カテゴリ: バイク関係


小さい方のバイクにキジマのバーエンドを取り付けました。ハンドルは良くある22Φのやつ。説明には22.2となってましたが一般的にいうところの22です。

以前はアルミ製ハンドルに同じキジマの内径が小さい版を着けていましたが、余りにも転倒時にハンドルが曲がってすぐ駄目になってしまうためにスチール製にスイッチしました。

 アルミ製ですと強度を出すために厚みを持たせている故に内径が小さくなります。こちらはスチール製のために薄くなりますので、バーエンドもそれにあったものに変更しました。


2018pc0104

クラッチ側です。ハンマー一発でしっかりハマりました。前に使っていたものと内径部分以外は変わりありません。素晴らしいコストパフォーマンスです。


2018pc0105

 こちらはブレーキ側。一見長さがおかしく見えるのは、レバーガードを祖着する為にほんの少し内側にズラしてあるためです。ハンドルバーの見えている銀色部分に装着します。バーエンドはしっかりちょうど良いサイズがこの写真でよくわかります。


超おすすめ。


 怪物くんのオオカミ男風タイトルにしました。知っていますか?オオカミ男といえば怪物料理の名コックです。

 さて、私のヘルメットですが現在は二つ持っています。というか使用しています。古いのはおくところも無いので捨てます。一軒家とかガレージがあるならもってるかも知れませんが、コーポみたいなところで住んでいると自分一人のために何やらとものを増やしていくのは厳しいものであります。

 小さいバイク用にはRT-33(購入したヘルメットは超軽量!KABUTOのRT-33 Active Starです。)、セローの方ではツアークロス3(Arai ツアークロス3はいいですね)を使っています。こうして振り返るとツアークロス3の方なんて丁寧に書いてるんですねえ、今では真似できません。一眼レフ出してくるのが億劫であります。さすがに段違いに写真がきれいなのでサムネイルでもバカに出来ないなあと思ったり。

 話は戻りますが、このツアークロス3が結構厳しくなってきています。転倒は無いですが使い方は荒いので外装はきてますし、内装に至っては「ヤバイ」であります。気になってきたら取り外して洗ったりはしているのですが、弾力がそもそも無くなってます。RT-33はというと何回も転倒してますが、内装なんかは新しいだけあって快適。今度も用途としてはこれを買うだろうなあと思いつつ値段を考えて次回は白と決定されています。

 じゃあツアークロス3の代替はというと、もうこれを買うのは無理。そこで今考えているのがKAZAMIです。OGKのKAZAMIのページ。現時点で選んだ理由は以下。

・インナーバイザー搭載でスモークシールドが要らない
・かぶったり脱いだりが楽(ガバッと開くから)
・最近のOGKがすこぶるコストパフォーマンスに優れている
・ピンロックシールドは別売りだが含めても安価

 あとはタイミングと色。白か黒(メタリックとつや消し)ですな、バイクの色的にも。構造上帽体が大きいので白の膨張色はなあとちょっと頭に引っかかります。テレオス3も今のツアークロス3も白なので変えようかなとか。

 今んとこそんなかんじ。



 

 日曜日、バイクの練習に行ってきました。一人ですし気が楽ですが、うまい人ばかりなので緊張しました。これは毎度のことか。

 午前中というか一本目はちょっとタイヤを温めて10週程度、そのあとは頑張ってみるもののなんか怖さとかあってうまくいかない。体を動かすことを念頭にして、ステップ加重を意識すると決めてきたので考える。しかしながら、これも駄目。一旦戻り少し休む。

 3本目で力を抜くかと走ったら、なんか楽なのに少し怖さが無くなった。乗り方はがっついていない感じで、体は動いていないと思うんだけれど、動いているのかも。その周回途中で異次元に早い人がバイクの調子を確認しに来たのか走られていた。んで、少しだけその人にとっては超遅いであろうスピードなのだが私よりこれが速いわけで、数周だけれどかぶって形上引っ張ってもらえたわけですよ。

 まず、ラインが全く違うこと、見よう見まねで姿勢を意識して目の前の動きを参考にしました。設定もマシンの出来も技量も天と地のさがあるんですが、それでもコンも角度でも倒れないのかとか、その人は攻めていないのですが、私には怖いスピードなんですな。恐ろしいほどの発見がありました。

