カテゴリ:車関係 > 70ノアSi

これです、100円ちょっとなので買いました。

DSC_0281-432x768

二個入りでした。おおよかったと。で、帰宅後すぐに暗闇の中ハンドライト片手に付け替えに行ったんです。隣の車もいますからドアを全開にもできません。半分くらい開けて作業していました。

これがイケなかった。

挿したものを外し(ここまではいい)、さて付けようと。とても小さいし、見えにくいし、何より体がきつい。何度かやっててええーい、と。

カランカラン……。

あっという間に足元右パネルの裏に落ちました。まあね、ステップ部分を外せば直ぐなんですが、場所と時間を考えたら今日はやめておけということだと、ええ、そう判断しました。最初のをまた付けておき、次回にします。

あー、面倒だな。焦るとよくないです。皆様もお気をつけください。

一昨日の夜、ご飯を食べたあと大きなクシャミをしたら、変な音がして脇腹がかなり痛いところです。
さて、コンパネを敷きました。

2017pc0290

良くあるホームセンターで指定した大きさにカットしてもらいました。

指定といってもざっくりメジャーで測っていっただけ、理想の寸法には置いてあった丁度良い板は見当たりませんでした。いろんな材質、厚み、価格の板があったのですが、価格重視で『コンパネ』と書かれた板を選択。お店の人に買い方を聞いて指示通りカットしてもらいました。

上部から見ると凸の形になるようになっていますが、3分割です。ノアの最後部床部分(リアハッチを開けた直ぐの部分には床下に収納スペースがあります)を開閉可能にするために、蓋よりも少し大きなパーツとその他のパーツに分割してあります。少し立て方面へ長くしている理由は、蓋への重量を分散させるためです。また、セカンドシートの間には正方形の板を敷いています。正方形部分はもう少し縦に長くしても良かったかなと今は思っています、なぜならバイクを載せるときはセカンドシートをたたむからですね。

その写真を撮っていなかったので、またいつか機会があれば撮影しておきます。忘れそうですが。凝ったトランポの人もいますが、これにビニールシートを折り込んで使っていまして支障もなく使えています。2000円弱で完了ですから文句ないです。




 そのまんまです。結局は交換で直ぐ直りました。


2017pc0320
今のヒューズってみんなこんなに小さいのですかねえ、買う段階で小型のものがあって「あれ?」なんて思いまして、良っ考えたら引っこ抜いたとき小さかった気がしましてね、調べたら平型ミニヒューズでした。

右が購入してきたもの、二つで300円弱。ホームセンターで買ったので少し割高か。まあいい。

で、引っこ抜いたのを確認したら足が短いの。見ての通りに全く違う。なんでこれで刺さるの?って思ったら・・・・・・、


2017pc0321
枠の形状が違うって落ちでした。なんやこれ。おかげで挿してもおもいきり出っ張って蓋は閉まりません。困らないけれど。せっかくなのでもう少し足を短く切断して挿しておきました。それでも蓋は閉まりませんけれど。

実用上でヒューズの機能がなくなるわけではありませんので、予備のこいつは何かの時にこのまま取り付けようと思います。

もちろん、結果はちゃんと通電しました。ヒューズ、切れてましたから。簡単な修理で良かったです。これでシガライターソケットは無事使えることになりました。

ああ、あの小型USB給電の早まって捨てるんじゃなかったなあ( ;∀;)。

買うならこういう低背平型ミニヒューズってのにすべきでしたね。

ありますか?ない方が多いと思いますが、とりあえず『ある』の方向で。

パーツクリーナーって安いと200円位でホームセンターに売っています。汎用性が高いので1本あると便利です。

2017pc0317
購入したノアに付属していた鍵はこうして汚い状態。機能に問題ないのですがちょっと掃除した程度ではピンク色の部分が全くきれいにはなりません。ちなみに、付属は1つだけだったのでもう1つは新品をトヨタが用意してくれました。


2017pc0318
これは裏面。カバーなのかなんなのか、ネチャネチャしてはいませんが、とにかく汚いです。洗剤程度では汚れが取れないくらいでした。



2017pc0288
で、パーツクリーナーです。ゴム製品なんかは思いっきり変色しますから、いろいろ試してから本番にチャレンジしてください。使えるところにはめちゃくちゃ有能です。これこの通り。


