カテゴリ:バイク関係 > アドレス125

4回目となれば極めてうまく効率よく給油出来るようになります。給油に何が高率だといいますが、いいえ、所作に無駄がなくなってくるのです。


2019-02-05_23h15_48

走行距離は162.7km
給油量は3.84L
燃費は42.4km/L

おー。街乗り通勤オンリーで初めて40越えた。まじっすか。へー、これは驚いたな。すごいわこれ。いいわこれ、つうきんがさいこうだわこれ。

3回目の給油。


2019pc0001

走行距離は173.9km
給油量は4.83L
燃費は36km/L

ギュインギュインは知っていないので前よりちょっといいか。道は前回と同じなので、あの劣悪な道順でこれならいいね。ちなみに1Lで130円でした。

もう、本当に通勤にしか使わないな。

2018pc0171

2018pc0170


 150.1km走行して4.45Lなので33.73km/Lでした。

条件としては劣悪で、走行時間にして15分程度の一時停止が多くて右左折回数もかなりあります。起伏もかなり激しい復路です。61kgの体重にてんこ盛りに着込み、シート下には雨合羽にU字ロックをいれ、リアボックスには味噌汁装備の大型弁当箱や緊急用工具が入れてあるリュックサックをねじ込んであります。割と重いんですわ。ヘルメットも地味に1.8kgもありますからねえ。

それで33.73なら、んー、まあ許容範囲かな。因みに入れるタイミングは赤い部分の真ん中くらい。これでも1.5Lは残っているのでEのところまでいってもある程度は走れそうです。

 ドキドキでした。


2018pc0164

 前回給油時は9.3kmでありましたので、今回は走行距離149.4kmでの給油となりました。トリップメーターがあれば楽でしたが、そんな手間でもないのでなんとかなりそうな気もします。

 燃料計の赤いところにさしかかった辺り、そこで念の為に癖も残量も把握できていませんので給油です。給油量は3.97Lでしたので、燃料消費率は37.63km/Lでした。前回もせず起伏の多い道を走っていたので余り期待していませんでしたが、十分です。満足。次は赤いゾーンの半分くらいでの残量チェックをしたいですな。

 走行状況はstop & goの連続に加え起伏満載短距離コースという劣悪な環境。それでこれだけ出れば十分でしょう。ビックリするほど静かなので、こちらも快適。

 雨天時ですが、スリップしそうな感じはビンビン伝わります。猛烈に硬いタイヤは不安感がでます。個人的にはもう少しフロントサスペンションが気持ち柔らかくっても良さそうな気もします。あ、底突きするかもねえ。

 通勤快適です。それ以外の言葉が思い浮かばないほどに、快適に通勤できています。例のほら、ハンドルカバー(ハンドルカバー最高)ですが、全く寒くない,冷たくない。これほどまでに快適に変わるとは思いませんでした。

 1週間ほど経ちましたが、通勤だけに使用しています。そこで気がついたことと、取扱説明書を読んでへーっと知らなかったことなどを書いておきます。現時点での報告と思って頂ければ幸いです。

・イグニッションONでライトが点灯する
・ブレーキをかけないとエンジンがかからない
・スターターボタンは一度ポチッと押すだけでエンジン始動までセルを回してくれる
・バッテリー性能が低下してきた場合はエンジン警告灯が早い3回点滅をする、らしい
・トリップはいいので、時計が欲しかった
・レッドゾーンに燃料計の指針がさしかかったらおおよそ残り1L
・バッテリーを使わずかけたいときのキックが標準装備
・スズキ指定の慣らしは1000kmでハーフスロットル
・ハーフスロットルで十二分に通勤路では速く走行可能
・とにかく静か、めちゃくちゃ静か
・とにかく入らないトランクスペース、フラットシート仕様でもちょっとしか変わらない
・ヘルメットホルダーはヘルメットを選ぶのでD環じゃないと駄目だし、ZENITH YJ-19はちょっと無理
・フロントフック(コンビニフック)は恐ろしいほどの便利さ
・実はグリップが安っぽくなくてしっかりグリップする
・チェンシン製タイヤはやっぱり堅すぎるがかなりもちそうな気配は既にある
・純正のチェンシン製タイヤはグリップしないので公道では節度ある運転が必要
・やっぱり時計が欲しい
・1,000円アップでも良かったので100均クラスの時計つけて欲しかった

ですな。

 普段はハンドルカバーをいちいち面倒くさのですが帰宅時に取り外しています。雨ざらしなので中が濡れるのはなるべく避けたいので。それでも面倒っていうほどでもなく、数分程度で両方完了擦るくらい簡単ですから、もっと慣れれば1分程度で出来そうな気がします。結ぶ時間が一番かかるかな。夏用のグローブでも全く冷たくないので、超お勧めの商品でした。

 一つだけ、コツですが、手を入れるときに斜め上か下に思い切って手を入れないと引っかかる感じがしてイマイチだと思います。ズバッと差し込んでっていうのが正解ですね。慣れてきたので不便とは思わなくなりました。

こだわらなければ、安いので機能としては十二分ですよ。


↑このページのトップヘ