カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

Ek1  とっても暑いですね、ジメジメしていて昼間は正直体にこたえます。

車内に物を置くのが基本的には嫌いです。シンプルな方が美しく見えるっていうスタンスなので、ごちゃごちゃしているのはどうも苦手なんです。

そんな私ですが、あまりにエアコンの効かない初期型ek-sportなので(現行は効くようになった)、気分だけでもと部屋に転がっていたキャップフィギュアっていうんですかね?、あれをおいときました。ちょっとは涼しく感じられればいいんですが・・・。


ここでバテてしまっては夏を乗り切ることはできませんしね、気を張っていきたいところです ^^ノ

Hotaru1  今日、というかさっき、蛍を見に行ってきました!

唯一お見せできて納得してもらえるだろう写真は、たったこれだけです^^;。ホントは、いろいろと工夫を凝らして、写真に納めてみたかったんですが、全然ダメでした。

去年も同じ場所に行ったんですがね、それはもう凄くって!感動忘れず今年もいってみたら、去年にもまして舞い踊りを披露してくれました。

場所は言えませんw。去年地元の人にも聞いたら、やはり人が多く来るようになってくると、蛍も徐々に減ってしまうそうなので・・・。どこかで蛍を見せ物にしているスポットがあるらしいですが、所詮はショーです。駐車場代もしっかりとられ、金儲けの匂いがぷんぷん。

しかし、Laylackのお気に入りの場所は、総天然物(←ナンカヘンダw)。自然のままの姿で蛍の舞がみられます。数百匹が一斉に踊り出す神秘的な踊りです。本当に感動的なひとときでした・・・。

また、来年逢いに行きます^^ノ

そして、暗所に強いカメラと撮影技術が欲しくなったのは内緒だ!w

Hana1 そういえば、最近のココログの負荷が軽くなってきたようですね。Lagなんてものじゃなかったから、気になっていましたよ。

23時以降にココログにログインしようとしても、クリックしてからの反応にションボリ;;。そして、いざ記事を書いてUPした瞬間にはまるでマシンのフリーズ化のごとく長い沈黙が。画面の切り替わりも異常に遅く、いろいろトラブっていたみたいですね。

まぁ、これだけ軽くなってくれば記事を書くのも気が楽です。前だとヤメテオコウって気になることもしばしばでしたからね。問題の一つがクリアになった気がしました。

そうそう!ここのところ体調も回復の兆しが!とりあえず良かったです。ちょっと心配しておりましたが、感覚的にハッキリと回復してきております。いあー、良かった良かった!

で、せっかくなので綺麗な画像で気分を盛り上げてみる。  ( ゚∀゚)ノ

Sentai1_1  ホントは昨日更新する予定だったんですが、疲れてやめまして今日と相成りました。

岩村の石室千体仏。七年に一度だけ、15日間のみ石の扉が開けられて、その御姿を拝見できるというものだ。5月2日にソロツーリング(いつも一人だけどw)で岩村を通り恵那方面へ抜けていく際に、7年に一度の御開帳の幟がちらりと見えて気になっていた。

そのご実家へ帰省したわけだが、調べてみるとどうやら5月7日には再びその扉は閉ざされてしまうとのこと、これは見逃してはならぬと思い、昨日7日に岩村へ早速見に行ったわけだ。

残念なことに天候は雨、それも嵐のような大雨だった。名古屋を出発したのはお昼過ぎ、12時半ぐらいだったか。香嵐渓から257号線をとおって岩村に行くもいい案かとおもったが、イベント事の最終日は早期撤収の慣例もあり怪しいもの。ここは安全パイをと、ココは高速道路で恵那まで一気に行くことにした。

ずるずるグチョグチョにぬかるんだ小さな駐車場、到着したのは2時半前だったかな。駐車場にいた係りのおじさんに「今日までなんですよね?」と聞くも、返す刀で「3時までだから急いだ急いだ」とばっさり。まさか3時に再び扉が閉められてしまうとは知らず、いそいそと小高い山(丘?)を駆け上がる。

上まで一気に来るも、拍子抜けするような小さな小屋が出迎えてくれた。線香をあげ、上に上がらせていただく。もうすぐ閉めるので、その行事らしき読経が始まった。神聖な・・・ではなく、いかにも田舎らしい雰囲気の中でお経が響く。こういうのも悪くないなとも思った。

