カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

マジでどんだけ買ってるんだよっていうくらいにAmazonに依存しています、こんばんは。
アフィリエイトではなくって、もらっているのも相当数あることと、もちろん購入分。そこんところを考えると、それなりの段ボールが届くわけです。

で、今頃かよって事です、段ボールカッター!


2019b159
あんまりこの商品のことを知りませんでした、情けない。ドリキンさんの散財開封ライブを以前見てたときに、サクッと簡単に段ボールなどの梱包品全般をいとも簡単にきれいに開封していたときに試用していまして、「これだ!」って直感して購入しました。



2019b156
なんともいえない透明な袋がありましたが、これってどういう風に使うのがベストなんだろうね。オサレなイエローモデル。黒い葉の部分が匠って感じだ。ナイスですこれ。



2019b157
のこぎりみたいにギザギザしている刃は上下についていて、もっというと先端にもギザギザ出ない刃自体はついていて、フッ素加工もされているんだって。べたつきにくく開封に特化しているらしい。


2019b158
切ってみましたよ、サクッと開封ね。たまごっちが来たので開封です。ガムテープをカッターかはさみを使って切っていましたが、超簡単、サクッとイケます。力もいらない。マジすげー。

ベタ付いてひっつくこともないし、切り口もぐちゃぐちゃにならない。段ボールももちろんサクッとイケる。これは神ツールですわ。何年間もこれを知らなかったのが悔しいです。これはもう手放せないな。ダメになってもリピート決定です、最早。


現在家には最新世代から数えて(細かい.verは除く)二世代前と一世代前がそれぞれ1台ずつ、計2台がフル稼働しています。機能制限というか、ある程度できることが違うようでして、手間とかいう点では新しい方がより良さそうな感じです。当たり前か。



まあ、全くわからんのですが、いただける機会があったのでversion違いで三ついただきました。一つはすでに届いていて、残り二つは明日届きます。

現行なので「たまごっちみーつ」というやつです。ファンタジー二つ(色違い)とメルヘン一つですな。せっかくだし、私も一個もらいます。対象年齢は6歳以上です。以上だから私でもOKOK問題なし。

アプリ連動でなんかできるらしいですが、まあ、私には暇つぶしとコミュニケーションの一つとして家でやっておこうと思います。



英語ができない洋ゲーユーザー目線のたまごっち解説

無茶ぶりですが、普段Bane of the Cosmic Forgeとか遊んでいるおっさんがそれなりの雰囲気でもってたまごっちってこんな感じと書いてみますね。ちなみに、いただいた商品のレビューではありません。契約上できないため、今家にあるたまごっちについてです(一応、ちょっとは遊んでみたことがあったりするので)。

・育成ゲームである
卵形デバイスなのでたまごっちという名前で、***っちという名前のキャラクターを育てる。腹が減ったら食わせる、調子が悪いといったら手当をする、糞をしたら掃除をする、汚くなったら風呂に入れる、汚部屋になったら掃除をする、機嫌をよくするためあそばせるというのが一連の流れ。

ある程度で成長して進化したら、他のものと交配させて卵を産ませる。その卵からは遺伝的継承をすることになって新たに育成が始まる。この繰り返し。基本的に全て見た目の特徴としては種族が違う感じなので、常に遺伝的変異を繰り返すリスキーな子孫の残し方になっている。

・卵形デバイス
だからたまごっちなのだけれど、6歳以上が対象ということで持ちやすさにも考慮されている。電源は単4電池二本使用するので、大きさというか厚みを伴いつつ握りやすい形状をしている。これは各世代基本的に変わらないから小さな子が持つことを想定されている。UIはわかりやすく単純化されている。

ボタンは3つ。左から順に<選択>、<決定>、<取り消し>みたい感じです。メニューは二段になっていて循環選択方式になっています。子供の使い方を考えても極めて壊れにくいです。悪くないね。

