カテゴリ: 携帯・デジカメ

  以前の記事では2月までの支払いが載っていたようなので、今回はそれ以降を見てみます。

2017-08-20_22h18_20

3月から金額が大幅に下がっているのはプラン変更したためです。現在の契約プランは通話SIMの3.1GBなので、1,600円です。ということで、それより安くなっているのは楽天ポイントで相殺されている事になっています。

利用ポイントが書かれているので、いくら分割引になっているか分かりやすいです。そんなにカードを使っているのかということになりますが、いろんな支払いを全てでは無いですがまとめていることもあります。

たとえばガソリン代金とか、通販の買い物とかですね。たとえば現金主義でしたがEdyになるべくしていたり、そういう風にしてるのもあります。期間限定ポイントなんて、今までですと気がつかぬうちに執行とかありましたが、それが電話代にすることにしたのでなくなりました。

以前にソフトバンクのiPhone6を使っていたとき、だいたい8,000円前後を毎月支払っていました。そこを考えたら、上記の5ヶ月分だけで7,031円です。一月分より安いんですよね。

反対の考え方ですが、8,000円*5ヶ月=40,000円ですよ、4万円。中級機のスマートフォンを購入できる金額です。正直なところすごいですわ。

日経新聞にこんな記事が出ていました。

物価抑える格安スマホ 一家に複数台、影響大きく:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H6L_U7A810C1SHA000/

アホかと。キャリアとズブズブなんかなとか思ってしまいますよ。

世界水準というか、なんとか安くなりつつあるだけですよ、適正価格になってきたとね。
そう感じます。


 ちなみに、ZenFone2さんはずっとイマイチですが、なんとか使い続けています。nanoSIMに変えて欲しいのが1つ出来たのですが、バイク関連で20万強ここんところで出て行っているので踏み切れませんね。

新しく始めた趣味?とは話が別なのですが、でどことの金額は同じなので気持ちがね。

SIMフリー<ノ丶`Д´>ノ マンセー!

 NTT西日本のポイントが失効するとのことで、急遽ポイントを使ってEX-Z920なるカシオのカメラを頂きました。
公式サイトはこちらです

さて、ポイントで交換できるものですが、碌(ろく)なものがありません。全ていらないものです。強いてあげるならということで、これを選びました。似たような格安コンデジをNikonで欲しかったのもありましたし、同クラス他メーカーということですがどうでしょうか。

2017pc0100

薄型筐体でポケットサイズに標準ズーム搭載と、目的には合致しています。とても小さく薄い、そして軽さが素晴らしい。スタイリッシュなデザインも良いです。


2017pc0101

背面もオーソドックスですが、親指グリップがないなどいろいろ見えてきます。配置は悪くないですが、マクロボタンがないなどベーシックモデルとはこういうものなのですね。


2017pc0092
上から見ると薄さが際立ちます。


2017pc0093
バッテリーはとーっても薄い。驚きです。そんなにタフじゃないのもうなずける。これ、蓋か内側面にガイド表示すべきだなと思います。端子部分を見るとわかるけれど、やさしくない。


2017pc0094
SDカードの余りが見当たらなかったので、D7100から拝借。こちらもスロットに表裏表示が見当たらない。やさしくない。端子部分を見るとわかるのは同じだけれど、こういうところは大事だと思う。


2017pc0096
起動時間は十分早いが、モニターがおきるまでワンテンポ遅い。ボタンに対するカーソルなどの反応は十分かな。UIは一般的だが回送を追わせるのが多すぎる。

やはりMENUは独立したボタンを割り当てすべきで、一つの設定に他とりつくまでのステップが多いと面倒に感じてしまう。加えて、各種設定変更した際に撮影画面に戻ってしまうのも駄目なUIだといえる。

一通りさわれるが、別になくとも変わらない程度のイメージで間違いないかなと。各種機能がとても弱いので、恩恵を受けたいと思うような撮影者の意志があるなら、コンデジならもっと上位で価格の高いモデルを買った方がいい。直感的だし、各種機能しているし、変更も煩雑ではない。これは重要。もっとも、このクラスのモデルは王いう人を対象にしていないのは承知。



2017pc0095
モニターは荒くて色再現性も低い。が、写ればいい場合はこれでいいのかもなとも。

ここで見えるように、setボタンで右に帯が出てくる。上から画質、動画画質、フラッシュ、セルフタイマー、顔認識、逆光かなどのライティング、簡単モード、メニュー(ここかよ!w)、テンプレ。


因みに大事なことなので書いておきますが、デフォルトでは電源投入時に酷いことに初期設定に戻ってしまいます。発行禁止などメモリーするには、【MENU】-【撮影設定タブ】-【モードメモリ】で記憶させておきたい設定メニューを【入】にしておかないといけません。わからなかったら全部【入】でかまいません

それも、酷いことに、一つ変更すると撮影状態に戻ってしまいます。カシオのカメラソフトウェア開発担当者は真面目にやってるんだろうかと疑ってしまいます。面倒ですが、一つ一つ【切→入】に変更しておきましょう。




ここからは、非常におおざっぱな作例となります。全てオート。

2017pc0097

ピントが合いにくい、最短撮影距離が長いこともあって、卓上では厳しいです。


2017pc0098

荒々しい、意図したものではありません(笑)。ですが、困るかというと、困らない。うーんと思うのは、ピントが合いにくいこと。S90はこの辺りバッチリですし、D7100などは言うまでもない。ただ、パンフォーカスで使うならこれでもいいかとか思えますね。整備中のザッとこの辺とかね。