すぐ近くから見ていいよといわれ、拝見させていただいた千体仏。

凄いですね。幼稚な感想ですが、素直な気持ちです。今度見ることができるのは7年後。その閉じられるという直前に見られたのは、本当に嬉しいものだった。係の人がもう閉めますといいつつ、歴史背景などを説明してくれた。元は経塚であったため、今もこの下に千を越えるお経があるということ、信長との因縁、いろいろと興味深く貴重な体験となった。

これでまた、”信長の棺”がまたさらに深く楽しめるというものだ。いやー、また7年後に見てみたい。

Imgf001_1   すこぶる快適にな実家での生活も今日で最終日。持参したデジカメで家の庭をパチリッ!

何の花なのか・・・名前は母上に聞いてみないとわからないけれど、きれいに咲いていた。ほかにもキンカンがたくさん実をつけていたり、梅雨に向かって勢いよく成長している紫陽花をみられたりして、そんなに大きくない庭ながらもいろいろな表情を見せてくれるようだ。

柿の木があり、紫陽花があり、キンカンの木があり、ミカンの木がある。おっと梅の木もあったようだ。こうしてみると結構な気があるのが改めてわかる。ほかにも花壇のような場所に様々な花が植えてあり、季節によってまた違った色合いを庭に与え得てくれる。

この庭には以前主がいた。名は”ちび”。元は捨て犬だったのを家で飼うようになった雑種の犬だ。白くスマートで、目はきれい。優しくていい犬だった。家にやってきて17年一緒にいた。庭をみるとその面影は、隅の方に掘った”チビのへそくり穴”と目を閉じたときにまぶたの裏に焼き付いている記憶の残像だけ。でも、きれいな花が咲いていて、チビも喜んでいるに違いないと今思った。

 

今日は妹達も帰る日だった。もうすでに出立している。今いるこの実家からは相当に距離があるので、無効に到着するのは7時とか8時ぐらいになるだろう。二人ともにぎやかで、とても楽しかった、そしてそれに感化されている人間がここに一人;)

こんどはすべての家がネット環境で繋がれていることになったので、これからは気楽にPC越しにノックをすることができそうですな。

では!

会社が自宅から異常に近いので^^;ギリギリまでいつもこんな感じなんです。

で、朝はやっぱりスムーズにココログの接続ができていると実感できますね。クリックしてPONといったか具合でしょうか。これぐらいのレスポンスがあれば問題ないんですがね、夜はちょっとイタイですね。

さて、軽く朝風呂は行ってきまして今ほんの少しだけ時間があったので、何か書こうかなと。えと、そうですねぇ。国語Rの更新はできません、タイピングも行き詰まりで、タッチタイプできなくては話しにならないといった感じでしょうかね。

あとは、車のインテグラとセリカが絶版になるという話がショックです。セリカは最初の車でST180系でしたが、格好も良くFF型になって2代目に当たる形式ですが、GT-fourもオーラを持っていましたし好きでした。現行になってデザインの先鋭さはちらほら見えたものの、ぐっと来るような魅力は無くしてしまった様子。それは販売台数を見ればわかるというものです。

インテグラの方はバイクのみならず車までも消滅。HONDAとしてはアキュラブランドでの盛り返しとしての、”一端の終止符”のような扱いなのだろうかな?実際に北米のHPを観るとしっかりラインアップされているので、整理統合の過程としてとらえるべき何でしょうかねぇ。

クイントから見ればその歴史は浅くはないでしょう。先代タイプRのヒットはHONDAに何を与えたんでしょうか。先代はいわば特別でした。余った時間を費やした開発者の夢の産物ですものね。それはユーザーサイドにしっかりと届きました。マイナーチェンジ後のNOT手作業モデルはもとより、現行の完全なるタイプRありきのインテグラはその魅力を失っていました。早いだけじゃダメなんですよ。質感が高いだけでもダメなんです。現行には先代の持っていた魅力がない、”しっかり作られた工業製品”になりはててしまったようです。トヨタ的というべきか・・・。

おっと、時間がやばくなってきました^^; 会社へ行かねば!では!

