カテゴリ: パソコン・インターネット

 ヒーター強で炊飯器焚いたらアウト、ブレーカーが落ちます。細かくいうと、それ以外でもいろいろありました。冬場ですね主には、ヘアドライヤーとか併用したりすると落ちます。もう、またかとなるわけです。で、数年越しになりますが、やっとの事で買いました。安いやつ。


2019pc0011

奥に接地しました、モニターを前に置くことになるので直ぐ触れるしここがベストかな。仕様としては安価なので短形波タイプで330Wモデル。サージ電圧からの保護とか、ブレーカ落ちて遮断されたときに一定時間継電してくれるやつです。

ちなみに写真と違ってモニター一枚分は下に移設しました。メインモニターのみ上です。

その上だの下だのですが、画面写真の上の4口は停電時にバックアップとして働きます。下は通電しなくなるわけですね、もちろん全てがサージ電圧からの保護機能はあります。一応アプリケーションもあって状態を見ることができます。


2019-04-03_22h44_21

接続しているのはバックアップ側にPC本体、メインモニター、HDD二つ挿してあるデュプリケーターの三つ。下側にはサブモニターともう一つのHDDです。プリンターは今刺さっていますが通電させていない感じ。

接続容量はバックアップ側のみですね、それでブレーカ落ちて遮断されたときに約16分とあります。数分あればシャットダウンは出来るはずなので十分そうです。

高級品ではないですが十分かな、一昔前なら恐ろしい値段しましたもんね。


久しぶりにマウス購入。SX-3用にこれを買いました。

2019pc0002

静音マウスで少し小さめのもの。売り文句は静音、省電力です。耐久性はレビューによるとやや弱いみたいです。ただし実勢価格が安いので使い勝手が良ければ良いと思って買いました。

用途はSX-3用で、トラックパッドは最高なんですが家の中で食卓で使ったりするときはあった方が楽なんですよね、実際はマウスの方が当然早いし正確なのであればあったで効率は上がりますからかいました。移動時に使うことはほぼないとは思いますが、合ったとしてもトラックパッドの性能は高いのでマウスを忘れてもまあ良いかという程度に思って導入です。

マニュアルと、無線ドングル、電池がついていました。電池は見たことがないやつですが、直ぐ使えるのは嬉しいかな。


2019pc0003

これがどこまで使えるかは知りませんが、エネループは大量にあるので困りません。省電力だし文句はないな。



2019pc0004

ひっくり返すと手前のスリットが見えているところに電池を入れる様になっています。で、出っ張っている部分、これはわかるようにわざと半分出していますが、これがドングルです。こうして持ち出すときにはしまえるようになっているみたい。



2019pc0005

写し方でこういう風に写っているけれど、こんなに丸っこいわけでもなく、普通の形状です。symmetryで違和感ないデザイン。柄物のものもありましたが、気が散るのは嫌なのでこれです。デスクトップ用にはロジクールのものを使っていますが、大きさはほぼ同じ、デザインはこっちの方が落ちついた感じかな。



2019pc0006

ああ、気にすれば刺さってる感はあるけれど、ひっかかりはないし問題ない。大きさもベストマッチ。

で、一番の静音具合は凄いですね、ビックリするほど違います。かなり静か、これはビックリだな。次もこれにしようかなと思うくらい。ロジクールのも静音タイプが売ってるけれど、少し高かったのでエレコムにしました。

長持ちすれば嬉しいな。


めちゃめちゃ快適です、とにかく静か。ああ、CTRLキーはやはり端っこの補がいいなとは思い始めています。ブラインドタッチでここをミスるので。

で、HDDのわりに結構早いですよ、これ、案外にいい。

どのくらいのパフォーマンスなのかを指標であるWindows Experience Indexで見てみます。Windows10ではぱっと見ないんですが内部ではしっかりあります。

