カテゴリ: 携帯・デジカメ

 ANE-LX2J8.0.0.145(C635)にバージョンが上がりました。


2018pc0126



・スクリーン録画機能が時間制限無しに強化される。
・画像編集時の一部フィルタのUIテキストの表示を最適化。
・一部のサードパーティー製アプリの互換性最適化。
・9月のGoogleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化。

以上でした。

 というわけで、すねてても仕方ないので散歩に出かけたのである、珍しく。


2018pc0106

 P20 liteのワイドアパーチャ機能とかいうの、擬似的にぼけを作ってるやつな。大きな画面で見ると明らかになんですが、これくらいなら気にもならない。擬似的な意味合いだろうけれどF値表示もあって1.8とかもあったりする。スライダーで動かせるから使い勝手はまあまあ。解像感は高いから、以外といいんじゃないと。ほんの少しだけ青(緑)寄りなのはどこかRICOH機を思い起こしますな。



2018pc0109

 小石や砂も判別できるこういうものが、スマートフォンに付く時代なんですよ。この前もらったカシオのデジカメ(以前の記事)もそうですが、各社のローエンドコンデジってもう駄目なんですよ。現在の価格に見合っていない。スマートフォンの台頭がそうさせているのは事実でしょう。レスポンスや機能、画質に至ってもスマートフォンに一切勝てません。カメラとして独立したものを持っている意味はもちろんですが、スマートフォンと同等のレスポンスと画質が無いなら無理でしょう。それほどにスマートフォンのカメラは性能が良くなっているんです。


2018pc0107

 P20 liteのワイドアパーチャ機能って二つのレンズでフォーカスされている部分とそうでない部分を二眼で捉えている。アップだとここからぼけてるっしょ、いいですよねみたいな感じなのだが、被写体によっては底まで気にならないのが現実なんだよね。弱めにかけると良い味になるかもですな、

AmazonリンクはHOLGA とかもあったんですが、これにしておきました。

というわけでリリース。

新三國志 (https://shinsangokushi.com/


2018pc0067

 P20 liteになったことでアプリを気にせず入れられるようになりました。SH-M03では多分やらないというかやれないだろうなと思っていたのですが、容量画面の問題がクリアになったことでインストール。大画面なので問題なく細部まで見ることができます。

 それでも高性能CPUを搭載というわけでは無いので、画面描画は落としても良いかなと思っています。その方がサクサクするならそれでいいので。あとはシステムをイマイチまだ理解できていません。チュートリアルを終了した程度ですから、まあよくわからんというのが正直なところです。

 これ、未だ詳細を把握していないから設定でなんとかなるかも知れないという前置きをおきて、現状での難点は取得したアイテム表示時間が短すぎることがあります。確認する前に消えてしまうんです。あとで確認すれば良いんでしょうし、わかってきてからは見た瞬間に判別できるから問題とまでいいません。ただ、やり始めで三國志の世界観を理解していない私には取っつきにくさを感じています。それからキャラクターボイス(以下CV)も多分カット出来るはず。有名どころを起用しているのでメジャーな武将は聞いてみたい気もしますが、結構うるさいので。

 続けるかどうか難しいところ、三國志を読んでいるからやっているってのもありますしね。しばらく様子見てやってみます。

smartphoneなのに携帯たぐっておかしくねーか?っていう事は無視します。

 少し前から降ってきているようだったので、セキュリティーアップデートきていたので更新しました。

2018pc0062
 なんていうか、総じて動作が軽いんですな、そこがいい。


2018pc0063
 調べてみましたが、セキュリティーアップデートでした。時間も短時間で済みました

 んでまあ、なんですか、現状のデスクトップ?ホーム画面?だっけ、がこんな感じ。

2018pc0061
 仕事がてら中村区に行っていたので、P20 liteに最初からあったHUAWEIの天気アプリが移動時も表示してるのかと思ったのでスクリーンショットとりました。設定で三本指を下にスワイプでスクリーンショットするようにしたので試したかったのもある。

