カテゴリ: バイク関係

結局やりました。

1ヶ月か1000kmかっていいますが、お店連絡くれないというか、元々自分でやるのでOKOKです。むしろそのバイク屋さんがとかではなくて、私本当に基本的に、ディーラーとかそういうお店が苦手です。バイクも車も服も何もかも、しょうがなくいきます。店がというか、人がわっといる雰囲気がやはり苦手なんですね、それでバイクもやめましたし。お金とか時間もですが、人がやはり。

念の為下調べをしましたら今までと違った点がありました。調べといて良かったわ。それは何かというとオイルドレンワッシャーです。ステンレスや銅製とかいろいろですが、あれがアドレスはOリングになってました。スペイシー100はたしかワッシャーだとおもいましたけれどねえ、アドレス125は違うんだそうで。

2019pc0009


普通のドレンワッシャーならオイル交換の回数やったので、ワッシャーは使い回しでも問題ないように締め付けが出来るようになりました。でもこれだとどういう感じかわからないわけで、万が一を考えて調べてみて買っておくことにしました。そう高くないから不安なら毎回交換の方が良いかもなあと思いつつ2個ゲット。

写真左がアドレス125の該当商品。キタコから対応商品が出ていて型番はOY-04です。Yはヤマハ用でラインナップされているものにつけられる記号ですが、径などこれが該当するのでキタコの対応検索でもOY-04としっかり出てきました。

右に写っているのはドレンボルト?蓋?の内側。反対側が6角形状になっています。サイズは忘れましたがオイル交換するような人ならもってるサイズです。黒いものが標準ですが、傷んでいるようには見えなかったです。でもこれを取り出そうとすると小さいものでとらなくっちゃいけません。用意していなかったので焦りましたが、大きめのマイナスで強引にとりました。小さなマイナスがあったら簡単でしたね。違う場所に置いてあったためあたふたしましたよ。

2019pc0007

オイルは通勤アドレスには超が付く高級品です。もったいないとはいいませんが、もったいないか。Amazon価格で4L 7000円くらいですからね、高い高性能です。オイルはいくつか入れてわかったことがあって、これは確信できることなので敢えて言いますが、「うるさい」とか「なめらか」とか「振動がない」とかそういうのは確実に変化します。それが問題レベルの駄目なところかというと難しいですが、たとえばセローにカストロールは全く問題ないけれど比較的ガラガラうるさいです。変えたら滑らかになって云々静かに云々ではなくて、純正のオイルと比べるとうるさいです。そういうことです。


2019pc0008

容量は0.65L、1Lの計量カップをもっているのでそれでやりました。オイルを抜くと結構汚めでスラッジちょっとした金属片もちらほら視認できました。なるほどこれね、と納得して初回1000km位ではまずは馴染むためのオイルは交換しておきましょうかっていうのは感覚として理解できました。

抜いて入れるだけなので写真はないですよ、で、ストレーナーもはまってまして抜いて確認してそっちはOK。Oリングを新しいのに変更して締めます。オイルを注ぐのは漏斗をつかって何ですが、この段階でちょっとだけ問題発生、切り抜けたけれどギリギリな内容。それはアドレスのリアが豊満ボディの為に計量カップと漏斗ではボディに干渉して安心して注げない事案。

結論は慎重かつ慎重を更に重ね重ねの上慎重にやったらこぼさずに出来た・・・・・・程度にギリギリラインでした。

小型で良いのでオイルジョッキがあった方が良いね、間違いなく。1Lとかの大きさで十分、2Lはガソリン用でもっているんですが、あれに0.65L程度ねえ、掃除の手間考えると小さいので良いかなあ。口だけで良いかもなあとか。今度はそれの用意をしっかりしてやらないとまた大変な思いをしますからねえ。

2019pc0010
1041km、まあ、1000kmってことで初回オイル交換終わり。

走ってはいませんがかなーり静かなこのアドレスがまた一段と静かになりました。明日の通勤がちょっと楽しみでス。味わいながら短い距離を走って感触を確かめてみます。

それと同時に各部の緩みや空気圧などの最低限の点検もやっておきました。ブレーキの調整も原付はレンチとか合ったら直ぐ出来ますから安心ですね。明日からも安全運転でいきます。



最近はこれしか更新してませんね、ネタはあるにはありますが多忙なのです。

ということで、6回目の燃費です。


2019-03-18_21h49_30

走行距離は185.6km
給油量は4.95L
燃費は37.5km/L

運転の仕方ではっきりしましたね。これくらいで十分ですねえ。
ちなみに、矢印の通りで赤い部分の加減くらいで入れてます。

今回は全行程の9割をかなり回してます。まさに快速!そんな燃費です。


2019-02-22_21h29_48

走行距離は162.1km
給油量は5.02L
燃費は32.3km/L

運転の仕方でこれだけ変わります。寒かったのもありますが、オンオフ激しい運転をしていたので、特に帰りですが回しているとこれだけ悪くなるんですねえ。勉強になります。次回は、のんびりを意識して、忘れなければ頑張ってみたいと思います。