・交配させる
気に入ったというかマッチングしたキャラクターと交配させて、新たに親の二人の遺伝特性を持ったたまごっち?が生まれることになる。基本的にはこの繰り返しで、様々なキャラクターを育成させましょうという感じ。キャラクターや遺伝特性によって変化が現れるのかどうかは知らん。

・アイテムや場所など
出かけられるスポットが最初は限定的だけれど、いろんなフラグを立てることで順次解放されていく。またその場所にだけあるキャラクターやアイテムなどがあるので集める目的を持たせている。

それに関連して、DLCのように商業施設にあるような機械?でキャラかアイテムをゲットできたり、砂金のはアプリや公式サイト連動でもらえるものがあったりするそう。これに関しては時限的なのかどうかはわからんけれど、こんな極小のキャラクターデータなのだから過去のものも含めて小さいサーバーでサービスを維持させてもいいんじゃないかなとか思う。そうなってるかどうかは知らん。


みんながやってて私がないのは寂しいので、こんな機会があったということで割と喜んでいたりします。到着してからレビューはしないけれど、またお知らせします。誰も知りたくなさそうだけれど。

おー、今調べたら6000円弱するんですな、ビックリ。こんなに高かったっけかw



 写真ありません。

私は肉体派ではなく肉体労働者ですが、そんな低所得でイケていない私の強い味方がワークマンです。



ほんの数年前ですが、カジュアル路線が明確化しました。それまでも徐々に変化していたんですよね、デザインがガテン系一直線から変化しつつあったのが。

現状に至ってはオシャレ路線の店舗があったりして、売り上げも伸びて技術開発費も増えて商品ラインナップも豊富になっています。

本筋である作業着関連でも防寒、インナー、安全系など機能性向上も著しいだけでなく、見た目にカジュアルさもでてきています。

カジュアル系一色線ならGUやらユニクロやらいろいろいますが、メインは安全と機能性に主眼が置かれている低価格ものですから、我々にとってはこちらの方が優先度が高いのです。

行ったことがない人は、一度足を運んでみたらどうかと思います。オシャレが一番にくるなら厳しいですが、そうでない実を取るなら侮れませんよ。

元気デスカァー!!

<4358>メルカリが一時ストップ安で-478円で2057円引けました。


わかりやすいし、1Q短信をどうぞ。

2019-11-08_23h15_30
たまには載せますか。5分足です。丸刈りですね。面白い。というか、メルペイがイマイチ軌道に乗っていない事とペイペイが波に乗れていることを踏まえるとですよ、かけている膨大な広告費は厳しいだろうなって言うのは予想できていたわけです。多分ほとんどの人が予想済みだと思う。

先ずはその意味からも、買いのポジションをここで持っているのはダメです。例えば売りポジをある程度持っているから一応持ってみるとかとは違うので。


2019-11-08_23h19_55
こっちは週足。順当に行くなら1700円を目安にってとこでしょうよ。上場時の上ひげで買う人の気が知れないですw。メルカリは上場からして投資銘柄ではなく投機対象、今後伸びていくならそれはそれでいいことだし、そんなことはどうでもいいです。客層もあまりいい話が聞こえてこないし、現状で稼ぐだけ稼いどかないといけないだろうなあとは思います。ファンダ的にはですよ、あくまでも。

ただ、週足だけをみても わかるように、1Qで大どんでん返しがあるわけないって事は自明。決算前にここを買う人は裕福な長期保有目的の人かそうでなければ、マジでもっと調べた方がいいと思う。あと、ここは通期予想も非開示なんですよね。

営業利益は黒字だけれど、アメリカとペイメント関連で90億程度マイナス。3ヶ月だから大きいです。7-9ですからね。何をやっているかとかビジョンとかそういうのは経済金融ウォッチとしては、それはまた別の話です。それはまたそれ、そういうことを考えるのは別の視点です。

