カテゴリ: 写真

先ほど大雪警報が名古屋市に出たんですが、明日の無謀な運転手が増えないことを祈るくらいです。

今日は何気に昔の今を探ってみようと思いまして、10年前のフォルダーを漁ってみました。あの頃はD80を購入して浮かれていました。思い起こしてみても、カメラの完成度は圧倒的にD7100が勝っているのですが、見えたものを移そうとしたときにはD80の方が答えてくれるような気がしています。


2017pc0323

D80で撮影。RAWだったようで現像しました。瑞浪市(だったんだ・・・・・・)。

日も落ちかけて、残った太陽の灯りが微妙な陰影を浮かび上がらせてくれていました。冬の空は透き通るような深さがあって、寒いのは苦手ですがとても好きです。

なんてこと無い写真でもこうして撮影さえしていると、掘り起こして再度見たときに鮮明にその時の記憶が蘇ります。そこが、いつもは忘れていますが、大事にしていきたいと思うところです。D80は良いカメラだったなあと、本当に思います。

 数年ぶりになりますが、せっかくの機会なので行ってきました。
今回もドライブウェイをつかう軟弱コースです(笑)。

2017pc0077
下りの写真です。

駐車場での気温が7度から8度程度でしたので、かなり寒かったです。何より、「風」ですね。お弁当を作って持っていきましたが、上で食べるなんて考えられず、車内で食べてから登っていきました。

途中まではダウンのベストを持っていき、薄めの上着の上からでちょうどよかったです。歩き始めて天気がすこぶる快調になってきました。その頃にはベストを脱いでいい感じですね。

途中の羨望のよいスポットでは、登山道の方を見下ろせるのです。そこはかなりの強風なので、猛烈に寒かったです。しかし、日差しは強かったためにギラつく暑さもある山ならではの感じでした。

D7100で撮影する余裕がなかったのですが、所々に残雪がありました。それほどでした。

これからどんどんいい避暑地になっていきます。車で行かれる方もこれからじゃないでしょうか、おすすめです。



 意外といっては失礼に当たると思いますね、DIGIC2だったと思うのですが古いIXYです。今は手元になく実家にあります。殆ど使われていない様子。古いしね。


2017pc00013

 押し間違えで偶然に以前のフォルダーを触ってしまって、懐かしいとみていたら写りが良いなと感嘆してしまいました。これはNew Zealand南島のクイーンズタウン。全景まではいきませんが、裏山というかロープウェイで上がれるスポットからの景色。

空気があまりにも澄んでいるので、どこまでも見通せてしまうほどの深さをもっています。土の細部、山の懐、水の感触も見えるようです。ある程度離れている山脈も近くに見えてしまうくらいに、そして森林限界もくっきりとわかります。

紫外線が日本に比べてかなり強く、植物の生長スピードと力強さは何倍にもなるとか。最近わかってきたことでは、かなりの部分が沈んだその名残がNew Zealandなのだとか。

【ソロモンの頭巾】長辻象平 ジーランディア 太平洋に沈んだ第7大陸があった - 産経ニュース


ジーランディア(ウィキペディア)

思いをはせるのもいいものです。





人気ブログランキングへ

もう既にカテゴリーが意味をなしていませんが、最近のものは適した場所だと思われる分類を心がけています。


2015s90c00015

S90 AUTO  少し手を加えてあります。

レンズを触ってしまったのか指紋が付いていてクリア感が失われてました。といっても10枚強ほどの撮影。AUTOなのでスタンダードが基準。黄色などの色のりが相変わらず強い。最近のモデルだといろんな部分が強化されているんだろうけれど、S90は現在もなお第一線。

現行機だとS90の末裔というか後継機は何にあたるんだろうか。出た当初が4万円強、出たばかりでの最安値が39800円とかの価格レンジです。高級機ですね、忘れていました。今のラインがどういう風に展開しているかはわかりませんが、スペックの路線でいえばG9系が似たコンセプトみたいです。明るいレンズ、3倍程度のズーム、小型。まるっきり当てはまるものはなくなってますが、興味深いですね。

ニコンにも頑張ってもらいたいです。大変そうですが。





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