4回目となれば極めてうまく効率よく給油出来るようになります。給油に何が高率だといいますが、いいえ、所作に無駄がなくなってくるのです。


2019-02-05_23h15_48

走行距離は162.7km
給油量は3.84L
燃費は42.4km/L

おー。街乗り通勤オンリーで初めて40越えた。まじっすか。へー、これは驚いたな。すごいわこれ。いいわこれ、つうきんがさいこうだわこれ。

 1月の終わり辺りにバイクで走りに行きまして、それこそ私にとってh超高額パーツを買って1回目の走行だったりしておったわけですが、かねてから考えていた事なので1月をもってスパッとサーキット走行に関わる事全てを終了しました。

理由っていうとなんですかね、いろいろありますが1番は人ですか。人がやっぱり苦手です、レース活動は頑張って1年間フル出場してみましたが、それでもやはり我慢して我慢して人ガキになって苦しかったですね。なるべく表情に出さないようにしましたが、それでもたくさん人がいるところは気持ち悪くなってしまいました。

その他にもいろいろありますが、まあお金が次ですか。本機の人たちは私なんぞ日にならないくらいのお金と時間を費やしています。それが趣味なんですが、私はやはり厳しい。そうこうしているうちに、楽しめてないことに気がつきました。これって一番いけないことです。よって、家族と相談もしましたが、徐々にとかたまに行くとかではなく、スパッと止めるという選択をしました。

件のパーツも正直なところ中級グレードのゲーミングパソコンが買えるくらいの価格ですし、その他にも実はタイヤなんぞ用意してありましたが、そこはスパッといってもらった方が良いと、それこそズバッと言ってもらいまして、ある意味気持ちよくバッサリ止めました。

原付二種というカテゴリーなので、保安部品をつけてナンバー申請すれば公道走行もまた出来ますから、それくらいなら暖かくなったら遊びでやろうかなと思います。工具類は一部特殊なものもありますがほぼ全てが何かに使えますし、ラダーくらいが困るかも知れませんが他は大抵捨てたりする必要もなく何かに転用可能です。ま、使わなくともいざというときに使えるものが多いっていう感じですね。

そんなこんなでタイトルのノアですが、トランポとして買ったんじゃねーのかよ的な話。で、結論としてはつぶしがきくように敢えてノアを購入しておりました故、問題なしです。

セカンドシートの補助席を取り払っただけであとはコンパネ敷きの仕様です。フックなどもシートアンカーを利用していましたし問題ありません。因みにコンパネも分割させてあえて使っていましたので、実はこういうときも想定して邪魔にならないように考えてありました。

補助席をつけてコンパネの位置を調整すれば5人乗り+荷室状態が直ぐに復帰できます。当分はラダーやら他の工具たちの荷物は家におけないのでしばらく荷物置き場として運用します。1台持ちであるゆえに考えた車種選定のキモがこのやめたあとにも難なく使えるという部分です。

走っていて面白さのかけらもない車ですが、道具としては今のところ文句なしですね。
ということで、そのうち時間があるときにシートをくっつけようかなあと思ってる感じです。

3回目の給油。


2019pc0001

走行距離は173.9km
給油量は4.83L
燃費は36km/L

ギュインギュインは知っていないので前よりちょっといいか。道は前回と同じなので、あの劣悪な道順でこれならいいね。ちなみに1Lで130円でした。

もう、本当に通勤にしか使わないな。

2018pc0171

2018pc0170


 150.1km走行して4.45Lなので33.73km/Lでした。

条件としては劣悪で、走行時間にして15分程度の一時停止が多くて右左折回数もかなりあります。起伏もかなり激しい復路です。61kgの体重にてんこ盛りに着込み、シート下には雨合羽にU字ロックをいれ、リアボックスには味噌汁装備の大型弁当箱や緊急用工具が入れてあるリュックサックをねじ込んであります。割と重いんですわ。ヘルメットも地味に1.8kgもありますからねえ。

それで33.73なら、んー、まあ許容範囲かな。因みに入れるタイミングは赤い部分の真ん中くらい。これでも1.5Lは残っているのでEのところまでいってもある程度は走れそうです。

 ドキドキでした。


2018pc0164

 前回給油時は9.3kmでありましたので、今回は走行距離149.4kmでの給油となりました。トリップメーターがあれば楽でしたが、そんな手間でもないのでなんとかなりそうな気もします。

 燃料計の赤いところにさしかかった辺り、そこで念の為に癖も残量も把握できていませんので給油です。給油量は3.97Lでしたので、燃料消費率は37.63km/Lでした。前回もせず起伏の多い道を走っていたので余り期待していませんでしたが、十分です。満足。次は赤いゾーンの半分くらいでの残量チェックをしたいですな。