数字です。数字が全てです。働けーとかではなくて、決算の数字やらでどう動いて、指数がどう影響を受けて、そのニュースの大きさが世間にどうみられて、それがまたどう数字に反応していくかが,私はおもしろいのであります。ちょっと、見方が違うけれど、これはこれで楽しいですよ。

マジであかんです、印象が悪くなりすぎた。
セキュリティーソフトで有名なトレンドマイクロです。



今回の問題は、「今までにテクニカルサポートを利用した顧客情報が流出。従業員が不正に持ち出して外部で悪用されていた」というもの。







発覚は8月で原因特定が10月、よって発表がこのタイミングということなのだけれど、売りである迅速にという部分でいささか不安定さを醸し出しています。

以前私はこんな記事を書きました。


これも結局はトレンドマイクロの危機感というかうやむやにしたい意思を嫌だなと思ったからですが、はっきり言って信用に値しないです。残念ながら。

他も同じかもしれません、見えていないだけだと。そうかもしれませんね。でも、見えちゃいけないんですよね、何度も。

私としては前回の件が今回の事件よりもより悪質で狡猾だと感じてます。

あかんですわ。



人にはいろんな目標があって、ただ漠然と長生きするとか、お金持ちなるとか、何かの資格をとるといったように多種多様です。たとえ、日々楽しいことをする、でもいいのです。

その到達点か通過点かである目標値の重要性は、人それぞれ個別具体的に存在することになります。

study_yaruki_nai


邪魔な誘惑を遮断する

パソコンやタブレット、今はスマートフォンも誰しも持つようになった今、youtubeやSNSの誘惑はすさまじいものがあります。私も同じで、気がつけばSNSをチェックしていたり、そのリンク記事を読んでみたり、そこから「あれは、何だっけか?」とyoutubeに飛び、挙げ句の果てには提案された関連リンクに飛びまくって就寝に至るケースは少なくあまりません。

目的を達成するには、それらをしないことが重要です。また、必要性が高いです。この誘惑が目の前に散らばっている状態では我慢を強いられます。ですが、この我慢は非常にストレスになってしまい、結果的に逆効果になるケースが多いようです。なんか納得。


たとえば遠ざけて手間を増やす


スマートフォンを例に挙げましょう。youtubeやSNSよく使う人の場合はそれらのアイコンをアクセスしやすい場所に配置しいますよね。それをフォルダーに入れてフォルダーに入れて使用するまでのプロセスを増やすように変更してあげるのです。

それはドロワーの中に戻してもいいですし、数ページ遷移しないと起動できないようにわざとします。そうすることで、以前より面倒だなと感じさせるのです.面倒だからといって、元の使いやすい一に戻してしまっては元の木阿弥なので気をつけましょう。


アプリを使いにくくする

我慢を強いられる必要はありません。先ほども書きましたが我慢はstressに繋がり良い影響を与えません。なので、手軽に始められるのは不便にすると言うことです。徹底的に不便にする。一見生産性を低くする愚行ですが、目的が目的ならこれは簡単に行える最良の策です。

開いて直ぐにタップできる位置を変更する、フルダーに入れてしまう、ページ遷移してフォルダーに入れる、ホームのページから削除してドロワーからしか起動できない等といったように、段階的に試してみるといいと思います。


最終手段としてアンインストールする

YouTubeなどは発信者でなければ困る事はないと思います。見たくなれば帰宅して「決まった環境下でPCやタブレットから見ると決める」とかになるでしょうし、少なくとも気がつけば見てしまって時間を浪費する事はなくなるでしょう。

SNSも目的が大きく重大で困難なものならば・・・・・・、とはいえ、情報入手の手段とかしている部分もアルでしょうから、これも通知を切ってしまう事からはじめ、昼と夕方、夜にチェックする程度まではありかもしれません。


