カテゴリ: パソコン・インターネット

安いからこれかなと思ってたの。

 

「ちょっとうるさい」というレビューがやや目立つので気にはなっていたが、その理由がおそらくこれ。

二つのファンがあって直径がそれぞれ異なる。

80mmと70mmのようですが3pin接続のため70mm側は常に前回で回っているようです。レビューで見かけました。んー、するとこれはちょっとアレですね、私は嫌かも。冷えるかどうかは問題なく性能も出ているのですが、静音ケースでもないのでそこは出来れば静かな方を選びたい。

玄人志向のこれの方がファンやヒートシンクの大きさを考えると冷えそうな気がします。

 

何度もいいますが、MSIは欲しいけれど手が出ません。高すぎる。なのでこの玄人志向のかドスパラのPalitなんですよ。

 

ギャラリーでみるとよくわかるのですが、結構思想が違います。Palitの方はプラスティックながらもバックプレートがついていて、背面の排気口はハニカム構造になっています。開口部面積は玄人志向よりも大きいので、内廃棄型とはいえ有利に働くかなと思ったりしてます。どうなのかな。

はい、ということで今のところPalit注目しておきます。ではではでは。

ディスプレイが云々と言っていましたが、21インチが遊んでいるのでこいつをつなげるかと思って変更しました。

2020-04-06_21h28_46
右に移っているのは買おうと思っているスピーカーのレビューしている方のページ。

ということで見ての通りかなり小さいのですが、案外21インチって見やすいんだなという印象です。普段は右の24インチをメインに見ていて、左のモニターはサブ扱いだったため、21インチもサブ的に考えたら案外いいかもって言う感想を持ちました。

買うならベゼルレスに変更したいんですが、今困っているわけではないですので。この21インチもサブなら問題ないですね。ただ、アナログRGBとHDMI位にしか対応しておらず、元来右がHDMI接続だったのを変更してこちらにしました。ですので、右のモニターはDVI-Iで接続されています。


ここで問題が。音ですね。私こだわりはないのです。基本的には右のモニターから出力させていました。聞こえればいいか的な。前はHarman Kardonを持っていたんですよね、実は。だいぶ前ですが、DELLのデスクトップを買ったときにオプションでつけました。かなり良かったんですが壊れたので捨てて以来、出ればいいやと我慢していました。

音はHDMI接続された側ででるのですが、まあこの21インチの方がしょぼすぎるのですよ。貧弱すぎて困る。24インチも貧弱なのですが、21インチの方は耐えられないくらいか。ですので、ゲーミングヘッドセットのG633sを前に置いてならしていたりします。案外この方がきれいだったりしてw。ちょっと見えにくいですが、キーボードの上に置いてあります。

椅子に座ると写真で見ているよりも21インチはずっと小型に見えていて、サブモニターとして完全に今までと使用感が異なるものの、サブを参照しながら24インチ側のメインで作業をするにはいいかもしれません。

今までですとメインは右なのですがなるべく同じ高さで連結させていましたが、今の仕様は右を正面に据えて左は小型で小さく上向きにしてチラチラ密ような感じで使っています。

しばらくはこのスタイルで試してみますが、机が狭くなっちゃったなあとは思いますねえ。さてさて、どうしたものか。

ああ、あと安いスピーカーを買う予定。評判がいいし、何より今が劣悪なので・・・・・・、千円ちょっとなのでそのうちポチります。

今使っているのは主に2画面であるデュアルモニター構成を実現させるため、価格優先で購入したNVIDIA Geforce GT1030というボトムに位置するモデルです。






まあ、なんですか、1年半くらい経過しましたが、順調に使っています。そういう意味では問題ないです。ただ、ただ、いろんなソフトを手に入れてきて画質的に苦しかったりするものも出てきたと、そういうことです。

条件的には1080p 60Hzで問題ないです。


昨年9月くらいにこれくらいがいいなと考えていたモデルは以下の通りです。因みに金額は全て上昇しています。

・RADEON RX570
・RADEON RX580
・RADEON RX 5700(この価格帯はもう頭にはありません)

