カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

Nikon Rumorによるとですな。




うーん、ちょっと安くないだけになんだかなあ的な。




仕様ページにもありませんでした。ダストデータをソフト処理で消すってのは昔からあったので、振動させてっていうのはないんですね。

私ごとき(買う予定なしw)に関係ないレベルのことですが、一応ねえ。


11月下旬に発売予定なのがNikon Z50です。Z7、Z6がフルサイズで出たわけですが、他社に後れをとりまくっていて低迷しているNikonも出さないわけにはいかないだろうとは思っていました。APS-Cミラーレスでは最強っていうとα6400でしょうが、Nikonはどういうアプローチで来るのかなと期待しています。




Nikonはミラーレスじゃなくてレフレックスレスだっていうということで、頑張って応援していましたミラーレスですw。




さて、件のOM-Dをさわって事で久しぶりに楽しい時間を過ごせているわけですが、ちょっとZ50の個人的なところを見ていきます。

Z 50の大まかなスペックや特徴

・APS-C ミラーレス
・2088万画素
・ISO 100-51200
・SDカードシングルスロット
・約11コマ/秒(JPEG または12bit RAW)
・動画 フルHD120p、4K 30p
・450g
・内蔵Wi-Fi
・Zマウント
・チルト液晶(タッチキー)
・内蔵フラッシュ
・瞳AF



SDカードと毎秒11コマ、マウントに注目します!

SDシングル仕様。Z6とZ7がXQDカードですからね、汎用性的にどうも。価格も高いので当然きつさはあります、普通人の私にとっても。とても高速ですが現状のSDって価格がとても下落しているのでプロ用でなかったら困らないんですよね。シングルスロットはちょっときになるけれど。

あとは「おおー」となったのは条件付きとはいえ毎秒11コマ。D一桁のフラッグシップクラスですから、他社ですでにあるよとかそうではなく、NikonだからこそDXでの最初だからこそ感慨深いものです。

もう一つはZマウントであること。それはFTZマウントアダプターを介してFマウントレンズを使えることにあります。AE撮影可能なレンズはAI NIKKO以降の約360種類。更にモーター内蔵タイプのAF-P,AF-S,AF-Iなど90種類以上ではAE/AF撮影もできます。資産を使えるって事です。



新たなZマウント専用DX(APS-C)レンズは2本

同時発売されるZ DXレンズは2種類。16-50mm f3.5-6.3 VR と 50-250mm f/4.5-6.3 VRでダブルズームレンズキットなら二本がつくということになります。

望遠側のZ DX 50-250mmは一眼レフ用 キットレンズにもなっている AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR の置き換えですが望遠側が250mmになっています。なので、同じDXでもDX 300mmだと450mm、Z DX 250mmでは375mmと結構変わってきます。

またVR機構(手ぶれ補正)も差が出ておりまして、DX 70-300mmでは4段分ですが、Z DX 50-250mmmはなんと5段分とかなりの性能です。これはすごいかも。


作例を見た感じだと、Z DX 50-250mmは今までのキットレンズとはかなり違いがあるように思いました。色のりや細部もこれまでのキットレンズの望遠とはちょっと違う気がします。正直キットレンズの望遠はイマイチと思っていたので、これの実際のレビューが出てきたら気にはなっていますね。AF-S DXの方はサンプルもイマイチでしたし。あくまでもサンプルを見た感じは良さそうな気も。

さて、本丸一方の標準ズームですが、これは抜かりなさそう。


標準ズームの入門用キットレンズといえど、これに関していえば今までも同様に安い割にしか利しているレンズです。手を抜かない割安といってもいいレンズ。なにせ、これらを使ってもらって更に他のレンズも買っていただきたいと思ってもらえるように、そういう導入商品でもありますからね。性能に対して値段は安い設定です。だから、お得感はある。

注目どころとしては今までと違い沈胴式のため収納時が非常にコンパクトなこと。これはすごい。VRは4.5段分と常用領域では問題なし。気になるマウント部分ですがしょうがないこれは、プラスチック製。



