カテゴリ:写真 > D80(Oct13 2009~)

 最近寝てしまう、パソコンを起動するまもなく、ぐっすりお子と就寝。もちろん健康にはその方がいいけれど、やりたいこともできず終いで、小学生並みの規則正しい生活を送っている。

 それはさておき、よく個人的見解とかあくまでも主観とか言いますが、個人のHPやBlogだったら、それは前提なのに言葉尻やちょっとしたcarelessをまってましたとコメントする人も多いとか。だから、これも好みだという前置きをつけておきますん。

 ミツカンは好きだけれど、ミツカンの納豆は、いや、たれの味付けはマズい。

A949
D80 35mmF2D

 これを買ったのは安かったからで、もっというと、三角の溝にあるゼリー状の手を汚さないだとかいうタレのモデルを避けたがゆえにだったりする。なので、写真の納豆君に変わって言えば、「あいつよりマシ」である。

 偶然アレが出回り始めたときにニュースで見たけれど、手が汚れるから何とかしろというクレーム?まがいの電話がきっかけだそうだ。世の中いろいろいるってことだろう。いったもん勝ちってことか。その人にとっては一大事なんだろう。その人の周りにもおおいかもしれない、類は友を呼ぶから。

 アイデアや革新的ともいえるこいつだkじぇれど、いかんせんマズい。混ざりにくい上にうまみが詰まっていない。凝縮しているのはタレ本体だけだ。これをマズいと思っている人は思いの外多く、専用のスレがあるほどだ。

 ミツカンをねらい打ちに食べてみたけれど、安かろうマズかろうが多く。むしろ苦手な一葉に納豆の風味そのものが希薄なことがわかった。ただ、これ、納豆を食べたいので、低所得層の僕なんか、やっぱり安い納豆を選ぶわけで、ミツカンさんこの価格のまま美味方向へのシフトをお願いします。

 売れる場所はやはり都会(数)ですし、潔癖志向も割合でいえば多いし、ゴニョゴニョもおおいので、それは大変だのだろうなぁ。。。メーカーって。。。

久しぶりに書いたのに、こんな愚痴でごめんください。

歯磨きをするとき、洗面所に行くわけだけれども、
そこに行くきっかけは洗いに行くのではなくて、フクロウさんに会いに行く!だったりする。

A938
D80 35mmF2D

これが楽しみなんだから、見てる僕らも楽しみだったりして。
いいなぁ。

久しぶりにカシャッとやってみました。

 例のサンタクロースと写真を撮ろうin Kanazawaで、僕のカメラとか一式送ったんですね。
それで、お正月に持ってきてくれたのですが、充電器が無くってずっととれませんでした。今日妹が送ってくれて、久しぶりにさわりました。

 さすがF2.0。ISO800なら結構なスピードで切れます。お子もイイ感じ!

A937
D80   35mmF2D

手を引いて歩いてくれる、ちいちゃなモデルさん。

今日は、せっかくだから撮ったのを数枚。
結局、この日はこの四季桜公園で御飯を食べて、家族で遊んで、そんでもって、帰っただけなんですよね。

A891
四季桜公園とは名が付くのだけれど、四季桜自体もそんなに多くはない。いや、むしろぽつんと。楓・椛もほんの少ししかない。それでも、感動的に美しい!



A892_2
そんな向こうに、ちょっと見える。



A893
せっかくだから、ポートレートをば!


なかなかね、うまいことはね、いかんもんです。
それでもね、楽しんだもの勝ちです。

  19日休みを取ってあったので、小原四季桜を観に行ったのだけれど、香嵐渓とのタイアップもしていることも合ってか、平日なのにもかかわらず気が狂うほどの渋滞だった。そのイライラ度合いはおいておいて、とりあえず到着の程・・・。通じて写真を沢山撮ったわけじゃないけれど、何回かに分けてお届けしたいと。はい。

A887_2
紅葉と桜 四季桜祭りが行われている会場駐車場で。


A888
駐車場の奥がこのような感じ。賑わうも到着時間が遅かったのもあって、食べ物の類はほぼ完売状態だった。僕らは喧噪が苦手、四季桜公園で御飯食べようと言うことになり、コンビニによっててくてく歩いた。