データ自体との関わり方を一歩引いてみる


2019年11月5日現在での最新の者は9月13日掲載の2019年度番になります。結果報告書で総括的な情報を得られますので見てみてください。なかなか面白いです。

現状でのポイントとしては以下になります。

・テレビの視聴時間は平日減少傾向、休日は微増
・ネット利用時間は平日休日問わず調査開始時から一貫して増加
・スマートフォン利用率は87.0%
・SNS利用率は高い順にLINE82.3%、Twitter37.3%、Instagram35.5%、Facebook32.8%
・メディア信頼度は高い順に新聞68.6%、テレビ63.7%、ネット32.2%、雑誌16.8%

可視化されるようになったことでテレビの嘘が見えてきたことや、嘘ではなくとも作為的な編集が目立つようになりました。ただ、それはテレビが悪なのではなくてスポンサーシステムを持つ広告収入媒体がカラム仕組み故のことでもあります。

ネットには真実がという人もいますが、それもまた玉石混淆なので選び取る客観的なものの見方がひつようですし、スルーする力も備えなくてはなりません。所轄、ネトウヨやパヨクと呼ばれるように極論になびいてしみがちになります。選んでみることが出来るので、そのときの希望する情報を信じてしまいがちになる人間の性質によるところも大きいです。

最近のスマートフォンには自分がどれだけどのようなコンテンツに時間を割いているかをチェックしてくれる機能があります。私の所有しているものにもありますが、気をつけていても依存している自分に驚きました。

私にもいろいろ目的やら目標は小さいながらもありますので、それらのために、ちょっとだけ意識し始めています、そして以前より気にならなくなりつつあるという効果も少し出てきています。

戻っちゃわないように、依存しすぎないように、ブレーキにならないように、そしてつまらなくならない程度にうまく付き合いたいものです。




マジでWin-winです。ほんとに双方が幸せになります。

実は私、今日の夜に宅配便の時間指定サービスとお願いしていました。19時~21時という時間で指定ですね。


クロネコメンバーズというサービスがありまして、いろいろ便利なサービスがあります。その中でも注目のものをいくつか紹介します。


クロネコメンバーズの主な便利ポイント!

・受け取り日時・場所の変更(コンビニなども可能)
・荷物が来る前にLINEでお知らせ(私はLINEをやってませんw)
・スマホで宅急便を送れます(送り状も、支払いもOK、Online決済に一部対応)

などなど。

そんな便利なサービスなのですが、一部限定条件などがあるので私の場合は全ての恩恵は受けられません。ただし、最大の魅力は享受しています。それが最初に書いてある「受け取り日時・場所変更」です。

これ、相手の発送方法がヤマト運輸を使った場合に、なんと事前に自動的にこちらに連絡が来ちゃいます。そうするといない時間を回避して確実に受け取りが可能になるわけです。もちろん、ヤマト側にもメリットがあって再配達を減らせることが出来ます。

2019-11-02_22h57_22
余談ですが、この機能はヤフーカレンダーと紐付けすることで、カレンダーに予定をオートで入れてくれちゃったりするんですよ。案外便利です。

でですね、今日はちょっと私だけがハマっちゃいまして全く帰れなくなりました。仕事の都合です。途中で間に合わないなと気がついたのです、思い出した私すごい的な感じでね、これはまずいと。


クロネコヤマトのコールセンターに迷わず電話しよう!

事前連絡がメールできたあと、日時指定などをオンラインで行い、確認メールをもらい受けるようにしています。今回は4件扱いですね。4つ個別扱いなので4つの案件となります。私はGmailにしているのである程度スレッド形式にまとめてくれますので、こういうときは非常にわかりやすくて助かります。

PCページにも荷物問い合わせシステムがありますが、出先ですのでコールセンターを利用しました。番号はメールの頭の方にちゃんとあります。番号を押してガイダンスに従い、係の人につないでもらいます。

で、「自分で時間指定したのに急な都合で間に合わなくなるので運転手さんに迷惑がかかるため、今日はもう来なくていいですごめんなさい、そっちから連絡してあげておねがい」という事情を説明しました。