発売前ですが現時点でのお値段など

Amazonで価格が出ていましたが、参考までに書いておきます。

・Z 50 ボディのみ 109,000円    99,000円
・レンズキット      127,100円  112,100円
・FTZキット          133,745円  
・ダブルズームレンズキット 154,400円   134,400円

FTZとはマウントアダプターでその名の通りFマウントからZマウントに切り替えられるものです。これを装着するとFマウントのニッコールが使えることになります。キャンペーンをやってますね今は。オレンジがキャンペーン適用した場合の実質価格を書いておきました。


期間は2020年1.14火曜日まで、締め切りは同1月末までです。


そんなこんなで期待と私の心情

私はD7100があるので負けている部分が多数ですが、一応ほら、もろかぶりな所があるでしょう。なので、買う予定はしばしないです。ただ、軽さと小ささはうらやましいなあと思います。お金をいわなければZ6とかでも小さいですから。

お金持ちならそうですね、おもちゃ的にも趣味的にも所有欲的にもミラーレス縛りなら、α6400、Z6、Z50は持ってみたいですね。現状D7100で間に合っていますが、結局レンズってところが大きいです。そうなってくると大きさやお金や重さやお金やw

高級コンデジだとRX100 M7っていいと思いますし、万能なものはないんですがないものがあるからこそ楽しい時間ってのはたくさんあるんだって事でもありますからね。買えない時期が一番面白かったりします。

来月以降、いろいろ話題が出てきそうですね。

 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark Ⅲをちょっとだけさわらせてもらいました。
ついていたレンズは広角のなんとPROレンズ!すごー!



https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/7-14_28pro/index.html


マジです。すごー!
レンズを先に書いちゃいますが、F2.8通しで35mm換算で14-28mmのレンズが、534g!これぞMICRO FOURTHIRDS。フランジバックが短いからってのもあるけれど、高級レンズでこの軽さは異常ですわ。

近接撮影能力がこれまたすごくて、試させてもらいましたがほぼレンズ前です。マクロとしても十分に使える。ゆがみも少ないし解像感も素晴らしい。さすがですねこれは。

Nikonだと一眼レフ用になるとあるにはありますが。

 
このお化けレンズになりますからねえ。
これはこれで凄まじき神玉なんですが、30万8千円もしますので。あとは重い。970g!ほぼ1kg!今日さわって、軽さは武器なんだなって思い知らされましたよ。

OLYMPUSのページにはもろにNikonのこれと比較してありますw。
フォーカスリング、ズームリングともに極めて美しく回転します。すごいね、さすがZUIKO PROレンズですわ。


2019b140
さすがに初めてさわってのでちょっと緊張しました。ついているレンズがレンズだけに、さわった瞬間レンズ重視の感想にはなったけれど、ボディーも見てみますと塊間があっていい。これは良かった。

軍艦部分は独特だなと感じました。左肩が特に。こんな切り替えスイッチなんだなって。ちょっと新鮮です。右手で操作しましたが、ユーザーなら左親指なのかな。慣れると指がしっかりかかるんですよきっと。

モード切替ダイヤルは使い方がわからないのでさわりませんでした。どうも動画もここで選択するみたい。今気がつきました。


2019b139
レリーズはわかるけれど、似た大きさの手前はダイヤルなのかな。何せ人のものなのでほぼさわってません。弄くるのはなんかね。こうしてみるとFnボタンが二つついているから、例えば白黒とコンテニュアスAFとかに瞬時に切り替わったりするのかな。


2019b138
これまた人のものなのでグリップもしっかり確かめられず。親指の置き場はちょっと窮屈でした、もっと場所があるかもしれないですが。構えたときの感じは素晴らしく、マジで?って思うほど。色がシルバーのダブルズームレンズキットで6万ちょっとでしたから、手が出やすくいい選択肢なんだなって思いました。