A889
四季桜公園は空いていた。ちょっと妙な団体さんもいたけれど、離れていたからOK。青空は透き通るようで、風邪があったけれど、桜が映えていた。

  1枚目と3枚目は拡大。横幅800です。
  今回の四季桜の系統は全てPLフィルター着用。 

  僕らから、お子本人と、双方の両親に同じものを作ってプレゼント。
これは10月5日の誕生日プレゼント。

A886

  写真は一部CX-2でほぼD80。一ヶ月毎の写真をチョイスして、それぞれが芋虫くんの胴体になっている。
だんだんと芋虫が成長するように、お子も成長していき・・・。

そして1才の誕生日と同時に、芋虫くんは蝶になって羽ばたく!

額縁もまったく同じものが3っつある。毎年中身だけ10才まではやってみようと、今のところは計画している。ちなみにサイズは四つ切り。だから結構大きいんですよ^^

僕の母から送ってもらったやつは、まだ撮影していないので、今年中には紹介できたらいいなと思っている。

いやぁ、なにげに掃除してみた。
そんでもって、写真を撮ってあげたよ、CX-2のマクロモードで。

A870
手ぶれしてるけど、まぁいいか。最近つけているのはもっぱらこのレンズ。だって軽いんだ。
ロックしてなくても動かないけど、念のため。

A871
さすがに何年も使っていると、いちいち確認しなくても、無意識に操作している。しいていえば、写っている上のbutton(測光モード変更)は滅多に使わない。やや困惑したマルチパターン測光(多分割)もだんだん慣れてきたから。

A872
このカメラボディーは、どんな暗闇でも写すことができる。ISO102400なんていうお化けが出てきても写らない暗闇を、このカメラはボディーの機能でそれを写し取る!すごいやんか!

A873
デモ暗闇だと見えないので、これがありがたい。ファインダー内でもいいか、でもこれ見るのが癖かな。暗いところでは、背面液晶での確認はせっかく慣れた目が一時的にリセットされるし。最新のは輝度も調整されるのかな?


A875
見慣れたせいか、しっくりくる組み合わせ。新しく買うなら、NewFM2に使えないし、絞り環の省かれたGタイプはイラネ。


A874
そんなD80くん、元気に稼働中!バッテリーの保ちがよすぎて、滅多に充電しないな。頑張れD80!これからもよろしく!

せっかくなので動画もホイなのだ。

まずは、竜宮城な雰囲気抜群な、海外から見たら日本が誤解されそうな勢いの船。

そしてお次は、鳥の群れが写ってるやつだったよ。

というわけで、動いていると、また感じも違うでしょう。

さて、日も見てのとおり暮れてきたわけで、急いで次の目的地の二見夫婦岩に行くことに。

A855
CX-2

知ってましたか?この二見興玉神社の祭神は猿田彦大神と豊受大神ダス、豊受大神の別称っだったのですな、調べたらそう書いてあった。僕の知識は微妙だな、ま、だてに皇學館卒業生ではないね。ウヒヒ。。。ちなみにカエルはここの守り神みたいなもので、なんていうかシンボルらしい。新日本書記を読めばその辺は分かると思う。

A854
CX-2

悪いところをこれで擦って、治りますようにみたいな感じでお願いするわけだ。父にLaylack、お前は?ときかれたが、全てパーフェクトなので今回はパスしとくといって、笑いをかっさらった。次はしっかりやっておこう・・・。胃、肝臓、頭、顔、腰、膝・・・全身だな。

A853
D-80  35mmF2D

これ、夫婦岩。この前の台風でツナが切れて、新しいものに変えられていた。神殿から700m沖の海底に興玉神石が沈んでいて、ちょうどそれを拝するにあたり夫婦岩が鳥居の役目をするわけだ。