 結果的にその時のタイムが一番速い、そして楽だったんです。これは驚きました。離れてからは少し落ちましたが、ある程度覚えることに集中しました。でも4本目?だったかではまたタイムが落ちたりしました。まだ間隔が前の走り方だったりしてね。ああ、もう少し何だけれどなあとか思ったり。で、この辺りから腕の感覚が無くなってきました。緊張と最初の駄目な走り方が変な筋肉痛になっていたようで。

 最後の方ではなんとか最高タイムは出なかったものの、当面の目標タイムが多めに出るようになってました。もちろん走り方も引っ張ってもらったときの雰囲気を意識して。次回はそれを常に出来るように練習ですか。まずはそこから。

 2018pc0066
 グローブは長さのサイズは抜群ですが、すこーしだけ厚みがキツいです。足りない。で、変な力を入れすぎたこともあって指に力が入らなくなってしまいました。薬指は典型で、伸びません。曲がりませんw。帰りの車でパワーウィンドウのスイッチも動かせませんでした。

 因みに昨日の夕食は箸が持てなかったのでフォークで(笑)、今日の夜はかなり良くなっていましたが、箸で堅いものは掴んだり引っ張ったりはできませんでしたね。かなり良くはなっているんですよ、明日は大丈夫だと思います。因みに、左手も右手の80%くらいで使えませんw。

 久々ですねこれ。次もなんとかこの調子でいきたいところです。

この前に書いてたL受け部分のパーツについてですが、最高でした。
リアメンテナンススタンドミニ15-931用ではないものの、しっかり取り付け可能で問題は無いです。
迷わないという意味ではV字型のこちらが良いのでしょうが、私のバイクに付ける事は基本的に出来ません。


結構高額なもの出ないと取り付けたままアクスルシャフトを抜けなかったりします。目的としては滑りにくい、そして安いですから今回の選択が良かったと思いたいです。


2018pc0050
しっかりとした厚みがあるので、安定感はバッチリです。チェーンガードがあるためこの位置に。



2018pc0051
マフラーにも問題なく。隙間はしっかりあるので大丈夫、滑ることもありませんでした。

それよりも、私の腕が無いからそこが問題ですが。
このパーツは安くて滑る事が無いので、かなーりよかったですわ。

ストレートにいいますね、ど真ん中ストライクにね。

ストレートで買いました。

すごい、直球じゃないか。ということで、STRAIGHTというお店で買いました。名古屋市にあります。私は知らなかったのですが、安価な工具を売っている庶民の味方とかそんな感じらしいです。それでも、私程度のゴミ屑が使うには十二分です。なんざんしょ、アストロのような位置づけなんでしょうかね。

2018pc0044

15-9351で検索すると出てきますが、二輪用のメンテナンススタンドの15-935用のスペアみたいな存在です。この商品のページには書かれていませんが、私のもっている15-931(ミニワイドタイプ)のページには使用できると明記されていました。ネットで買おうかなと思ったんですが、そういえば良く通る道にあったっけなあと思い出しまして、寄り道していってみました。そうしましたら、なんとあったんですね、これは買うしかないと思いまして購入。初期費用200円が必要ですが会員にその場でなれば結構安く買えましたので、よかったですわ。


2018pc0045

で、中身はこれです。L型の受け皿部分です。今までのものは15-931(http://www.straight.co.jp/item/15-931/)でリンク先の写真を見て頂ければわかるとおりもっと薄くなっていて赤いビニール素材の滑り止めカバーがあります。これ、それでも少し滑ります。チェーンガードがあるとかなり前側で支えることになりますが、そうするとズレて落ちたりマフラーに干渉したりするんですよね、結構悩みどころでした。これでズレがなくなれば良いんですが、厚みの都合、ずれたらマフラーカブに接触するかなあ、どうだろうなあ。

チェーンガードを加工してもう少し後にするか、今着けているタダの板ではなくて、少しお金を出して移動させるかは使用してみた具合を見てから考える事にします。すぐに付ける事は出来ますが、ご近所さんが駐輪スペースで雑談をされていたのでまた明日帰宅してから付け替えてみますね。

↑このページのトップヘ