カテゴリ: 携帯・デジカメ・ガジェット

先日に大掃除ではなくていらないものを捨てるためにいろいろ見直して生きましょう第一段がありました。自宅の話ですが、そこで昔のケータイが出てきました。
もう細かなことは置いておいて、それらをザッと振り返ります。


2019pc0089
同機種が2台ありますが、それ以外は1台ずつです。こうして何十万も気がつけば使ってきているわけです。


2019pc0090
次世代機という触れ込みでのFOMA切り替わった第一弾。確かドコモに勤める人の紹介でモニターになって本体などをもらいました。


2019pc0092
開くとこんな感じ、今持ったらそこそこ大きくてボタンはかなり押しやすかったです。やや重め。



2019pc0091
側面をスライドするとレンズがあります。



2019pc0093
ザクティとかこんなのじゃなかったかな、二軸ヒンジ採用していてビデオスタイルが特徴。



2019pc0078
次はこれか、富士通です。正面の液晶がカラーで各種情報表示可能。コンデジスタイルで撮影する時は、液晶として確認できました。



2019pc0080
ボタンはまあまあ押しやすいですが、特徴である指紋認証を搭載しているので縦長。ちなみに同僚の指でもアンロックできたのでつかえませんでした。



2019pc0079
当時4Mpixでも結構感動しました。



2019pc0075
ちょい古いのを。これ結構気に入ってました。機能的に十分。軽量コンパクト。



2019pc0076
小さいけれど開くと通話はしやすい、といっても当時から通話は嫌いでメールが主でしたっけ。



2019pc0077
アンテナが伸びるタイプです。今見るとかっこいいかも。



2019pc0094
これ、かなり気に入ってました。三菱電機のDシリーズ。分厚くて不評でしたが、私は好きでした。見た目も良い。



2019pc0095
分厚い・・・か。



2019pc0096
スライド機構がかっこよくて、電話に出たり切断したりも連動でした。



2019pc0074
カメラスタイルではコンデジそのものの撮影スタイルも可能でしたね。



2019pc0084
これは防水ケータイ。全てシーリングされていて、ボタン類含むカバーなども完全防備。この表面に大きくデジタル表示される変わった仕様でした。



2019pc0085
シーリングされているため押すとベコベコいいます。ちょっとだけ微妙。



2019pc0081
かなり後期のモデル。それ故に高性能でした。ですが基本的にできる事って昔と変わっていないんですよね。



2019pc0082
高画素に興味はなかったですが、世間が高画素イコール高画質といった間違ったメディアの認識を真に受けていた時代です。


2019pc0083

かなり薄型なので押しにくかったボタン。困らないけれどなんかなあという押し心地。



2019pc0086
多分WindowsCEのBlackBerryタイプのアレを買うまでのラストがこれだと思います。12年前に記事を書いていました。こういう昔の記事って稚拙ですが良い具合の味を出していて好きです。





2019pc0087
これ見た目はかっこいい。超薄型軽量、そういう意味ではいい道具。



2019pc0088
最大の問題は押しにくさ。ミスタイプが目立ちました。これが結構イライラしたなあ。

とまあ、こんなかんじですかね。X02HTは前にいくつか書いていましたが、この時代のなかですといちばん使えないですが、一番好きでした。持っていて楽しいのがこれですね。ブラックベリーは最高なんだろうなあとか今でも思います。



トランセンドって超有名だから知っていると思いますが、そのトランセンドのmicroSDカードが届きました。


20190731_IMG_20190731_213710-1152x864

高品質でパッケージも付属のものもちゃんとしています。トランセンドの商品はメモリー系でいくつか使っていますが、不具合にあったことは私の場合は一度もありません。個人的には信頼性が高いメーカーです。



デザインも金属質のものが多く好きです。

初めてリッチリンクを使ってみました。使い勝手としてはいいかも。


さて、ここのツイッター中の人がなかなかのやり手で、SHARPの中の人みたいにかなり活発です。エゴサしているんでしょうが、私のツイートにもすかさず反応するなど好かれる理由はわかります。それが仕事だったとしても、なかなかできないですよね。