そうしましたら、なんと再配達指定が電話でも出来ますといわれました。マジか!って。んじゃあ明日の同時刻でお願いしますということで、伝票番号を伝えます。

先ほどの通りGmailだとスレッド形式になっているので4つ連続に折り重なっているため、伝票番号もメール上部にあることからスムーズに連絡できました。素晴らしい。IT素晴らしい。ブラボー。

電話の人にはわざわざ伝えてくれてありがとうといわれましたよ、向こうもいないところに行く無駄を省くことが出来たわけですからね。よかったです。


まとめてきな

ということで、時間指定しておきながら留守なんていう最低人間にはなりたくなかったので、途中で気がついたことはよかったです。そして何より、時間がない差し迫った状態で出先というときにコールセンターは迅速に対応してくれました。

クロネコメンバーズを使っていたこと(来たら必ず居る日時をしていします)、Gmailのスレッド閲覧性にが加味されてコールセンターとやり取り時の迅速な連絡、忘れないようにMicrosoft ToDoとGoogleカレンダー&ヤフーカレンダーの連携と全て良い方向に使えたのかなと思います。

 » Gmail - Google Play のアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.gm&hl=ja

https://todo.microsoft.com/ja-jp/


オンライン上でやるのもいいのですが、伝票番号のコピペなどが数件あると画面遷移をミスったりして慣れていないと時間がかかります。時間コストも加味した緊急性の高い場合は、繋がる前提ですがコールセンターは間違いないなと感じました。

再配達の無駄をなくすためにも、お互いのためにもこういうときはコールセンターに電話すべし!です。

なんやねん!と怒られそうですが、私はP20 liteというエントリーモデルを使っているくらいの金銭的余裕度なので買うことが出来ないです。残念。

因みに名古屋市に住んでいるくせに「なんでやねん!」とか言うなやと怒られそうですが、私の地元は三重県で中途半端な三重弁ですが、父は生粋の大阪育ちです。父は今でこそ三重弁になってきていますが、箍(たが)が外れるとテレビでおなじみの関西弁になります。そんなハイブリッドなので私は実は家の中だとやや関西圏の部分を持っていたりするんです。という、いらない豆知識を疲労しておきます。

Pixel 4いいなあと思っていたら、こんな記事を見つけました。




すごいとしか言い様がないですね。一部でボケの境界線をミスってる部分はあるようですが、胃アマmでのものとは桁が違います。さすがソフトウェア技術のGoogleだなという部分。

私としては広角端がもう少し欲しいという気もしたけれど、超解像の部分と暗所性能・・・・・・、これもソフトウェアによる部分とはいえ凄まじい気概を感じました。

4年くらいするとこのレベルが降りてくるとは思います。エントリーモデルに。実際のところ4~5年くらい立つと以前のハイエンドくらい、それ以上になっている現状を考えますとそのくらいかな。

バッテリーは気になるので、XLに私ならしちゃいそう。
日進月歩とはいうけれど、このカメラはすごいなあ。
高いけれどね。

好きと嫌いに関してはどうしようもないわけで、色の好みや味の好みとそれは同じです。
私の場合はトヨタの経営思想や車造りの方向性が嫌いです。




超がつく高コストのFCVや世界的に酷評されているトヨタデザインも好みではないです。一方で駄目なのかというと、それはちょっと違います。

これだけの大企業ですので、低コストで高利益率の作り方をするのは商売の基本ですから仕方ない部分です。金太郎飴のような車に服を変えたような車ばかりなのは、構造的にはどうしようもないです。逆に考えれば、そうでなければあれほどの種類は物理的に出せませんし。

細分化された関連企業などのサプライヤーをもつ、超巨大企業集合体がトヨタです。基本は自分とこでやっちまうぞのホンダとは違うし(よく生き残っているなとは思うものの、だんだん大企業っぽさが出てきている)、大手とはいえ手を組まざるを得ない日産などの会社ともずいぶん違います。