 デフォルトのホームでは無くてGoogleのデフォルトのやつね。基本的には一画面運用したいので、似たようなものはまとめてあります。上段のツールはHUAWEI独自の利用頻度の低いもの、Googleはニュース以外のツールをまとめてます。メールは使い勝手が良かったのでHUAWEIのものを使っています。動作が速いので乗り換えです。gmailはInboxで専用にしています。Wazeは入れたものの電池の消費がかなり凄いようで、消す予定。

2018pc0058
 セキュリティーアップデート後のロック画面。これ、指紋認証と顔認識のダブルにしてあります。あと、モーションコントロールの組み合わせです。持ち上げて→顔を認識して解除の流れ。普段はロック画面を殆ど見ません、確認する暇も無く解除です。超高速。わざとカメラの視線を外して撮影しました。

 皆さん言っているんだけれど、横幅が細いために持ちやすさはかなりいい。大きさを感じさせないの。Zenfone2と重ねるとこっちはかなりちいさく感じちゃうイメージ。高さはあるけれど横幅より不便さはあまりなかったりする。

2018pc0059

 貼ってあるかわからんようなフィルム、カバーでほんの少し端が引っかかって浮くときもあるけれどズレたからね。そうでないなら完璧でしょうこれっていうくらいわからない。カバーもTPUタイプが付属、フィット感は最高。もともとTPUタイプが仕事柄も使い勝手からも一番合っているので、本体購入でこれが同梱されているのはとてつもなく嬉しいです。

 もう一つ嬉しい誤算だったのは、アイコン通知があること。右上に更新されたよって青丸が付く。SH-M03のときはわからなかったので、あればあったでやはりいい。


2018pc0060
 ケーブルも追加購入しているのでそれはまた今度ですが、typeCね、コネクトするところ。どっちでもいいやと思っていたけれど、向き云々ではなくてカッチリハマるのが良いかも。ぐにゃってならないのが良いの。考えなくてもいいから、これからはこの方向になっていくんだろうな。

 現状電池のもちですが、モンストやりまくってたらすぐ無くなります。一方、今日の私の仕事の予定などのように、あまりさわる余裕もなくっていう状況だと「案外もつやん!」という感想を持ちました。

 とりあえずの所感1ってことで。


 もう、おそらくSH-M03はwifiが駄目です。おそらくではないか、おそらくというのは物理的に駄目なんだろうなという憶測。無線LAN機能が全く保って駄目だというのは、確信で買って確定した事実です。それ以外は逆説ですが問題ないわけですが、使途はこの先あてがあるために取っておきます。

 一昨日の今頃に注文して、昨日の午前中に到着していました。どれだけ早ーんだよ。

 前はJSバックアップを使って移動させましたが、今回はGoogleで行いました。極めてスムース。何の問題も無く終了。一部連絡先などもインポートで一発KOです。ゲームはモンストだけですが、これもデータ反映のダウンロード時間だけがかかったもののそれ以外もバッチリ。

 安い二枚入りの液晶保護フィルムを貼って表面はOK。カバーはHUAWEIって付いてくるんですよ、なんと箱に同梱です。TPU仕様なのでドンピシャ、私にはもう買う必要が無いのですな。最高!

 microSDカードはなんとトランセンドでした。バッチリね。本体写真やらセットアップなんかはいろんな人がレビューしているのでそれ見てください。


2018pc0057

 手ぶれ補正は無いけれど、もうこれで十分じゃんか。おっそろしい。P20 Proは凄まじいらしいですが、倍の値段しますからね、私にはこれで十二分にいい。

 アプリの起動速度や画面遷移、いろんな事がSH-M03よりも2テンポ早くなりました。体感で早い。もちろん、すぐに開発者モードで余計なアニメーションなどはカットしました。

 とりあえず、報告まで。また何かあったらしばらくはネタにします。

↑このページのトップヘ