まず、Power Shellを管理者権限の方で起動します。

Winsat formal     

実行し終わったら

Get-CimInstance Win32_WinsSAT

とやるとわかりやすく表示されます。

で結果がこちら。


2019-01-31_22h09_54

想像以上に優秀で驚きました。これ、SSDに入れ替えたらものすごいことになりそうです。

購入モデルは12.1インチのモバイルノートパソコンです。検索すると出てきますが、ビジネスモデルでリースアップか何かで大量に出たものが中古に出回るあれです。

20190126_1905

購入したものの簡単なスペック。

CPU Core i5-4300
ディスプレイ 12.1インチワイド 1600*900
メモリ 4GB
DVDスーパーマルチドライブ
320GB HDD
バッテリー 大きいLサイズ
重量  1.4kg程度


SSDモデルでWindows10にアップデートしてあるモデルは、結構痛んでいてもかなりの価格が相場のようです。とはいっても、中古という特性上相応の傷などは当たり前。自分自身の妥協点をどこに置くかにかかっているのが不安と醍醐味ですね。

私の購入したのはHDD320のWindows8 Proモデル。工場出荷時にリカバリーしてあるモデルですので、全くのパソコン素人には厳しいかもしれません。そういう人にはそもそも中古は向いていないと思いますしね。

外観についてはざっくりと写真を撮りましたが、こればっかりは人によって感想が違うのだろうなと思います。基本的な相場の半額ちょっとくらいで手に入れることができたので、そういう前提からしても気にはならない範囲です。

ちなみに写真は、映像も同じですがきれいに見えるものなのですよね。


20190127_IMG_20190127_120702

天板は細かくいえば傷はありますが、ほとんどない方だと思うんですよね、全く気になりません。


20190127_IMG_20190127_120733

パームレストは双方とも少し傷ありですが、こんなの気になるレベルでもない。右側は真ん中に傷、左はそこら辺に少し傷とはげがありますが、はっきり言って目立たない。ただ、商品写真ではあまり気がつかないようなものなんですよね、肉眼で見るとしっかり見える感じ。で、気になるかというと、まーったく気にならない。商品写真は大体きれいに見えるから、そういうもんだと知っているといいと思いますね。私は値段から劣悪な状況を覚悟していたので、反対の反応ですね。


左側面は何ら問題なし。右側面はLANポートの上にかけがありますが、問題なし。無敵ですね。


20190127_IMG_20190127_121019


バッテリーパック側も問題なし、傷はついていますが、何の問題があるの?という程度です。なので、個人的には大当たりの外観と言っていいかな。こんなこともあろうかと、念願のATIステッカーも貼ってやりました。気分は上がりますよ。

型番でNXは光学ドライブなし、購入したSXは光学ドライブありです。使わないからいいやと思ったのですが、家においてあったパッケージソフトはDVDメディアだったので実は助かりました。書き込みは知りませんが読み込みに関しても問題はありませんでした。

このスライドスイッチで蓋を開閉しますが、電源オンじゃないと開かないんですね。最初は開くものだと思って開けようとして気になってやめて正解、無理にやっていたら壊すところでした。

スライドスイッチついでに、電源やWi-Fiもスライド式です。以外とよくって判別しやすいライトもついていますし気に入ってます。


20190126_IMG_20190127_120228

トラックパッドですが使い勝手は上々。モバイルなのでこれ以上の広さは無いものねだりでしょう。特にリングを指でなぞるとスクロールしますが、これが思いのほか快適で驚きました。触ってわかる感動ですね。すばらしい。反応もよく今まで津亜kって北中だとMacBookと同じくらいいい。クリックボタンはいまいち、感触という意味でいまいち。使いにくさなのかと言われると、実はそうでもなくミスは少なかったりします。

上にアクセスランプがあってストレージとSDカードはわかるのですが、そのほか3つはわかりませんマニュアルをどっかで拾ってきてみることにします。

20190127_0029

キーボードですが、使われたことによるテカリは相応にありますが印字がすれて見えない場所はありません。光の加減でよく見えますが、この程度なら気にしません。きれいな方じゃないかなと思います。もっと悲惨なやつはいくつも見ましたので、やはり安いのにこれなら外観は価格以上によいと思いました。一番見えるよいうにして移しましたが、普段はこんなに見えていません。実物を見られるなら見た方がいいかもなと。