結局というか、AMDつかっているしMSIでそろえたいしで考えて居たのですが、RX5500、5600が登場したものの割高感は拭えず、今はNVIDIAかなあと思っています。背に腹は代えられない。


MSIはちょっと高級なお高いイメージでだいたいあっているので、そこを考えずに価格と求める性能を考慮してみますと大体の場所が見えてきます。

性能表はこちらにあるので参考にしてみます。
 

消費電力、売価、性能でいってくると30000円以下が上限です。ステップアップは効果が実感できること、長持ちできそうな性能であることが重要なので、現在よりもほんのちょっといいものでは意味がないです。

スコアを抜粋して検討にしていたものも含めモデルで分けてみますと、以下です。

2020-04-05_12h27_00
*価格は2020/04/05現在の全てツインファン搭載の最安値です。GTX 1660 Suの価格は25327円が最安値でした。まあだいたいでw。

あ、GT1030はシングルファンですがおいておいて。基本的には2つでゆっくり回す方が静かな傾向にあるので、頭の中ではツインファンに限定してます。あとはTDPが高すぎるので例えばRX 590は効率的に悪いため除外することになります。ちなみに1660Tiになると30000円を超えてくるので話が変わってきますので、上限が1660 Superになるわけですね。

RX 5500XTが以外といいのですが、ドライバーの安定度を考えるとまだちょっとNVIDIAに部があるのは否めません。応援したいのですがね。裕福ではないのでごめんなさい。5700XTはいいけれど、価格帯がね。

以上からいま最安値付近のGTX 1660 Super狙いで考えて居ます。

今日現在だとこのあたり。
2020-04-05_12h45_13


リンク先はクリック時の価格.comの最安値です。


この中だとどうでしょうかね、一番上はシングルファンだから除外するとして、出力ポートでDVI-Iあるもの選ぶかなあ。価格差が1000円以内なので、どれでも同じだと思いますが。まあ、そんな感じですか、今のところ。


それと、関係ないのですが左に鎮座する三菱のモニターがややくたびれてきています。使用頻度がものすごいし11年経過したのでね。ボタンがおかしくなったり、画面が安定するまで時間がかかるようになってます、実は。しばらく21インチあるからこれに切り替えても面白いかもとは思っていたりしますが、まあ、24インチのベゼルレスほしいかなあ、上下動かせるもので。当面4K環境はいらないので、そういうのも見始めてもいいかなとか。

ではではでは。




これも個別タグないけれどいいかってことで、LARA CROFT AND THE TEMPLE OF OSIRISですがクリアしました。TOMB RAIDERと同じでCovid-19で在宅中のストレスをためたSteamユーザーに、無料でダウンロードできたものです。因みにこちらは最初から完全に日本語対応です。

全ての設定はデフォルトですが、とりあえずクリア。都合、子どもが横でずっと見ていたので三日間です。Tomb Raider1、TOMB RAIDER、Might & Magic X Legacy、PORTAL2は内容を共有しているので一人では進められない事情もありました。

2020a016


この休みを使って出かけられないしということで、一気にやってなんと一気に終わりましたw。
因みにですがこのソフトは購入すると2200 JPYですからねえ。

2020a017
画面はもっときれいに設定で変えられますが、私の非力なGT1030ではカクカクでまともに動きませんでした。これが限度かな。ストーリーは単純でわかりやすく,子どもも楽しそうです。グロテスクな表現もなくいい感じで、そこはTOMB RAIDERとは明確に違いました。

UI、フルボイス、テキストメッセージすべて日本語対応していて、わかりにくいところはありません。洋画って感じです。

難点は操作性ですか。キーボードでやりましたがちょっと面倒でした。もしかしたら投げる人もいるんじゃないかなと感じます。爆弾は<Q>キーで使いますが、押し間違え頻発で<R>に変更しました。それでもやりにくかったかな。

コントロールパッドなどで出来るならその方がいいと思います。割とアクション性もあるので、かなりキツい部分もあり、私はクリア優先でやったのでいいのですが、もっとアイテムをとか考えると一気に難易度は上がると思います。