2017pc0099

トイカメ風といってもいいかも。こういうバッチリこない子を上手く撮影できる楽しみは、実はあったりして面白い。万能じゃない良さみたいな。

最短撮影距離は広角端で5cm、あとはズームにしたがって変化します。モニターにマクロ撮影距離が表示されているので参考にするとストレスも減るかも。




 と、簡単にはこんな感じのカメラでした。たとえば、美しく残したいと意識しない撮影って多いと思いますが、そういうときにはこの場所の撮らないカメラって案外いけるなと。スマートフォンって面倒なんですね。バイク乗ってるとかなり。それでも、スマートフォンでも一応撮っておくかとかなるので、まあ、私も大概のアホなんですが、面倒だとは思ってるんです。

S90を持っていってたんですが、ラフに扱っているもののやっぱり大事にしてるんで落として壊すのもなあとか、重いしとか。昔は一眼レフを持っていってるくせに何を言っているんだということですが、ライディング重視の時なんかだと肝になってきますからねえ。

一回持ち出して出かけてみたいですが、そんときはまた報告します。カメラの報告にならぬ可能性もありますが(笑)。

あ、今気がついたけれど、これらを撮影したZenFone2の方がきれいかもなw。



 紆余曲折がありましたよ、面倒くさい!

という事で、なんとかアップデートが完了しました。ZenFone2(ZE551ML)はIntel Atomを積んだ異端児であるわけですが、そのおかげでQUALCOMMのSnapdragonとは違ってなんとOSがOTAで降りてきません。

ON THE AIR で来ない。

不自由でなければこのままでいいやと思っていたのですが、最近タッチ関係不満が出てきました。それ自体については置いておきますが、それがきっかけでアップデートしちゃうかとなりました。

結果的にできたという事でこれを貼り付けておきます。

2017pc0048



おいおい、セキュリティパッチレベルは年始のままかと。


 無事終えたわけですが、最初に書いた紆余曲折というのはエラー吐きまくって危うかったんです。上手くいかなかった。

そもそも自分のバージョンは「 2.20.40.197」ここから最初は一気に最新版を当てようとしました。上記スクリーンショットの4.21.40.231です。ちなみにASUS公式ファームウェアのページでのStep of Update:の3にある
Only apply to same SKU update
とある通り、JP版の人はJPのファイルでないといけません。

順を踏まないといけなかったのでしょう、上手くいきせんでした。

手順としては簡単で、

1.該当ファイルをダウンロード
2.ファイルマネージャーでルート>sdcard>downloadにある落としたファイルを一つ上のルート>sdcardに移動。
3.再起動
4.通知にアップデートがある旨がくるのでOK

となっています。

結果的にOKを押したあと再起動がかかるのだが、おきた瞬間にエラー。これを動かすためにエンヤコラ。何とか原状復帰するも数度同じだったために一つ前の4.21.40.196を当てることにしました。

そのままの状況でダウンロードして移動して再起動とやりました。選ぶ更新ファイルが二つ出てきましたので、.196を選んでみましたが結果は同じ。これも数度繰り返しました。


 深呼吸をします。

二つのファイルを消して、もう一度.196の方を試みます。そうすると上手くいきまして、とりあえずは不具合が多かった(ダウングレードファームが出たくらいでしたので)ファームアップに成功しました。その状況下で、修正版である4.21.40.231を当てました。

やっと成功。

印象はというと、ZenUIという独自UI仕様のためにぱっと見た感じはわからない。細部で変更が結構あったりします。メモリ解放などは演出も変わっていたりして、見た目の変化はオリジナル組に比べたら穏やかなのでマイナーアップデートのような印象です。

電池のもちなどは、いろいろDozeモードなどいろいろ分かりやすいですが、結局どうなったか知りたいために触っている時間が長かったりしてわかりません。触りまくっているだけ減りまくってますわ。

現状は不具合は無し。バックアップはしっかりやりましたので、万が一の事態に備えてファクトリーリセットをした場合でも復帰できるようにはしておきました。自分がよく使う主要アプリは全て問題はありませんでした。



ふう、一安心。





人気ブログランキングへ

タイトルが全てです。それ以上のものはありません。



 まずはこの3ヶ月間の支払い状況です。

2017pc0030
楽天モバイルの請求金額。

初月無料とかですね、キャンペーンで1月も基本使用料無料とかになりましたので年末と1月はあれですが、先月を見てください。2,346円ですよ、2,346円。前までが訳8,000円前後だったので月の支払額が71%減になりました。

意識してラジオを聞かなかったのもありますが、そうすると次第に慣れてきまして問題もない。じゃあデータ量を確認してみるかとなりまして、そうするとなんと減らない。もう、圧倒的に減らないんです。こりゃあワンチャンスいけるなとなりましたよ。

で、

2017pc0029

早速のプラン変更といきます。このプランに変更しても余ったデータ容量はよく月には持ち越せます。因みに20日経過した本日(2017/03/20 )までのデータ使用量は約0.9GBです。大丈夫でしょこれは。2度ほどgoogle mapでナビゲーションを仕事で使っています。

という事ですので、また来月になりますがこのあとの経過は報告します。

他の事業者も同じなんでしょうが、MVNOは自分である程度調べて対処できる人なら選ばねば損だと思うくらいですね。バックアップやトラブルに自分で対応できるならですが、それだけの価値はありますよ。

楽天モバイルは現状で私の環境下では、お昼の通信がかなり遅ーい事くらいです。それ以外は全く問題にはなっていません。というところで、また次回報告します。





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