カテゴリ: パソコン・インターネット

一定期間でやろうと思っていたのに、結構な間忘れていました。期間にして5ヶ月ちょっとということで、いってみます。


1.収益関連

Amazonギフト券                                                          682円
AmazonVine (6月から11月9日まで配送料分込み)  58681円

もう、Amazonさんから逃れられないじゃないか。というか、ありがとうございますとしかいえないな。Vineについては片っ端から頂いていることもなく、欲しいけれど置くところや音が出たりしてテストできない商品は結構止めていたりするので、それを入れると高額商品だとかあってこの倍くらいにはなっちゃいそうな気もします。積極的にいっていないのはあるかも知れない。それでも、日用品から装でないものまで実際に助かるものを使っているので、駄目なところなども正直にいかせていただいている。

プライムの分はというかそんな次元でないくらい恩恵を受けております。

"フボフォーン・・・・・・ッ・・・・・・、カリカリカリカリ・・・・・・"

 スリープ解除でCPUファンが回る音と共に、SSD化されていないシステムが入ったHDDが動き始める。

 ムカつくんじゃーッ!

 というわけで、ここのところ無かったはずのスリープ解除事案が結構な頻度で発生しておりました。ここに突きとめ息の根を止めてやったので手順を書いておきます。前も書いたかも。

 イベントビューアーを開き、ソースでPower -Troubleshooterをチェックする。イベントビューアーはスタートボタンを右クリックから、イベントビューアー無いの右カラムからカスタムビュー作成→ソースごとのPower -Troubleshooterを選んで作成するとみられます。

2018-10-02_21h43_24


 ログを見て下人が特定できればそれを、無ければ上記のように不明ってなるんですが、んじゃあコマンドプロンプトを管理者権限にて実行して以下を実行。


2018-10-02_21h42_43

>powercfg -lastwake
最後におきたのを特定し

>powercfg -devicequery wake_armed
起こしたデバイスを表示してくれる。

あとは該当目覚ましデバイスをデバイスマネージャからプロパティ内で起こさないでってやって上げる。

私の場合はネットワークコントローラーでした。Realteek PCIe GbE Family Controllerがそれ。


以上。

灯台下暗しでありました。完全に気がついていませんでした。これがセキュリティーの基本なんでしょうね。何の話かと申しますと、NTT西日本で使用している光回線とセットになっているセキュリティー対策ツールがトレンドマイクロのやつでしたって事です。

 調べた切っ掛けはこれ。

トレンドマイクロのWeb閲覧履歴無断送信問題、ウイルスバスターなどはAppStoreから削除に #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/15299645/

 完全に私の頭の中で他社のものだと思っていたので、疑うことすらしませんでした。結構前からいろいろ言われていたので、自分は絶対に買うもんかくらいに思っていたのですよね。しかーし、なんとビックリしたことに使用していたセキュリティー対策ツールってトレンドマイクロのものだったんですよ。エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?ってなもんです。

 てっきり月額課金制と思っていたのですが、基本の価格に1台分のインストール権利が乗っかっていました。だからというわけでは無いですが、ずーっと長い間個人情報をぶっこ抜かれていたって事で気分はよくありませんです。

 少し前のNHKでやっていた番組についての詳細な記事がありますので、こちらも参考になるかと思います。NHKも大概ですよ。

NHK、トレンドマイクロの言い分を垂れ流し。本当に必要な対策を掲載せず https://smhn.info/201807-nhk-trendmicro @sm_hnさんから  


 早速アンインストールして、その後レジストリークリーナー的なものでゴミも削除。ぐんぐん使えるような状態に、いや、もう問題ないよってくらい良くなっているWindows Defenderに切り替えました。ほぼ手間いらずで、とにかく軽量。パソコン自体が軽くなりましたからね、体感で良くなってます。

Windows 10 は Defender だけで十分なのか?標準搭載のウイルス対策ソフト - Tanweb -  http://tanweb.net/2016/03/22/7336/

 いや、これは何年か前とは違って十分でしょう。今回は良い切っ掛けでしたので、気分もいいです。トレンドマイクロは今後1㎜も信用に値しませんな、二度と使用しません。



 以前ノートパソコンを妻用にと買いました。完全専用機ではありませんが、基本的には妻の
もので子どももたまに使う程度です。用途は比較的軽いために当時最新の低スペックな仕様の
ものです。


kaden_laptop

 本ブログの過去記事 「HP 15-bw000 価格.com限定 フルHD非光沢搭載モデルが到着」
http://judecca.blog.jp/archives/24248080.html)にありますが、15.6インチの安いフ
ルHDモデルです。一言で表すと「一通りのことは出来るとても遅いパソコン」です。

