろありますが、まあお金が次ですか。本機の人たちは私なんぞ日にならないくらいのお金と時間を費やしています。それが趣味なんですが、私はやはり厳しい。そうこうしているうちに、楽しめてないことに気がつきました。これって一番いけないことです。よって、家族と相談もしましたが、徐々にとかたまに行くとかではなく、スパッと止めるという選択をしました。

件のパーツも正直なところ中級グレードのゲーミングパソコンが買えるくらいの価格ですし、その他にも実はタイヤなんぞ用意してありましたが、そこはスパッといってもらった方が良いと、それこそズバッと言ってもらいまして、ある意味気持ちよくバッサリ止めました。

原付二種というカテゴリーなので、保安部品をつけてナンバー申請すれば公道走行もまた出来ますから、それくらいなら暖かくなったら遊びでやろうかなと思います。工具類は一部特殊なものもありますがほぼ全てが何かに使えますし、ラダーくらいが困るかも知れませんが他は大抵捨てたりする必要もなく何かに転用可能です。ま、使わなくともいざというときに使えるものが多いっていう感じですね。

そんなこんなでタイトルのノアですが、トランポとして買ったんじゃねーのかよ的な話。で、結論としてはつぶしがきくように敢えてノアを購入しておりました故、問題なしです。

セカンドシートの補助席を取り払っただけであとはコンパネ敷きの仕様です。フックなどもシートアンカーを利用していましたし問題ありません。因みにコンパネも分割させてあえて使っていましたので、実はこういうときも想定して邪魔にならないように考えてありました。

補助席をつけてコンパネの位置を調整すれば5人乗り+荷室状態が直ぐに復帰できます。当分はラダーやら他の工具たちの荷物は家におけないのでしばらく荷物置き場として運用します。1台持ちであるゆえに考えた車種選定のキモがこのやめたあとにも難なく使えるという部分です。

走っていて面白さのかけらもない車ですが、道具としては今のところ文句なしですね。
ということで、そのうち時間があるときにシートをくっつけようかなあと思ってる感じです。

 というわけで、行ってきました。1年前ですが、年末なので今のうちに済ませました。

 購入はというか車検を12月中頃に取得して中古を買っています。その時の走行距離は76500kmです。今日の1年点検の段階では82970kmなので約6,500kmってところです。・・・・・・、あんまり走ってねーな。

 以前い比べてベラボーマンなみに走行距離は増えましたが、それでもこれくらいなんですねえ。もっといっているかと思ったんですが、よく言われる年間一万キロっていうあの謎の基準が結構走っているもんなんだなあとあらためて思い知らされました。んあ、でも今までですと4,000kmちょっとってところなので、そういう意味ではベラボーマンなみに走行距離が増えているかも知れませんね(しつこい)。

 えっと、知り合いにメカニックが何人かいますので12ヶ月点検とかはどういうことやっているかよく知っています。まあなんていいますか、あんな感じなのですよね。ゴニョゴニョ。ただ、その辺は自分も理解していますので、それに加えてオイル交換とガスケット、その辺りを一応見てもらっとくかということでディーラーにちゃんと出しました。

 パーキングブレーキとかも見てくれますから、ここは私はわからんしね。

 今回の一番の目的は、まあいろいろあったのですが、その中でCVTのコクっていう衝撃の緩和でした。発進時とごく希に停止時。トルクが抜けてから再度トルクが入り直しの時にショックが来る。これが結構嫌でした。希に大きなショックなので気になっていたんだよねえ。原理は知りませんが、なんとなく間隔でこうなってるんだろうかなあとは思っていて、調べたらおおよそそんな感じでした。

 結局は制御で、燃費というかカタログ燃費のための手段だったんだろうなあというのが正直なところです。私はユーザーですが基本的にアンチトヨタなのはこの稚拙ブログを書き始めからずっと書いてます。今でも同じです。まあ、理由如何で乗ってますが、そういうことです。

 いろいろ調べると、似た症状を書いてる人がわんさか出てきて、プログラムの書き換えでOKらしいと。で、それもお願いしました。あくまでも細かいことはこちらからいわずに症状を説明してです。すると、素人にもわかるような説明の仕方で書き換えで直るとのこと、やってもらいました。

 帰宅してからあ試走してみたところ、すごいもんですな、体感で全く安心できる挙動に変わってました。すぐにトルクがかかっている状態で、抜けがかなりなくなっている感じですか。なので、燃費が少し低下するという理屈はわかる気がします。まあ、誤差程度ですよ、あんなデブミニバンですから。でも、気にする必要がなくなったのは精神衛生上とても良くなりました。

 何故か値引きもあって、さすがこの四半期決算で過去最高益たたき出してくるだけあるわと、ちょっと思います。顧客をなんとか放さないような施策ですな。うまいわ。

 車自体は気に入ってますよ、つまらないですが、実用としてはかなり良い道具だと感じています。もっと良い車はあるのでしょうが、お金となど現実的な課題が圧現状ではベストに近かったんじゃないかなと、あらためて思うしだいであります。



↑このページのトップヘ