トヨタの車は徹底的にコストがかかっていない、使い勝手の考えられた部品を、いろんなところが作って、寄せ集まったもの。そんなイメージがぴったりな気がします。

トヨタは最高の高品質低コストの部品をつかって、バラバラのバランスで組み上がった最低の出来あがりという感じがしてます。ちょっと言い方悪いな。
メルセデスだと、高コストで故障率の高い最低な工業製品を寄せ集めて作った、最高のデザインバランスを持ち合わせた自動車という、正反対の感じです。良くても壊れちゃいかんがなっていうね。

だから、今乗っているのも都合トヨタ車で使い勝手は当然いいのです。抜群。燃費と質感とかはもとより求めていないので、それ以外は全く問題なし。これがトヨタの強み、素晴らしい。

これ、世辞でも何でもなく、まーじで素晴らしいと思う。もっとも、今の時代、多少の違いはあれど社社も似たようなものですが、まあ、トヨタは抜け目ないなっていう感じです。

レクサスが外国で老人車なんて揶揄されるわけですが、まあわからんでもない部分はある。ボタンは多過ぎだし、以外とUIが駄目。他のメーカーも似てるけれど、トヨタってボタン配置がバラバラなのだ。車種ごとってのもあるけれど、もったいないなって思う。

こういうとこは素直にベタですがヨーロッパ系の車を見習った方がいい。それもスタンダードになっているからいいというのはあるかもしれないけれど。

アルファードなどは中国受けするので、その辺りは仕方ないんだろうなと思う。

昔から一貫していっているけれど、だれか近くない人には勧めることが出来る車、困らない、問題が特にない、そういうのがトヨタ車。超がつく無個性とちぐはぐなデザインは国内では受け入れられているみたい。ガラパゴスでもいいじゃんていう気概を感じる。

何度も書く。悪いんじゃないのよ。私は早くお金に余裕が出来たらさっさと乗り換えたいところです。いい車なのに矛盾してるなあ、我ながら。

いや、本当にキツい戦いになると思っています。

BMWは言わずと知れたドイツが誇る走りを前面に出した高級自動車メーカーです。
新シリーズはインテリアが結構変わりました。順番からいえば新たな8シリーズからになり、現行では3シリーズやZ4と同じようなデザイン操作系に一新されたModelになります。新しいところで1シリーズを例に見てみます。



いろいろキツい部分があってですな

結構新しいシリーズになってからは変わっています。例えば細かいところでいうと、シフトノブですが、X1あたりから変化してました。パーキングポジションがシフトノブの手前側についています。

これ、新しい全シリーズ共通で、もっというとインテリアデザインは8シリーズ含めてほぼ同じ。ゴージャス具合とか装備が多少違うだけの印象。そういう意味で1シリーズはいいかもというのはある。

ただ、猛烈に使いにくい。人間工学とかいっているけれど、押しにくいよこれは。それ以外はオートでホールドしてくれる機能があります。緑色で光るボタンがシフトの右下にあるんですが、これがONだとアクセルオンしないと動かない。ギリギリのギリギリまで微調整して動かしたいときに、これが効いているととっても怖いです。そういうときはOFFにすべし。


M135i以外の価格を確認してみよう。

・118i 334万円   税込み 367万4千円
・118i Play 375万円   税込み 412万5千円
・118M Sports 413万円      税込み 454万3千円


となりますね、で売れ筋は結局M Sportsだと思います。そうすると、なんだかんだいろいろあって500万くらいになるわけですよ。込み込みではない価格ベースですが、E87型である先々代ですと300万以下すたーとでしたからね、てんこ盛りでつくものが全てついているという考え方でしょうけれど、絶対的価格は効いてきます。高い。高級車だってのはおいておいて、高いのは高い。


