中央自治区マンナッカー イメージ画像

書籍・雑誌

「書籍・雑誌のタグあったんだ!」というのが先ずありました。  私と三国志との出会いは中学1年か2年の頃だったっと思います。いがぐり坊主頭で遊んでばかりいた頃です。同級生のうち3人が当時高価だったパソコンをもっていました。正確には一人A君は秀才で本人所有のPC88、

  このように書くと、大切な事柄が書いてあるから読んでおけという封に取る人もいるかも知れない。そういう意味ではありませんのでご安心ください。 黒表紙のハードカバーが見えるでしょう、それが「読まなくてはいけない本」です。無償で提供されている故に、フィードバッ
『読まなくてはいけない、そういう本。』の画像

 書籍・雑誌カテゴリーが存在していたことすら忘れていました。因みに「スイッチが入らなければとても長くかかってしまうんです、私の読書」というのが、先に結論を書いておくと“オチ”です。  スイッチというのはまあ、没頭したりとかそういうある種の「モード」に入った
『スイッチさえ入れば一瞬なのが読書。』の画像

2013年の読書メーター読んだ本の数:20冊読んだページ数:4516ページナイス数:51ナイス誰も教えなかった“自分流写真"の方法 (玄光社MOOK)の感想気楽にいこう、好きに撮ればいいじゃないという本。 文章は少ないので絵本のようにぱらぱらと読めます。 撮影技術に関する本で

2013年12月の読書メーター読んだ本の数:2冊読んだページ数:437ページナイス数:4ナイス[図解] 池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)の感想サクサクと読み進められて、理解しやすい良い本です。直近の経済の流れをさらっと読みながら感覚として『わか

2013年10月の読書メーター読んだ本の数:2冊読んだページ数:283ページナイス数:2ナイスパンダをいくらで買いますか? ストーリーで学ぶファイナンスの基礎知識の感想ほんの少し興味が出てきたところにであった本。無知識でスラスラ読める。からなかったら再読できる分量。こ

題名の通りです、お盆前に買いました。一月も経たないうちに、新型のPaperwhiteが出ました。Kindle Fireのアナウンスはあったのです、だからもしかしてとは思っていたのですが、それなりにショックはありました。最初に結論からいきます。べつに自分のでもよかったとホッとし

ちょっと抜けている部分がありますが、Kindle Paperwhiteを買っているので無料のものが多いです。 2013年8月の読書メーター読んだ本の数:4冊読んだページ数:1128ページナイス数:4ナイス 羅生門の感想読む毎に新しい発見がある。善悪、価値観、理性、正義の定義。また、

風邪を引いたこともあって、途中からは本なんて全く読めていなかったりします。2012年11月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1667ページナイス数:19ナイス重力ピエロ (新潮文庫)の感想途中から予測ができてその通りだったので、僕には珍しい本でした。内容は

  話の内容を含みます、これから読まれる方はご注意願います。 優柔不断な冨士雄と快活で明朗な美咲という二人の若い夫婦の物語。『終末のフール』は共通の衝突の避けられない小惑星がくるその日まで後3年というタイミングでの、それぞれのストーリーの一つ。 8章構成の

↑このページのトップヘ