2017pc0319
側面や溝の部分もしっかりやりました。マイクロファイバーとの合わせ技や割り箸や爪楊枝を併用すると細かい部分もきれいにいけます。

普通に掃除する時間を考えたら驚くほど短時間。以外に楽しいですし、他に使える場所は色々ありますから、ない人は買っておくといいかなと思います。私は常備1本、そろそろ何本か買っておくかと考えているところです。

ホームセンターのプライベートブランドのものを普段買っているのですが、安くて多ければそんなに気にする必要はないでしょう。


 覚えていますでしょうか?一般的な人に比べればかなり少ないのですが、予定が詰まっている状態はそれを達成することで充足感があってスカッとするものの、それまでに、いや、早めにこなしておきたいというストレスがもの凄く感じてしまうようです、私。


2017pc0301
今日の写真ではなく、いつかの夕方。

車は滅多に乗りません。仕事では嫌というほど運転していますが、休みには余り乗ることはありません。今乗っている車はオートエアコンがついて、外気温とかも出ちゃって、航続可能距離や瞬間・平均燃費も表示されます。未来です。未来に生きている気がします。


タイヤサイズが大きいのでそれに付随した設置感や足の重さやしっかり感などは、わかりきっているので割愛します。運転してみた感想は、そう、実際に自分のものとして乗った感想ですが、The TOYOTAでした。予想を寸分違わず裏切らないくらいにトヨタです。

ふわついた足回り、ふんにゃりブレーキ、静かだが盛り上がりも何も無いエンジン、極めて高いコンプレッサー性能、手の届くところに欲しい機能が必ずある使い勝手のいい収納、ということで道具としては100点ですね。その道具を使いこなす運転を考えれば、そういう楽しさもあります。そうでもしないと楽しみはないですが。

車の運動性としての魅力はないです、皆無。いい車か?と聞かれれば、使い勝手のいい車ですと答えます。上記の通りですから、気に入って買いました。独具としての使い勝手を考えましたから、用途をね。だから、この面白みのない運転した感じの中で見いだされる面白い部分を探しながら運転しています。そうすると、矛盾するけれど、面白みは出てくる。

それはこれからちょっとずつ探しながらですね、長いこと載るつもりですから。頑張ってもらわないと。


諸元等を載せたりしたいところですが、またいつか(多分しない)。

補助席を外したので記録を残しておきます。

まず、前にも書きましたがノアを購入した理由はミニバイクを載せるからです。トランポとして購入したのですが、極めて少ない回数にはなりますが4人乗車でバイクをかろうじて積めることで乗用車が条件でした。スライド量や大きなシートを外しても家に置く場所がないなどの理由から、補助席タイプの8人乗りしかない前期型を購入しました。

早速二列目真ん中にある折りたたみ可能なシート(以下、補助席)を外していきます。


2017pc0291
折りたたんだ状態にして、カバーを外します。



2017pc0293
見えるボルトを3つ外すと簡単に取れます。12ミリです。



2017pc0294
上に外してやるだけで簡単です。



2017pc0296
シートベルトの受け側根本のカバーを外します。ここは押しピン。



2017pc0295
後方にはプラスネジ。



2017pc0297
左の穴と、右の暗くて見えにくい穴が該当します。



2017pc0298
ベース部分の上側の蓋を外します。4箇所の爪。強引にやったら一本折れました。私のように冬場に中古車なんかだと折れやすくなります。機構的に支障はありません。折りたたむ機構のワイヤーが引っ掛けてあるので外します。これは、バイクなどのワイヤーと同じように太鼓が引っかかっているタイプです。

下側のカバーと土台の金属フレームをボルトで外せば、これまた簡単に外れます。外したワイヤーは適当に隠しておけばいいと思います。





2017pc0299
一箇所穴が見えますが、全く目立ちませんし問題なし。ワイヤーはシート内部にねじ込みましたので見えません。


この状態で、4人乗車プラス4st125ccはしっかり乗りました。リアはリアスタンド、前に突っ込まないようにハンドルをそれぞれ斜め後ろ上方に引っ張って完璧でした。

基本的にはセカンドシートは両方折りたたみ使用しますと、かなりの広さが使えることになりました。ということで、補助席のみの取り外しで無事トランポ機能を得ることができました!なにより。

車検時には乗車定員の問題があるので再度付けることになりますが、補助席なら簡単に取り付け出来ます。すぐに取り外すので、一見ついている状態にするのも簡単です。こういうのは、一軒家でない私にとって需要ですね。