すぐにP20 liteにいれましたが、もう、問題なし。安定。安心です。
迷ったり、不安だったらTranscendなら間違いないと思っています。


SSDと共に700円くらいだったので買いました。


2019-06-15_21h56_08

32GBあれば最近のいろいろな事には対応できそうです。8GBはもっていますが、ちょっと足らないと行ったこともあったのでこのタイミングで買いました。
こんなものに質感も何も無いと思っていましたが、意外に質感が高くて良いもの感が漂います。USB3.1に対応しているので特に読み込みはなかなかでした。

難点はキャップがお尻にくっつかないんですよね、あれれってなります。おしい。


2019-06-15_21h00_27

ドライブレターがなかなかシャレオツです。読み込みは十分、書き込みは遅いですが常用するストレージデバイスとして使いませんし問題ないですね。コストパフォーマンスは高い。



2019-06-15_21h56_30

アクセスすると蛍のように光ります。これはいいですね。しかし、32GBがこんな価格になるとは良い時代になりました。

今見たら価格が高くなってました、タイムセールだったかな。ラッキーです。これでも安いですがね。

P20 liteでの写真です。ある程度きれいならwifi経由でアップロード出来るっていう強みは大きいですね。楽が一番か、人間って怠惰です。

2019-05-20_10h51_40
一つは実験的に種まで頑張ってみようという感じですね。それ以外は頂きます。


2019-05-20_10h51_27
花もきれいで、今はミニトマトを苗からと種からと、それと豆ですね。

簡単ですから余計に楽しいです。はい。


P20 lite オーナーの私です。

で、P30 liteがでるんですね。とりあえずは目立ったところのリンクを張っておきます。


UQ mobile、トリプルカメラのHUAWEI P30 liteを5月24日に発売 https://japanese.engadget.com/2019/05/13/uq-mobile-huawei-p30-lite-5-24/

P20 lite使っていて思うんですが、最新の重めなゲームをやらないなら動作については全く問題はないです。断言します。

カメラの色合いが少し鮮やか過ぎるとか癖があるのは事実ですが、それが問題ですかってなもんです。そういうものじゃない。動作が緩慢になったり、おかしな挙動になったのは殆どありません。iPhoneは凄く安定していると思いましたが、変わらないですね。

1年経つとかなり安くなりますが、P30 liteもきっと同じでしょうね。私のも電池のもちがかなり悪くなるか、壊してしまったり困ったことにならなければ持ち続けると思います。それくらい良い。

今日は以上です。

最近カメラのことを考える様になったとかそう言うのじゃなくて、見ていたら芋ずる式に思い出す子があるでしょう。それです。忘れていたレンズ、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300 f/4.5-5.6G IF-ED(https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/af-s_vr_zoom-nikkor_70-300mm_f45-56g_if-ed/)。

何年も前に買いましたが、Nikonの会員統合メールが来てそれで登録レンズを確認していて思い出しました。

2019pc0024

画像は全てP20 liteです。

型番でいうと左から順に、

AF-S :Silent Wave Motor 、超音波モーター搭載
VR:Vibration Reduction 、手ぶれ補正
G : Gタイプレンズ、絞りリングがなく機械的にボディ側から絞りを制御
IF :Internal Focusing 、中間のレンズ軍を移動させてピント制御する方式
ED :Extra-low Dispersion Lens 、色収差を抑える特殊低分散レンズ

がついているって事になります。


2019pc0025

フードつけた状態ではそこそこ大きいです。広角端でこの迫力。安価な望遠レンズの中では最新ではないものの案外評価が高いです。これ。



2019pc0021

最大望遠時にはここまで鏡胴が伸びます。ちょっと不格好だけれど手持ちでいける雰囲気は重要です。ズームリングのトルク感は上々で、AFが基本のこのタイプのレンズ同様ピントリングはイマイチかも。300mmの望遠端はDX機(APS-C)ですと1.5倍換算なので450mmのなかなかの感じになります。


2019pc0022

D7100につけるとこんな見た目。ちょっと大きな感じがするけれど、もってみると案外いけます。邪魔だけど。用途限定なので問題ないわけで、普段こんなの使うわけないです。レンズ名にDXがついていない通り、これはフルサイズであるFX用のレンズです。私のもっているのだと35mmF2Dもそうです。なので本来のイメージサークルからいえば中心のおいしいところを使うことになるので通常時で画質的にはやや有利、当然絞るとなお良いのは定説通りです。


