カテゴリ: 写真

使おうと思って探していたらだね、ない、見当たらない。
おかしいなあ、どこに置いたかなあ。

私は最近使っていなかったといえばそうかも知れないけれど、うーんどこいったかなあ。

因みにRX100M5A欲しいです。

んー、どこいったか。見当たらないからD7100は準備してあるのですがねえ。
何を撮影するという事でもないので、タムの17-50 f/2.8(http://judecca.blog.jp/archives/5076488.html)つけていきます。


最近カメラのことを考える様になったとかそう言うのじゃなくて、見ていたら芋ずる式に思い出す子があるでしょう。それです。忘れていたレンズ、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300 f/4.5-5.6G IF-ED(https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/af-s_vr_zoom-nikkor_70-300mm_f45-56g_if-ed/)。

何年も前に買いましたが、Nikonの会員統合メールが来てそれで登録レンズを確認していて思い出しました。

2019pc0024

画像は全てP20 liteです。

型番でいうと左から順に、

AF-S :Silent Wave Motor 、超音波モーター搭載
VR:Vibration Reduction 、手ぶれ補正
G : Gタイプレンズ、絞りリングがなく機械的にボディ側から絞りを制御
IF :Internal Focusing 、中間のレンズ軍を移動させてピント制御する方式
ED :Extra-low Dispersion Lens 、色収差を抑える特殊低分散レンズ

がついているって事になります。


2019pc0025

フードつけた状態ではそこそこ大きいです。広角端でこの迫力。安価な望遠レンズの中では最新ではないものの案外評価が高いです。これ。



2019pc0021

最大望遠時にはここまで鏡胴が伸びます。ちょっと不格好だけれど手持ちでいける雰囲気は重要です。ズームリングのトルク感は上々で、AFが基本のこのタイプのレンズ同様ピントリングはイマイチかも。300mmの望遠端はDX機(APS-C)ですと1.5倍換算なので450mmのなかなかの感じになります。


2019pc0022

D7100につけるとこんな見た目。ちょっと大きな感じがするけれど、もってみると案外いけます。邪魔だけど。用途限定なので問題ないわけで、普段こんなの使うわけないです。レンズ名にDXがついていない通り、これはフルサイズであるFX用のレンズです。私のもっているのだと35mmF2Dもそうです。なので本来のイメージサークルからいえば中心のおいしいところを使うことになるので通常時で画質的にはやや有利、当然絞るとなお良いのは定説通りです。


2019pc0023


伸ばすとやっぱりイマイチか、カッコヨクはないね。D7100で使用する場合の最大のメリットは画角に関してで、通常時DXで換算450mmなのですがクロップを使用すると585mm相当の画角になります。テレコンと違うのはF値に変化がないことです。運動会のでも基本的にこれで困る様なことはなかったです。



2019pc0026

上からマニュアルとAFの切り替え、VRのON/OFF、VRの通常と流し撮りなどでのACTIVEが切り替えできます。

ということで、数年越しの報告でありました。



今はこれの新しいモデルが出ています。

使っていない期間が長生きもしますが、たまに使ってマス。メインでなかっただけですな。写真が。

なので出てから1年程経ってやっとアップデートです。


2019pc0014

アップデート前です。まずは歪み補正データからアップデートします。説明にもありますが、撮影時や編集時に、たる型や糸巻き型の歪みを補正する為のデータです。もっているNikonのレンズはもちろん対応しています。いいね。