P20 liteでサクッと撮った写真なので埃も気にしてないのでアレですが、現物はなかなか機械ものとしてそそりました。

ファイナーだも初めてみましたが、すっごいじゃないですか。ちょっとなめてましたね。あと、AFとかに瞬時が圧倒的に高速。とはいってもこれはレンズによりますね。レンズがすごすぎますからね。標準だとこうはいかないはずです。それほどまでに凄まじい。

あと、モニターでの確認ですが強烈にピントが来るんですな。これまたレンズの性能がものをいってる。いやあほんとにすごいです。ちょっとミラーレスのすごさを体感しましたよ。

Nikonは高いからなあ。

いやあすごかったです。ちょっとぐらっときましたもの。


ちょっとこれより実測値というか、実際の睡眠は短かったです。いつもと違って寝付きが悪かったのと、なぜか目が早く覚めました。


2019b137
記憶では0:40は時計で確認しました、寝なきゃってなったので。
朝羽というと5:40に目が覚めました。早起き過ぎだろw。

普段はこんなことなく、早いと10時、通常11時から12時までの間に寝て、6時から7時の間に目が覚めます。6時半くらいが一番多いかな。

そうすると睡眠時間がやや少ないのですが、更に睡眠をしっかりとれるようにすることと、起きている時間の使い方をもっとうまくなりたいってところですかね、目標としては。

早めに起きたときには、朝にやりたいことをやったりはしているので、以前よりは無駄が少なくはなっていますね。あとは、運動が足りないか。

まあぼちぼちやっていきます。ではでは。

Model 3です、TESLAのModel 3。


パフォーマンスだったかはわかりませんが、レッドマルチコートでした。2019/10/23現在ですと251000円プラスですからね、一番高い色です。映えてましたよー。

30代後半ってところの奥様?が乗ってらっしゃいましたが、かっちょよかったです。
もう今日はそれだけ、かっこよかったと。

いいなぁ。

落ち着きたい、冷静になりたい、平静状態をとりもどしたいときにはどうすればいいか。
ガツガツいきたい、テンション上げていきたい、そんなときはどうするとよいか。

body_kokyu_kyoushiki
数々の方法がある中から、試して納得、直ぐ実践活用できる方法をご紹介します。
私もこれで変化が起きましたので。


  • 自律神経とは
    大まかに交感神経(アクティブに動くときに働いている)と副交感神経(寝てるときや落ち着いているときに活発になる)の二つあります。自律とあるように、基本的に休みなく働く神経になります。たとえば消化、呼吸系など。
長い文章は無駄。ここでは即効性のある実用性重視の作用重視のコントロールです。

結論から書きます。

息を吐いているときは副交感神経が活発傾向になり、吸っているときは交感神経に作用します。

まじです、マジです。
ですから、吸っている時はイメージでいうと「よっしゃーいくぞー」となり、吐いているときは「落ち着こう・・・・・・、ゆったりしよう・・・・・・」となるわけです。

だからというわけではないですが、呼吸法というと大げさかもしれませんが、歴とした呼吸法と読んでいいんでしょう。吸って吐くだけですが、それを意識してコントロールしてあげれば精神に影響を及ぼすことができます。

胡散臭さ満点でしょう?

やってみてください。本当ですから。

吸い込み量とかではなくて、時間に比例します。なので、朝起きて今日も一日やったるでーのときはゆっくり吸ってーーー、ブワッと吐き出すくらいでいいわけです。

反対に、落ち込んだとき、気分を変えたいとき、リラックスしたいときなどにはスッと吸ってゆっくり吐きます

深呼吸は有効らしいのですが、その吸い込み・吐出量ではなくてそれぞれの時間が重要です。
こうしてみると、禅の修行時における瞑想は最初方の段階で呼吸を意識するとありますし、よく言われるマインドフルネスとかの話でも呼吸だけに注目するなんていう導入方法は意外と理にかなっているわけです。