打鍵感は想像よりずっといい、タイプしたときに静かなのがいいですね。ノートとしてはかなり上位に来るんじゃないかなと思います。もっともメカニカルのものには負けますがいいですよ。好みでいって感触が嫌いならThink padの方がいいんじゃないかな。

キーピッチはいくつなんでしょうか、ミスタイプが少なくてすぐにブラインドタッチができます。さすがビジネスモデルだけのことはありますね、素晴らしいと言っていいと思います。

今のところですが、下側の日本語配列独自のキーをミスタイプする回数は少ないのでよかったなとほっとしています。日本語IMEはATOKを入れてあるので、そのあたりの使い勝手も同じ、特に困ることはありません。

独自のユーティリティがあるようですが電源周りやそういう部分くらいしかいらなさそうです。上のファンクションキーも音関係と明るさくらいしか触らないと思います。

キー配列で気になるのはいくつかありまして、一番は日本語配列なこと。こればっかりはしょうがないので諦めています。短めのスペースキー、縦長のエンターキー、@や記号の配列がかなり違うのでそこだけは意識します。ただ小さいので手が届くから落ち着いて打てばなんとかなるかなと。

よく聞いた半角/全角キーとCtrlキーの位置ですが、以外と気になりませんでした。これは個人的なところが大きいでしょうね。それよりも遙かに日本語配列の方が変な感じがします。

ディスプレイはHD+ で12.1インチワイド液晶というサイズを考慮すれば十分。前に使っていたMacBook Mid 10に感じていた窮屈さはないです。まあ、もっと縦方向にあればうれしいですが、これくらいあったら許容範囲です。反対にノートでもこれより解像度が少ないと不満を感じるでしょう。

天板というか、ディスプレイ側というか、その部分のパーツですが、折りたたむとちょっとだけ締まりが悪いです。少し浮くというとわかりやすいと思います。左側根元を押して閉じるとしっかり収まるので、最初はうーんとと感じたのも事実ですが、半日たった今では全く気にしていません。やはり、価格以上の価値があるんですね、これ。よかったですよ。

いずれSSDに変更しますが、現状の感想はHDDでも以外と早いなと思います。そういう風に感じます。少なくともデスクトップのHDD時代よりも圧倒的に早いです。メモリの4GBも今のところは問題ない仮名程度。気になるなら8GBにで着るので心の余裕があります。






現在はWindows8からアップデートしつつWindows8.1へ。またアップデートしつつWindows10になっています。64bitのPro版です。最新まで当たっていまして、Defenderもしっかり効いているので安心して使える状態まで来ました。

時間はその分かかりましたが、アップグレードそのものはSX3以降はシリアルキーも内蔵なので余計な手間もなくすんなりできました。ダウンロードと途中の再起動が何回もあったり長かっただけでなんとかなりました。

懸念材料だったドライバーもデバイスマネージャで確認した範囲では自動で当たっていたこともあって、いい時代になったものだなあと思います。

 販売代理店とのメールのやりとりが数回続きまして、無事梱包状態までこぎ着けました。
書類に必要事項を書いたり、念の為にコピー(原本でなくとも良いため)を作成したりと地味に面倒でした。

ただ、販売店さんの対応はしっかり丁寧で現状は好感が持てます。GT520に変更後は猛烈に静かになった事ですし、ファンの回転高周波とは明らかに違うアレは検査で不具合認定してもらえると助かるなあ。

ぶっちゃけコスパは知らないですが個人的環境下では現状あれ以上の性能向上は電源的にも厳しいため、期に入ってるんですよね。静かな状態になってくれれば文句はないので。これは製品誤差レベルですってなったらそれはショックかも。

年末年始、子どもの緊急入院やらいろいろありました、車ぶつけられたり、他にも書いていないですがいろいろと。なかなか忙しいスリリングな12月ですな。

↑このページのトップヘ