納車されたのは22日でした、12月の。年末で忙しいときに買ってしまったものだから、向こうも大変だったかも知れませんね。

 2017pc0300

色は汚れの目立たないシルバーメタリックなので、汚れさえ取っておけばなんとなくキレイに見えます。細かいことが気になる性格だと自分では思っているので、気にしなくていい方法を選択しました。その代わりに、社内はキレイですしニオイも全くありません。

使用感は年式と距離で少々は受け入れて買っているわけですので、細かすぎることをあーだこーだと考えなくていいのは中古車の大きなメリットだと思います。新車だと少しのことで「あー!」とかなってしまいますからね、私にはいいですよ。

まだ街乗りは余りしていませんで、郊外に行ったり実家に行ったりでした。雰囲気からは街乗り燃費は7~8km/L、いって9km/Lってところかなと。高速主体だと、たとえば帰省して帰ってきた今の段階だと平均燃費は15.6km/Lくらいを表示しています。

私は余りに遅い車は追い越しますが、基本的には80~90km/hで第一走行車線を走ります。コンビニ配送や運送会社のトラックを見つけたらペースメーカーにして巡航です。何十年も走っていての体感データとしては、飛ばしても飛ばさなくても到着時刻は余り変化はありません。もちろんあるにはありますが、燃費とリスクとストレスを考えると『利益』がかなり低くなってしまいます。

写真のようにヘッドライトだけ少し何かで磨いてやってシリコンオイルを染みこませて外側の曇りはだいたいとりました。人生初のフォグランプは内側が曇っていましたが、点灯してみたところ問題なかったのでこのままで。

ただ、フォグランプをつけるのはこの辺だと伊吹山での濃霧とか、長野岐阜山間部での濃霧くらいでしかなさそうですね。真っ暗闇の山道では補助灯としてつけるかも知れませんが、そういうシチュエーションはたぶん私の場合はなさそうです。

というわけで、最初の報告はこれにて。

 一応ですね、ワクワクはしているものの高揚感とまで言い切れるほどの気持ちではない、それでもちょっぴり嬉しいという微妙な納車待ちを日々過ごしています。

で、スタッドレスタイヤですがもう中古でいいやと、ヤフオクなんかで考えているのです。劣化や経過時間による弊害は熟知していますので、そういう買い方であります。

気温がグッと冷えてきましたので、今日は仕事帰りにワークマンによって防寒インナーを買ってきました。上下です。あったかポカポカではないですが、動きやすくて少しは良さそうですよ。ヒートテックみたいな感じ。ヒートテックをほぼ買ったことないですけれどもね。


新車を購入したことが数度ありますが、その時ですらこういう物はなかったです。タイミングかも知れませんが、私はそうでした。もらえたからここはいいとは偏屈な私は思いませんが、嬉しいには違いないので大多数の人は比較すると他者より良いなどという評価になっていくのだろうなと感じます。

2017pc0279

いや、ありがたいでしょ。これは。有ることが難しいくらいっていう有り難しな醤油セット。これと別に、スーパーなどで安売りをしている『鍋つゆのもと』も二つもらいました。

いろいろ試して比較したいところですが、やはり生ものといってもいいわけでして、鮮度を保つ工夫がいくらしているとはいっても全部開封とはまいりますまい。貧乏長屋(長屋ではないけれど)で空きスペースも限られているし、消費ペースだってさすがに考えると無理です。

厳選して鰹節とかかれている右端のものを開封しました。いわゆるだし醤油で、卵かけご飯にピッタリとのこと。試すとなるほど柔らかい口触りですな。

しばらくは醤油だけでいろいろ試せそうです。

 自動車屋さん側が『最低限の説明で、ミスの発生を最低限に抑えるための説明』をしてくれているので、こちらも最低限の『やること』だけで済みます。

具体的にはサインと捺印。例外で住所なども書く場合もほんの少しありましたが、殆どはいりません。本来は書かなくてはならないものも、間違えたりして二度手間三度手間を省くためのテクニックなんでしょうね。

私の場合は今乗っている車を下取りに出し、中古車に乗り換えます。必要な物は以下の通りでした。

実印がいるもの4通
・過誤納付金(還付金)の還付請求権譲渡通知書
・委任状 2通
・譲渡証明書

その他は認め印
・委任状
・自動車損害賠償責任保険承認請求書
・注文書(販売所控え、客側控え)
・自動車保管場所証明申請書
・保管場所使用承諾証明書
・地図
・承諾書
・印鑑登録証明書 2通

なんていうかですね、21世紀に入りましたが未だに紙ですし、役所にいくと本当に日本は駄目だなといろいろ思う今日この頃です。

↑このページのトップヘ