行ってみると、ん、これだけかと思う人も多かろう。ある程度大きくなってからでないと、味方も違うだろうね。向こうのご両親は結構感動していたみたいだった。

   なんとまぁ、ギリギリのタイミングで遊覧船に乗ることができた。途中二ヶ所に寄港しつつ一週くるっと回ってくる50分の旅だ。

A845
D80

乗り込め乗り込め~!天井周りに見えているのは、浦島太郎の絵とお話。シートは畳でできていた。


A846
D80

ふっしぎ~!である。きっと、ナンダコレハってなもんだろう。いいなぁと思い、僕ももう一度頭を空っぽにして、楽しんでみた。この下の動くのは何(海)?ってなもんで、楽しめるものなんだな。


A847
ここからCX-2 色合いがアンバー傾向なのかな。

鳥羽国際ホテル、父と母はここで結婚したんだ。



A848
CX-2

3回展望デッキに来た。下では気がつかなかったけれど、結構大きな音でスピーカーが観光案内をしてくれていた。右に見える三つの島の間には、それぞれ一つずつ観音様があるんだとか。肉眼で確認できたので・・・



A849
CX-2 トリミング  ど真ん中になんとか写っております。



A850
CX-2

展望デッキ後側、先にもあったように、浦島太郎をモチーフにしている。あ、というよりも竜宮城かな。掲載はしなかったけれど、玉手箱を開けておじいちゃんになって驚いている、浦島太郎が中心部にあったりする。このときは知らなかったのだけれど、二階後方デッキからエサや利していたんだね。



A851
CX-2  一階後方デッキから

鳶(とび)とカモメがわんさかわんさか!晴れていて結構Windy!そのためか、景色は最高だった。遠い記憶で、途中にあるイルカ島に行ったことがあるくらいだったっけ。あの時は船酔いの記憶が8割だったなぁ。



A852
CX-2

それぞれの家路か。
僕も小さいとき父親と一緒に、遊覧船に乗って、そして今お子と一緒に僕が父親として、この遊覧船に乗ってるんだなと思うと、ああいいなぁと感じる。あっという間に僕も大人になった、彼女もそうしてあっという間に大人になるんだ。

夕暮れだけれど、最後にもう一ヶ所訪れることになった。

わかりやすすぎたね、鳥羽水族館だよ、あのラッコの公衆電話は。

さて、鳥羽水族館は小さい頃よく来た思い出があるのだけれど、そこは道の反対側。今のは大きくなって海側にある。とはいっても、もう何十年も前の話しだけれどもね。

A840
ここは真珠島からの入り口へ戻る途中。庭園があるんだな。これは、妹家族の図である。Kさんは見てのとおりハンサムで大きい。そのお父さんも、これまた大きい。お母さんは普通の感じ。大きいのは身体だけじゃなく、心がおっきいのよ、ほんと。



A842
さあ、ついた!

ここ、順路はないのよね、AとかEとか書いてあって、どこでも好きな場所を見てくらはいなってスタンスらしい。そういえば数年前にも一度訪れたっけ。結婚する前だった。軽自動車に乗ってて、入り口が結構渋滞していたのだけれど、軽自動車専用スペースがあるらしく優先的に入らせてくれた。

ちなみに、これはオニカサゴ。明るいレンズ様々だった。被写体ブレはこればっかりは無理なお願いだけれど、フラッシュ焚かずに十二分に綺麗にとれるからありがたい。あ、もちろん館内はフラッシュ禁止ですです。


A841
興奮・・・、ではなく、一生懸命理解しようとしているんだな、頭フル回転なんだろう。とっても素敵で、撮っても素敵♪自分の子供じゃなかったら、恋に落ちるよ♪(いや、まぁ、年齢とかそういう意味は違うけれど、それくらいにね)




A843
実ははじめてみるのがクリオネ。これ捕食するときが結構グロテスクなんだってさ。見たことないからじっと見ていたけど、チャンスに恵まれず。




A844
我が家の集合写真。って、僕が写ってないね、だって撮っていたからね^^;

父、補正でアレデスが、薄くありません。母、素敵な笑顔です。相方様、相変わらず美しい。お子、目も口も全開です、上の模型見ています。

そんでもって、次はお船に乗ってみたでやんす[E:ship]




↑このページのトップヘ