今日は平日でしたが、お休みでした。

ek-sportsのオイル交換と、住んでいるワンルームマンションのガスメーターの交換。オイル交換の方は日曜祝日でもかまわないんですが、ガスメーターの方は日曜日はダメらしい。うむぅ~・・・、公共のものって意外と一人暮らしに優しくないんですよね~。よって都合がとれた平日に交換と相成りました。

で、車のオイル交換の方ですが、ODO(総走行距離)が13569Kmですって。あと半年もすれば一回目の車検なのにw

走ってないなぁ~^^;

不具合多すぎますね、これ。

残念です、結構わかりやすくって手軽だから使ってたんですがね。以前は8を使用しておりました。今は10のバージョンアップ版なんですが、念のために8も共存しております。

何故に共存させているかと申しますと、10が起動しないことが多々あるからなんです、ハイ。


なんでなんでしょうね、理解不能です。他にも気に入らないところとかはいくつかあるんですが、直感的になれているインターフェイスが気に入って使っていたのに、起動しない不具合がおこって困っています。その他のツールは動いているみたいなんですが、大本のEXEファイルがうんともすんとも言わないことが多いんです。こんなも野津勝手やらねーって重いながら忘れた頃に起動してみると使えたり;


疲れたよ!8でも問題ないんですがね、修正ファイル出る気配もないしね、ちょっと冷めてきました。動作が重いこととかは目をつぶっていましたが、ソレなんかも気になってきましたからw。


Blogが簡単に編集可能だったところがかなり気に入っていたんですがね、IBMもこのままじゃダメでしょう。ちょっとですが腹立っています。みんな正常に動いているんだろうか?もう、他のソフトに乗り換えようかと真剣に考えちゃいますね。

hikoki 19日の日曜日、各務原航空博物館へいってきた。これを書いているのがちょうど日付をこえそうな時間であるので、今日という表現はやめておくことにした。

かなり前にも写真のアップロードを行ったはずなのだが、全く持って記憶にないためヘルプを参照に事実上の写真初掲載だろう。我がBlogも華が出てきたというものか。

時間にして1時過ぎに出発という遅いスタートで幕を開ける。目的地である岐阜県各務原までは小一時間といったところ、数年前の地図を片手にちょっと迷いながらも無事目的地に到着した。目の前に現れてくる比較的空いている駐車場にホッとしながら、ちょっとした遠足気分。なんだか子供のようにワクワクしている自分に気づいたりもした。

家族連れがメインで若い連中がほとんどいないため、鑑賞も気が入りじっくりできてかなり満足。展示物の量の割には純粋に楽しい時間をたっぷり味わえたみたいだ。

詳細は後に乗せておく公式HPで参照していただくとして、まずは滅多に間近で見ることのできない実機を深く観察できることに驚いた。ものによっては座ることを許可されている展示機もあり、親子連れにも大人気の様子だった。

また、航空シュミレーター(酔いそうになった)でT-4訓練機相当の飛行を体験することができ、これも無料なのでおすすめの一つだ。もちろん子供もいるので4Gを体感なんて無理な話だが、目の前に映し出される2世代前のグラフィックも油圧駆動の箱物の中では妙に臨場感を感じたりもした。

客層に目を向ける。やはりというか、なんといったらいいのか…、ある種趣味性の強い対象の博物館である故に、いかにも好きそうな方々が多く目に付いたりもするのがおもしろかった。売店というか土産物売り場には、なかなか男の子に人気がありそうなおもちゃなんかが並んでいて、だだっ子たちをたくさん生み出すステキスペースと化し、見方を変えてみればココが最後のみせばなんだろうなんて思ってみたり。

もし近くにあればいってみてはいかがだろう、ゆっくり飛行機の特性から歴史を楽しくみられるし、なんだかホッと息をつけるそんなあったかい博物館へとさ。


各務原航空博物館 公式HP

  http://www.city.kakamigahara.gifu.jp/museum/index.html


2006年を無事迎えることができました。

思えば去年もいろいろなことが起きました、今年は私個人にとっても変革の年であります。振り返ったとき、この年の決断を良かったと思えるよう、精一杯歩んでいきたいと思っています。

といっても転職はもう少し先(もっとも仕事先がこの年齢であればノはなしですが)、他のことでイロイロある予定です。

EQ2にしても、ずいぶん仲良くしている方々も増えました。不思議なつながりですが、これもまた何かの縁ではないかと感じます。

今年は、遊びも仕事も生き方も全力でいこう!!

では、2006年もよろしくお願いします!!

↑このページのトップヘ