SDにファイルを入れてからカメラにセットしてアップデートするだけです。

2019pc0015

Yes Yes Yes


2019pc0016

完了。続いてファームウェアも。

2019pc0017

はい はい はい。

2019pc0018

こちらはそんなに私は影響ないですが、抜粋すると以下になります。

※ 以下引用 ※

  • • AF-Pレンズ使用時に下記の対応をしました。
    • - ピント合わせを行った後、カメラの半押しタイマーがオフになり、再び半押しタイマーがオンになった際にピント位置が変わらないようにしました。
    • - マニュアルフォーカス時、フォーカスリングを回し続けて無限遠や撮影最短距離に到達している事が分かるように、ファインダー内のピント表示が点滅するようにしました。(ライブビュー撮影時には、画像モニターのフォーカスポイントが点滅します。)
  • • 下記の現象を修正しました。
    • - オートフォーカスが可能な電磁絞りのレンズ(Eタイプ)との組み合わせにおいて、ライブビューで静止画撮影をすると適正な露出にならない場合がある。

※ 引用ここまで ※

2019pc0019

因みにアップデート中の軍幹部モニターにはこのようになっています。


2019pc0020

確認して無事完了。関係ないですが、目当て部分をなくしてしまい、D80用を強引につけています。一応見えますが、ズレやすいです。


それすら気がついてませんでしたね、あらら。という事でアップデートですが、なんとView NX-i と Capture NX-Dがセットになったその名もズバリView NX-i & Capture NX-Dというものがありました。これ、単品で一個ずつ考えなくてもセットでアップデートもこなしてくれるそうなので、こっちをあらためて入れ直しました。もちろん過去の製品はちゃんと消してくれますので、嬉しい限りです。
nikonのページ(https://www.nikon-image.com/products/software_app/lineup/viewnx-i/

直近の明らかないらないファイルを整理しておきます。こういうときしかやらないので。

うーん、面倒くさいのでフォルダー一つで終了。SSDで随分読み込みスピードが速くなったとはいえ、その他のマシンスペックは廉価グレードのものなので致し方ありません。GPUも良くなっているけれど、SSDで良くなっているけれど、CPUとかメモリーは如何ともしがたいですね。これは我慢するほかない。

ただ、少しは前よりマシになった感はありますね、これは評価します。重さが少し軽減された。そんな感じです。




これくらい高性能なの詰んでれば変わるんでしょうけれどね、私はそうなると総入れ替えなんでまだ先だなあ。

写真を撮るために行動するという事、それがなくなったのは本当かもしれません。
その為だけに時間をとることが出来なくなってきました。

バイクも結局お金と時間がもの凄くかかるわけで、それを今後の事を考えたときに合理的にみるとちょっとなとなったわけです。人もですが。まあ、お金と時間を全て捧げるほどにまでは注ぎ込む趣味にはならなかったですね。経験は良かったですが。

で、写真はというと、変わらず好きです。お金はないのですが、実はちゃんとフォルダーにファイルは貯まっていっています。


2019pc0013


撮影もしないのにカメラは欲しいでしょ、そういうものです。コンデジ欲しい秒は良くきます、たまにきます、定期的にきます。

今はね、というか前からですがフィルムシュミレーションがついているフジのコンデジ使いたいんですよね。でもちょうど良いのがない。X100Fは大きいし、X10F良いなと思うんですがちょっと、もうちょっとなと。


それ以外だとSONYのRX100シリーズね、5Aが欲しいですよ。アレなら欲しいです、もの凄い高いですが。

ということで、今日は久しぶりに写真を。P20 liteで撮影。私こういう色調が好きです、だから調整しました。ドキュメント系写真にある感じって、確かにと思うクラシッククローム。本当はこれを使いたいんですよね。(参考 https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/film-simulation-classic-chrome/

カメラとしての良さはNikonが好きなんですが、D7100はなかなか出番が少なくて。大きいし。もった感触というか、こっちの方が上ですが実はD80の方がしっくりくるんですよね、不思議と。もう、いろいろベタついてきたりするので、とっておいてある位のものですが、撮影するには問題なかったりします。この辺はさすがです。

コンパクトさって重要ですよ実際は。S90は未だに現役ですから。まあ、その延長線上にほぼメインでいけるであろうRX100m5Aだなってね。

何するにもお金いるなあ。一回さわってみたいなあ。電気屋に行く暇もないですわ。それではまた。


↑このページのトップヘ