 全ての反応が緩慢で、私が個人的に使用するには正直かなりの我慢を強いられます。使い続
けるには相応の理由が必要なほどですから、私には使えないものです。かといって、一応
DVDドライブも搭載している大きめのノートなので、快適とは無縁ですが思いようとでな蹴
れば全て可能といえばそうかもねという格安ノートです。

 このノートパソコンをバイクに取り付けてあるサブコンの設定に使用するつもりでしたが、
どうも相性なのかうまくいきません。数回ペアリングから試したものの、ソフトとの接続まで
うまくいかない。うまくいったのはiOS搭載のタブレットだったので、猛烈に使いにくいのを
承知で暫定的(緊急的)に使用しています。

 そこでまあほら、自分にとって実に都合良いノートって無いのかよとなるわけですが、ある
程度快適勝つ屋外に持ち運ぶ事を考えると価格って相応に変化していくのです。控えめに言っ
て高い、無理な値段です。単純に動くだけならというのはありますが、プラスして普段も快適
にはどうしても譲れません。そこで、「ああ、見た目はどうでも良いから中古だな」となりま
した。

 最初はThink padを考えX220~230を中心に探したりもしていました。実を言うとこれは
これで選択肢にしていて保留、もう一つとして出てきたのがLet's Noteでした。そう言うか
らには、現状こちらに気を取られているのですよ。でなかったら、こういう風に書きませんか
ら。

 二つともにていて、企業リースアップがまとまって中古市場に出回ること、頑丈なこと、新
品だとかなり高額なスペックであることが主な共通点だと思いました。 見た目がかなり違う
こと以外はにた用途で使用される感じの印象ですね。私の様に肉体労働者とは無縁の世界で
す。

 たとえばLet's Noteだと3万円ちょっとで外装が難有りだけれどオプションてんこ盛りで超
バーゲンプライスのもの、メーカー系リフレッシュノート、販売店主導のリフレッシュノー
ト、その他に分類されます。それも一長一短で、たとえば最初の難有りだがてんこ盛りだと、
2~3世代のCore i5、HDD→新品SSD、Windows10 64bit(正規)、Office2016正規品がく
っついてきて3万ちょっとなのですな。ただ、外装はかなりボロイと。どう捉えるかなんです
よねえ。

 毎日ストレスが半端ないのですが、現状はこれだけが支えです。



 前にこんなパソコンを買ってですね、書きました。

HP 15-bw000 価格.com限定 フルHD非光沢搭載モデルが到着。

 で、連呼しているとおりでデスクトップPCがおいてある部屋は灼熱です。ずっとエアコンを入れていて尚且つ、サーキュレーターを用いて集中的にあれこれしますと何とか可能です。ただし、夜間か午前中のみですね。午後から8時くらいまでは、無理、もう無理、マジ無理。襖を開け放ったら他の部屋がキツくなりますから無理なのです。

 ちょっとスマートフォンで見るには小さい師面倒出しということでノートで探したり調べたりして追ったのですが、HP 15-bw000ですね、お勧めできないw。この価格でフルHDでいろいろと可能な事は可能なんですが、使う上でのストレスが半端ないです。

 余裕を持って起動しておき、何か一つのことをとりあえず行う事には事足ります。問題ないです。達成可能という意味においては。ただし、トラックパッドなどの反応や追従性、処理速度などにおきましてはお世辞にも「いい」とは言えないレベルです。

 たとえばDVDを見る、ネットにつないでHuluなどで映画見たりちょっとインターネットでとかなら、出来ます。出来るけれど、作業っていう風な考え方だと駄目です。駄目。ストレスが溜まる。私はメインに使わないのですが、それでもなんか遅いとかいいますからね。そうでしょうねと。

 この前Tweetしましたが、中古のThinkpadはありだったかもと思いました。今風に使いたいのであればオプションでメディア付きWindows10、目盛り追加、外付けDVDくらい入れてもX220とかが3万ちょっとくらいで手に入る。SSD128モデルですが、HDDモデル買っておいて新品のSSD128GB入れても良いかもしれませんが。

 上記の例でCPUは前のものといってもCore i5ですから、SSDとの合わせ技でHP 15-bw000は言うに及ばず体感では私のデスクトップより間違いなく快適でしょうし。この度からノートを燃調マッピングのいじくりに使う予定なんですが、あれじゃあなあとちょっと思ったりしました。

 これまたお金無いんですけれどね、作業しようっていうにはHP 15-bw000ではキツいなと思って、もし自分で買うなら中古Thinkpadいくかなと思ったしだいです。

↑このページのトップヘ