クリア後のお楽しみ要素もありまして、いろいろ深掘りできるのですが、コントロールパッドじゃないとちょっとその気になれないなと言うのが正直な感想です。

とはいえ、高価なものを無料で出来たこともあり、楽しめました。久しぶりに通しでクリアしたので満足感はあります。

ではではでは。



ぶっちゃけ、もうすでにやっている人も多いと思うんですが、COVID-19の治療薬作成に関する解析に、自分のマシンの余剰パワーを割り当てて貢献するってやつです。SETIとかで有名な分散コンピューティング活動です。



上記ページが公式のポータルです。

Start Forldingに行くと該当の病気に関して選択可能です。

2020-04-01_20h38_13
私の場合はCovid-19に参加しています。

2020-04-01_20h20_14
Covid-19でWindowsのインストーラーをダウンロード。


2020-04-01_20h28_43
普通のインストーラーなので迷わないはず。

2020-04-01_20h28_54
特に難しいことはないはずです。

2020-04-01_20h29_35
ここで緑のボタンを押せばスタートしてくれます。

2020-04-01_20h31_09
一応私はとあるチームに参加していますが。チームに参加しなくても貢献度は変わりません。チームはあくまでゲーム要素を加味しただけです。

設定はちょっとだけありますが、特にさわる必要はないと思います。アイドルだけにするか、フルで使うかとか、いろいろマシンパワーや使用状況に合わせてやってみてください。

ちなみに黄色丸は動いていない状態で、緑になると走っている状態です。ダウンロードや条件によって動かない時間が結構あるので、そこは気長に待ってみてください。

アップロードしてしまった。

で、動いているときはこんな感じ。

2020-04-01_20h49_31
両方が緑です。ちなみにPowerがFullにしているとこうなります。


2020-04-01_20h49_44
CPU使用率は100%になります。かなりのもんです。

2020-04-01_20h51_28
電力消費は201W、GPUも使っているのでそこそこですよね。CUDAコアを使います。関係ないですがGTX1050のCUDAコアは540基もあるのに、GT1030は384基しかありません。


2020-04-01_20h55_31

こちらがPowerをLightにしたとき。ちなみにGPUは止まっています。

2020-04-01_20h55_36

これだと135W位ですね。

MidiumだとGPUも使用するようです。私の環境の場合ですが、他はわかりません。Fullだとスペックによっては相当の電力を食うので、いろいろ考えて設定をするといいでしょう。

貢献できるといいなと思います。

Firefoxは快適に使えています。何がどうなってるかw足しはわかりませんが、Chromeでもたつく部分がかなり快勝されていて、基本的に使うのはこっちに今はなっています。

連携というか動機に関しては、スマートフォン、ノート、デスクトップの3つでFirefox Syncを使って不便はないです。ブックマークやパスコードも全て引き継げているので勝手の違いだけまだ慣れませんが、それ以外は快適です。

ただ1点を除いて。


マウスのホイールをつかったスクロールがなんか違う


見てみるとChromeやEdgeなどとは違って明らかにスクロールが遅い感じになります。さすがにスカッと使えない。最初はスクロール量の設定がリセットされちゃったのかなとか思ったのですが、設定自体の変更はかかっておらず他のアプリケーション上ではいつもと同じでした。Firefoxだけで症状が見られるわけです。

検索すると直ぐに出ました。

Firefoxのアドレス検索バーのところにabout:configといれて、Firefox自身の細かな設定を変更するらしいです。該当ページが現れる前に注意が出ますので自己責任で行ってねということです。
設定検索欄でmousewheel.default.delta_multiplier_y を出しますとスクロールの数値がでるので、初期値の100から増加させてやると速くなりました。1000十かもやったのですが、ちょっとw。結局200に落ち着きました。