巨大なZ4と全長は同じなのよね1なのに

デカいんですよ。コンパクトハッチなのにって思います。今のご時世巨大化の波が押し寄せすぎて流されまくってますね。全くコンパクトでなくなりました。一応は3のコンパクト( t i )の後継として1が出てきてますから。

これは趣味性というか好みによるので、一によって違うでしょうが私は今一歩かなと。おしゃれ度数でいうとAクラスの方が上です。ただ、インテリアはやり過ぎ間があってベンツは嫌いなので、BMWの方が好み。悪いとかそうではなくて好き嫌いです。

エクステリアは新シリーズのキドニーグリルの路線は嫌いです、デカすぎ。7シリーズのマイナーチェンジしたのもそうですし3シリーズも同様です。デカい。縦にデカい。中国市場も無視できないので意識したのかなあとは思いますが、ちょっとなと。あと、大事なことでもう一つ。

ナンバープレートのベースがグリル下部を隠します。だめでしょうこれ。いただけないです。

リア周りはしゃれててかっこいいじゃないって思ったのですが、レクサスにも似ているって誰かが言ってたのを聞いて複雑な気分です。レクサスはデザインもメーカー自体も嫌いなので。まあ、でも悪くない。フロントマスクの獰猛さに比べるとアンバランスですが、リアはきれいに感じました。

インテリアは上にも書いたように3シリーズなどとほぼ同じなので、そういう車種ヒエラルキーを無視した上位の機能を盛り込んでいる感覚はうれしいかも。そして、乗ったときの硬質感、ダイナミックな寒色などはBMWそのもです。これはベンツにはないし感じることができない部分です。

大きく好みが出る部分でメーカーの特色が現れますから、これは人それぞれなんでしょうねえ。トヨタ上級のレクサスではあり得ないし、ベンツもそうですが方向性が正反対といっていいので、比較すら無意味です。逆にAと1を比較して迷うって事は、普通はあり得ないですね。価格とブランドと大きさと見た目やさわった感じの好みで決めるような、ヴィトンとロレックスと云々みたいな人なら迷うのかもしれないですが。



その他、気になったのポイントはどこか

個人的にはリバースアシスト機能と剛性感というかがっちり感の増した部分です。ドアの開閉がいままでのシリーズと比べて全く違います。3シリーズも同じですが、ガッチガチのカッキカキです。ドアを開け閉めすれば瞬間、理解できると思います。これは気に入りました。

あと、リバースアシスト。どこで使うの?っていう人多いと思いますが、シチュエーションによってはいろいろ使えます。周囲に注意を払えばコンビニ駐車場から交代するときなどでも十分楽になります。これは結構いいなと思いました。その都度自動でバックされるわけでなく、前進してきたのをトレースして戻る事にあります。これがいい。


さて、いい車だけれどどう売れるか

Aクラスに比べると初速はイマイチの印象。3シリーズそうらしい。ここのところBMWはいいニュースがありません。新古車のようなものが大量に中古車に回っているなど、メーカーというか、販売卸であるBMW Japanが元凶のようです。結局ディーラーは販売店ですからね、キツい立場でしょう。とはいってもベンツも同様で中古市場は同じように流されているのでベンツがクリーンかといえばあそこも真っ黒です。

商品力でいうと、Aクラスがうまいなと思いますよ。ああ、これは売れるんだなって感じます。運転すると、運転間隔というか、個人的には出だしが全てですが、踏みはじめの動き方が本当に糞(失礼w)なのであり得ません。それでもそれ以外はいい車だなあって思います。嫌いとは違っていいか悪いかでいうと、いい車ですよ。いいのはBMWもですが、カジュアルな請求力は低いかなと思いました。

乗るといいし、最新技術満載ですし、いろんな部分が変わりました。購入ってなると層の限定化が前より強くなった気がします。

販売台数としてはまだわかりませんが、私としてはちょっと厳しいことになるんじゃないかなって思っています。売れて欲しいですがね。

因みに私はTESLAが欲しいです。


↑このページのトップヘ