 走行状況はstop & goの連続に加え起伏満載短距離コースという劣悪な環境。それでこれだけ出れば十分でしょう。ビックリするほど静かなので、こちらも快適。

 雨天時ですが、スリップしそうな感じはビンビン伝わります。猛烈に硬いタイヤは不安感がでます。個人的にはもう少しフロントサスペンションが気持ち柔らかくっても良さそうな気もします。あ、底突きするかもねえ。

 通勤快適です。それ以外の言葉が思い浮かばないほどに、快適に通勤できています。例のほら、ハンドルカバー(ハンドルカバー最高)ですが、全く寒くない,冷たくない。これほどまでに快適に変わるとは思いませんでした。

 1週間ほど経ちましたが、通勤だけに使用しています。そこで気がついたことと、取扱説明書を読んでへーっと知らなかったことなどを書いておきます。現時点での報告と思って頂ければ幸いです。

・イグニッションONでライトが点灯する
・ブレーキをかけないとエンジンがかからない
・スターターボタンは一度ポチッと押すだけでエンジン始動までセルを回してくれる
・バッテリー性能が低下してきた場合はエンジン警告灯が早い3回点滅をする、らしい
・トリップはいいので、時計が欲しかった
・レッドゾーンに燃料計の指針がさしかかったらおおよそ残り1L
・バッテリーを使わずかけたいときのキックが標準装備
・スズキ指定の慣らしは1000kmでハーフスロットル
・ハーフスロットルで十二分に通勤路では速く走行可能
・とにかく静か、めちゃくちゃ静か
・とにかく入らないトランクスペース、フラットシート仕様でもちょっとしか変わらない
・ヘルメットホルダーはヘルメットを選ぶのでD環じゃないと駄目だし、ZENITH YJ-19はちょっと無理
・フロントフック(コンビニフック)は恐ろしいほどの便利さ
・実はグリップが安っぽくなくてしっかりグリップする
・チェンシン製タイヤはやっぱり堅すぎるがかなりもちそうな気配は既にある
・純正のチェンシン製タイヤはグリップしないので公道では節度ある運転が必要
・やっぱり時計が欲しい
・1,000円アップでも良かったので100均クラスの時計つけて欲しかった

ですな。

 普段はハンドルカバーをいちいち面倒くさのですが帰宅時に取り外しています。雨ざらしなので中が濡れるのはなるべく避けたいので。それでも面倒っていうほどでもなく、数分程度で両方完了擦るくらい簡単ですから、もっと慣れれば1分程度で出来そうな気がします。結ぶ時間が一番かかるかな。夏用のグローブでも全く冷たくないので、超お勧めの商品でした。

 一つだけ、コツですが、手を入れるときに斜め上か下に思い切って手を入れないと引っかかる感じがしてイマイチだと思います。ズバッと差し込んでっていうのが正解ですね。慣れてきたので不便とは思わなくなりました。

こだわらなければ、安いので機能としては十二分ですよ。


 本ブログ以外に実はもう一つ持っていまして、そちらは別に全く普段の私生活などは書かずの完全なる趣味というか、いや趣味じゃないけれどそういったものを文体も違う別人格で書いていたりします。そっちはごめんなさい、内緒です。こんばんは。

 車がぶつけられたりいろいろありまして、バイクで練習しにいったりも出来ていませんがそのうちいけると思います。なんとか。

 ぶつかるのは事故ですが、盗難ってこともあるわけで、車に関しては私の場合はそうそう盗まれるようなゴージャスでもないですし、旨みのあるナビが付いているわけでもありません。バイクです、というかスクーターです。

 実は盗まれにくいんですよ、アドレス125は。若者が欲しがる格好良さはないですから、ええ。もろおっちゃん仕様です。そういう人たちから見れば、端的にいってかっこ悪いと思います。私はかっこいいと思っているから好都合なのです。ついでにいうとスペイシー100もそうですね、同じ系統というか雰囲気を持っています。

 それでも新車、1円も払っていませんが新車です。購入っていうとちょっと違うんじゃないかと思いましたが、一応は外から見れば買ったって事になるンです新車を。それでスズキ盗難補償サービスというのがありまして、リンク先を見て頂くとわかりますが結構手厚い補償です。

 2,000円で二年間補償。免責3万円で諸費用は実費ですが、保障内容は同一車種をご提供ですから。わりとすごい。

条件は以下の5つ。

・盗難補償サービス請求日が、盗難発生日から60日以内
・車両本体の盗難であること
・警察へ盗難届を出していること
・エンジンロック、ハンドルロック及びホイールロック(U字ロック等)がされていること
・上記全てのロックに関する鍵を提出可能なこと

であります。

 2,000円で2年間ですから、1日当たり2円7銭程度の保険料です。これはいい。おそらく大丈夫だろうけれど、保険っていうのはそういうものです。

 安ければかけやすいですから、こういうサービスは良いですね。今まで国内4台メーカーを買いましたが、これくらいにコストパフォーマンスのいい保険サービスはスズキだけでした。当然時期が違うので今では違うかも知れませんけれどもね。


↑このページのトップヘ