紆余曲折ありまして挫折した日本語化ですが、有名どころのサイトは全て見ました。頭の先からつま先までやってみましたが、デフォルト解像度では出来るもののVideoタブから解像度を変更しようとクリックした瞬間にクラッシュします。一度クラッシュするとそれ以降は元に戻しても駄目でした。最終的にはアンインストール→インストールでヴァニラ(標準の状態)が復活。何回も繰り返してもう嫌になったので、やや何回なのですが英語でやりきることにしました。気が変わらなければこのままいきます。


で、むしゃくしゃしたので大型MODを導入しました。


Morrowind Overhaul - Sounds And Graphics」です。みてもらえれば一目瞭然の、超大規模の統合MODとなります。因みにリンク先はnexusmodsのMorrowindのサイトです。超有名どころです。MOSGだと思っていたら、略称はMGSOなんですね、なぜなんでしょうかね。


結果を書きますが、ハイスペックマシンなら良いものの、私の様なゲーム用パソコンでない場合は標準状態でもカクカクです。ですから、configのところで(大丈夫!あとから変えられます)低いスペックのところに全部指定して起動し直すと、ヴァニラと比べれば猛烈にキレイにもかかわらず、サクサク動くようになりました。スクリーンショットの作法は上手くわからなかったので、とりあえず一枚添付します。

2017pc00009

機会があればまた撮りますが、スクリーンショットボタンを押すとWindows状態になったので変な画像になります。ATOKのバーが写っていますね。あとは、steamには標準でWin+Gでスクリーンショットを撮れますが、私の101英語キーボードには該当キーが存在しないため不可能です。

さて、画面はMGSOの最低ラインを当てている状態です。上記にもありますがサクサク動きます。私のPCはハイスペックではないのですが、このくらいでは難なくいけました。因みにスペックはCore i3 4130、RAMは8GB、VideoカードはGT520(二画面用のロープロ低スペック)です。

壁など基本的に見える全てのテクスチャー、あまりに歪だったNPCの頭部、Inventoryないのグラフィック、SE、詠唱のエフェクトなど別物になりました。一昔前なら導入には不具合などが多かったため難易度が高く躊躇していましたが、現状の最新版は以前あった不具合(DLCの「Bloodmoon」と「Tribunal」)は解消されています。

先ほどものべているゲーム内のグラフィック効果(負荷)の設定をする以外は基本的にAutoでインストーラーが全てやってくれます。".bsa"や".esp"などのMODのロード順序も自動で並べ替えを行ってくれるので真よく事もなかったです。

インストール中は左に進捗状況が表示されていて、右側が現在のタスクを教えてくれます。現状で問題ある場合は赤表示になりますが、クリックしていくだけで解決するようになっているようでした。バックアップを途中で取らなくてはいけませんが、そこが一番時間がかかりました。それ以外は基本的に早かったです。また一部でインストール先を指定しなくてはいけませんが、Morrowind.exeと同じディレクトリにすればOKでした。

私はこれに加え、足が速くなるMODと自然回復のMOD、それに採集の簡略化MODの三つを追加で入れています。これらはMGSOを衝突しませんでしたので一安心です。

なお、この一連の作業に関して別の問題も発生しましたが、それについては次回にします。Morrowindには何も問題は発生しませんので、よかったです。リンクは張っておきましたが、圧倒的にSteamで買う方が良いと思いますよ。





人気ブログランキングへ