因みに深い眠り状態では呼吸量が深く安定します。ノンレム睡眠というやつです。なんか納得でしょう。

お試しあれ。

この反応の早さよ・・・・・・、驚きました。


1年ほど前のGeForce RTX 20シリーズの記事に関して、ダルビッシュ選手がちんぷんかんぷん。それを受けて同記事をPC関連には全く初心者の方用にわかりやすく書いた入魂の記事。

とってもわかりやすくて、イメージしやすい。尚且つ、ちゃんと省いているんだよと書いてある。その理由も含めてね。愛だなこれって感じます。

RADEONも好きになってくださいw。


おおよそ6ヶ月ぶりです、お久しぶりです。

収益関連

AmazonVine(2019年5月13日~2019年10月17日まで)102,901円分

実は壊れていて処分してくださいってのもあって、それは自分で金具を調達して立派に使っている棚があったりします。金具台を差し引いたとして4000円くらいでやっておきます。

ざっくり書きます。
  1. 逆折傘
  2. コーナーサンダー
  3. バッテリー充電器
  4. 卵焼き器
  5. JVCワイヤレスイヤホン
  6. 首掛け扇風機
  7. 布団圧縮袋
  8. ハイウェストトレーニングパンツ
  9. 腹部トレーニング用
  10. キラキラ石けん作成キット
  11. すみっこぐらしトレーサー
  12. LEDデスクライト
  13. 128GB microSDXC 2枚
  14. 140mm静音ケースファン
  15. リングレーサーラジコン
  16. 480GBSSD
  17. 480GBSSD 3DNANDタイプ
以上です。これに棚?が加わってます。なぜかペット用のもの、アダルトグッズ、女性用下着、生理用品、お酒関連など私が使えないものももらえるんですが、さすがにいらないので使うものだけにします。今回は高額なものが意外と多くて、一応はこれでももらうペースを結構絞っています。

食品は迷うんですよね、最小ロットになるので新鮮味は多くとも堅実な感じで評価しにくいので。今年は20万超えてますね現時点で。

Made by Google ’19見ました? 見てない人は是非、リンク張っときます。



来ましたね、マジでリークされすぎててちょっとどうなのとか思っちゃっていましたが、Appleのやや気持ち悪い3眼とは違っていい感じのレンズの見た目なのはいいですよ。わるくない。

Pixel 4に関しては後半で出てきますが、その中のトピックでも注目したのはカメラ部分とモーションセンス、あとはレコーダーです。

・レコーダーのすごいところ
レコーダーアプリをGoogleがなぜ今まで純正アプリとして用意をしてこなかったのかは大いに疑問ですが、このタイミングで満を持して出してきたのはオフラインで文字起こし機能対応ってところです。これが日本語に対応するかは知りませんが、早くその辺のレビューを見たいところです。とりあえずは、イノベーターの第一報を待ってからのアーリーアダプターがどう反応するかでしょうかねえ。個人的にここで判断しております故。

・高出力レーダーによるジェスチャー操作に対応
これも日本はちょい待ちらしいですが、そのうち使えるようになるとかなんとか。これはどんな風に使うアプリが増えるかで今後の展開に期待する感じです。手が濡れていてもうまく操作ができるなら、案外使い勝手があるかもしれないよなあなんて思いますがどうかな。

・本機のカメラ、ソフトのGoogle
ソフトウェアのGoogle、ビッグデータのGoogleですわ本当に。星空を撮影っていうのも長時間露光をたくさん組み合わせるっていうことだけれど、その処理をスマートフォン単体がオートでやってくれるわけだからすごい。おまけにノイズ、ライティング、人か物かなどをソフトウェア的に判断して適切な処理を指定るっぽいんですよね、写真に関しては。だから、単眼レンズの時からPixel は抜群にきれいだったし、今回ようやくレンズを二つにしたってくらいです。それくらいソフトウェアの底力を出してきている。すごいわ、TESLAみたいな感じですね。あそこもソフトですから。


まーじで、欲しいんですけれど買えません。でも、こんなにわくわくするのは久しぶりかな、スマートフォンで。いろいろ楽しみですねえ!



↑このページのトップヘ