2019pc0023


伸ばすとやっぱりイマイチか、カッコヨクはないね。D7100で使用する場合の最大のメリットは画角に関してで、通常時DXで換算450mmなのですがクロップを使用すると585mm相当の画角になります。テレコンと違うのはF値に変化がないことです。運動会のでも基本的にこれで困る様なことはなかったです。



2019pc0026

上からマニュアルとAFの切り替え、VRのON/OFF、VRの通常と流し撮りなどでのACTIVEが切り替えできます。

ということで、数年越しの報告でありました。



今はこれの新しいモデルが出ています。

これです。 Nikon COOLPIX A1000の製品ページ(https://www.nikon-image.com/products/compact/lineup/a1000/


2019-04-22_18h25_44
上記 該当ページより引用。

高倍率スタイリッシュモデルということで、A900後継機になります。そういえば写真見ただけだったなと思って見返したんですが、特徴は換算で24-840mm相当ということで頭がおかしい高倍率ズーム搭載。ただし、f/3.1-6.9なので推して知るべし。EVFを搭載しているものの価格帯を考えると手強い相手が多すぎるので厳しいでしょうねえ。

私はNikonファンですが厳しいです。うーん、厳しい。悪いカメラかっていわれるとそうではないですが、現状の価格帯だったら他を選ぶと思うかなあ。1/2.3型高倍率小型っていう選択肢ならありか。



だからってわけじゃないが、レスポンスの悪さを許容できるなら数年前のモデルA900の方が半額くらいだからありかも。んー、でもデジタル系は数年の進化を許容できるかっていう問題があるので熟知して買うなら有りですけれどねえ。難しいところ。私はパスかなあ。



デザインはA900の方が好み、あと重さもね。昨日は新しい方が良いんだけれど、これくらい価格を出すんだったらもっと頑張って高級コンデジに向かう方が幸せになれるかも知れません。

写真を撮るために行動するという事、それがなくなったのは本当かもしれません。
その為だけに時間をとることが出来なくなってきました。

バイクも結局お金と時間がもの凄くかかるわけで、それを今後の事を考えたときに合理的にみるとちょっとなとなったわけです。人もですが。まあ、お金と時間を全て捧げるほどにまでは注ぎ込む趣味にはならなかったですね。経験は良かったですが。

で、写真はというと、変わらず好きです。お金はないのですが、実はちゃんとフォルダーにファイルは貯まっていっています。


2019pc0013


撮影もしないのにカメラは欲しいでしょ、そういうものです。コンデジ欲しい秒は良くきます、たまにきます、定期的にきます。

今はね、というか前からですがフィルムシュミレーションがついているフジのコンデジ使いたいんですよね。でもちょうど良いのがない。X100Fは大きいし、X10F良いなと思うんですがちょっと、もうちょっとなと。


それ以外だとSONYのRX100シリーズね、5Aが欲しいですよ。アレなら欲しいです、もの凄い高いですが。

ということで、今日は久しぶりに写真を。P20 liteで撮影。私こういう色調が好きです、だから調整しました。ドキュメント系写真にある感じって、確かにと思うクラシッククローム。本当はこれを使いたいんですよね。(参考 https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/film-simulation-classic-chrome/

カメラとしての良さはNikonが好きなんですが、D7100はなかなか出番が少なくて。大きいし。もった感触というか、こっちの方が上ですが実はD80の方がしっくりくるんですよね、不思議と。もう、いろいろベタついてきたりするので、とっておいてある位のものですが、撮影するには問題なかったりします。この辺はさすがです。

コンパクトさって重要ですよ実際は。S90は未だに現役ですから。まあ、その延長線上にほぼメインでいけるであろうRX100m5Aだなってね。

何するにもお金いるなあ。一回さわってみたいなあ。電気屋に行く暇もないですわ。それではまた。


 ANE-LX2J8.0.0.145(C635)にバージョンが上がりました。


2018pc0126



・スクリーン録画機能が時間制限無しに強化される。
・画像編集時の一部フィルタのUIテキストの表示を最適化。
・一部のサードパーティー製アプリの互換性最適化。
・9月のGoogleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化。

以上でした。

↑このページのトップヘ