私のような情報弱者は、うまくネットを使って賢人たちの知識を使わせてもらってます。

一時期YouTubeのチャンネルでいろいろ上げていましたが、あの頃の最後の方で多めの再生回数が1万5000回程度でした。収益化をしていなかったので、もったいないかな、続ければ良かったかなとか思い始めていますが、正直なところ映像編集ってやるとわかるけれど、かなり面倒です。

時間もかかるし、試行錯誤したときもそうだし、エンコードやチェックなんかも馬鹿になりません。前に使っていたのはたまたま同じソフトのずっと前のモデルでした。ProX5でしたね。

Core2Duoとかでやっていて、猛烈に時間がかかっていた記憶があります。さわりながら覚えていたので、津明ける機能も限定的でしたし、そのときあったのかな、スマートプロキシを有効にしたら軽く出来るんですが、最初はそれもしらずハングアップすることばっかりでしたねえ。

毎度のことですが、私のPCスペックはビデオカード以外大幅に上がっています。

2019-12-22_16h07_35
この温度は無負荷時ですが、27℃ですよ、異次元です。これが15000円のCPUとか信じられない。あとは超静かなクーラーのおかげか。

実家にビデオカメラ持って行っても面倒だったり給電の面倒とか、その他いろいろあるので、ネットで見られるようにしておけば楽ですよねえ。こんな使い方忘れていましたよ。

ということでした。因みにUltimate番なので、結構いいやつです。



懐かしいなあということで、写真を見てたら出てきました。


2019b201
Radeon HD 5770です。

ドスパラのスコアで言うと、
・HD5770    47
・GT1030  75

ほんとにちょっとしか変わってないw。
いいのよ、そのうち買ってやるから。

そのうち、
いつか。

わからないけれど。


普段はシステム内蔵でSSD1、外付けHDDが単体で1、デュプリケーターで2の4ドライブ運用です。
そこに余っていたSSDを一つ付け加えました。


2019b195
下にあるシャドーベイにシステムドライブは鎮座しております。ここにはもう一つ空きベイがありますが、今回は見た感じの変化と取り付けやすさ(線の取り回しの関係上楽な)場所につけることにしました。

2019b197
下があいているでしょう。ここに持ってこようとすると電源コードを増設する必要があって、押し入れから出すのが面倒だったのでやめましたw。


2019b196
くっつけるのはこいつです。N400ですが400GBのモデル。


2019b198
SSDと刻み込まれていますが、上下に1機ずつ、計2機搭載可能です。下につけようと思いましたが、ファンのケーブル取り回しを変更する必要があったので上側にしました。



2019b199
ケーブルは完璧な位置で取り回し可能でした。SATAポートは3番を使用、SSDへの接続線もうまく隠れる感じでナイスです。素晴らしい。やっぱりこのケースはイイネ。


2019-12-08_22h13_40

現在のドライブ構成。dataは結構圧迫してきてますが、ここのものはHDCZ-UTにもフルコピーしてあります。バックアップのバックアップな感じ。更にそれをGoogleドライブに写真などだけですがバックアップをとってあります。三段構えですね。

持っているCyberPowerのUPSもあるので、割と安心できます。









2019b194
見た目の変化は少しですが、このケースは最高ですね、いいですかなり。
SSDもきれいに収まっているし、かなり気に入りました。すばらしいなあ。





マジであかんです、印象が悪くなりすぎた。
セキュリティーソフトで有名なトレンドマイクロです。



今回の問題は、「今までにテクニカルサポートを利用した顧客情報が流出。従業員が不正に持ち出して外部で悪用されていた」というもの。







発覚は8月で原因特定が10月、よって発表がこのタイミングということなのだけれど、売りである迅速にという部分でいささか不安定さを醸し出しています。

以前私はこんな記事を書きました。


これも結局はトレンドマイクロの危機感というかうやむやにしたい意思を嫌だなと思ったからですが、はっきり言って信用に値しないです。残念ながら。

他も同じかもしれません、見えていないだけだと。そうかもしれませんね。でも、見えちゃいけないんですよね、何度も。

私としては前回の件が今回の事件よりもより悪質で狡猾だと感じてます。

あかんですわ。



↑このページのトップヘ