カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

 最初にいっておきますが、アドレス125のシート下には入りません。ハマりますが、絶対に蓋が出来ません。

※下に追記あり。

2018pc0141

 初めてのヤマハヘルメットです。ZENITHはヤマハのヘルメットブランド名で、本も出るYJ-19はHJCのOEMってどこかで見ました。んなことはどーでもよく、安価なシステムヘルメットインナーバイザー付きっていうゴージャス安価モデルです。


2018pc0142

 詳細なレビューは他の方が書いてますので以下同文。ざっくりの感想です。基本がフルフェイスタイプでチンガードをオープンさせることが出来るのが所謂システムヘルメット。YJ-19はよりフルフェイスに近く静音性が高くなり顎の部分の強度が増しているとのこと。シルエットはやや下ぶくれだけれど、写真より実物はマシだったか。


2018pc0145

 オープン。出前一丁って感じ。見るからにごつい。帽体の大きさ自体がかなり大きめ(カブトのKAZAMIよりは小さい)で、1.8kgもあるので持つとずっしりくる。ただ、重心が良いのかかぶるとそうでもない。開けたままだと重いだろうなあとは思う。

 見るからにチークパッドが厚い。かぶった状態で喋るとほっぺたの内側を噛みそうになる。ただ、馴染むと多分大丈夫。今までのヘルメットも装だったので、フルフェイスとしては気持ちキツいかというところ。Lサイズだけれど、初めにかぶった印象は「う、キツい」です。ただ、頭を振ってずれることはないので、そこはしっかりしてると思います。

 2018pc0143

 インナーバイザーは二段階。これは一段階目。



2018pc0144

 こっちが二段階目。余り差がなくて、正直二段階目だけでいいんじゃない?と思います。透明度はかなり高く、夜間でも問題なさそう。暗い路地などは上げれば良いしね。まぶしいと思ったらサッと下ろせるのはやっぱり良いです。上げるのはカブトとかとは違って頭の上にあるので、まだ慣れない。ちょっと後頭部寄りにある。


2018pc0147

 静音性をうたっていて、この二重スリットはやや大きく作られていた。かぶって風通しの良い走行風を敢えて正面に意識して当ててみたけれど、かなり静か。これはすごいな、感心。比較はRT-33とツアークロス3です。普段はツアークロス3がメインだったので、まあアレと比べたら殆ど静かだろとは思うけれど、システムヘルメットなのにかなり静かだなと感じました。


2018pc0153

 何Lだっけ、多分一番小さいタイプの方だと、斜めでないと入りません。ツアークロスは鍔(つば、または庇ひさし)が付いているのに真横に入りますからね。これ帽体自体が大きいって事ですよ。ここに入れたときに一番感じました。


 使用した第一印象は、持つと重いがかぶると気にならない。意識しないがどこかに入れようとするとやっぱり大きい。インナーバイザーは凄い。飲み物も飲める。額部分のベンチレーション機構はかなり効果あり。この機能でこの価格は安い。ややきつさを感じるが馴染むと良さそう。ですか。

 しばらく立ってからの感じ方の変化もまた個人的に気になるので、また書きたいと思います。

2018/11/19 追記
 気がついた点。ピンロックシートをつけましたので呼気による曇りは全くありません。快適です。ただ、上の隙間がやや大きくなってしまい、視界に境目がかかってしまうのがちょっとだけ残念。専用設計じゃない汎用のため致し方ないですね。被り方を少し変えるか、姿勢を変えることで緩和できました。あと、インナーバイザーはたまに曇りました。それでも口元のベンチレーション機構をしようすると直ぐ収まります。


 通勤には基本的に大通りを走っています。交通量が多いのですが、私の場合は道としてはそれが真っ当です。行きに関していえば怪しげな雨でなければ黙ってその道を通ります。極々希に猛烈に混雑するので前の通勤ルートで走ったりもします。


car_jutai

  一方帰り道。最初の信号に出るために、わずかな距離でも酷いときには2回信号を待つ事になります。そのあと3回ほど待つ信号がまた出てきます。基本的にはすり抜けをしたくないので、余程のことでない限り待つのですが、何年も経過してこんな子というのも不思議だが敢えて言いますと、もう(´・д・`)ヤダ。本当に嫌になったときには前の通勤ルートで遠回りして帰ったりもしていました。

 そんな話をしたところ、裏道にはなるけれど早いよっていう道を教えてもらったんですよ。そこを試しに一度通ってみたんですね。そしたら、早い早い。めちゃくちゃ早い。飛ばす必要もなく早い。


bg_outside_jutaku_yoru

 住宅街をそこそこ走るため、セローだとちょっと気が引けます。やかましいバイクではないですが、私自身が静かなのが好きなため気が引けます。坂道も多いのでパワーは嬉しいのですが、そもそも飛ばす道ではない。そんな必要もなくサクッと買えるだけで半分以下の時間で帰宅できるコースなのです。

 ああ、こういうところこそ静かな4ストスクーターやん。神の啓示やんと思うわけです。で、このタイミングで出会い、そして購入と。面倒くさがらず昨日行動しておいて良かったと痛感しております。噂ではかなり静からしいので、隠密行動も出来ますね。

 アデュー。

 毎日これです。あとは、新三國志を無課金で何とか頑張っている程度。といっても限度がありますから、そうこうしてると眠くなってきて眠ってしまう毎日です。ああ、あと、車がぶつけられちゃいまして、まあ、大事ではないのでいいんですが一応直してなんとか段取りとか面倒だなと。はい。

 以前乗っていたスペイシー100と比べてみようと思います。アドレス125です。
※追記 単位が合っていないですが、ご理解頂けると思いますので脳内変換よろしくお願いします。


2018-11-10_22h57_51

 
全長はざっくり20センチ長くなっているので、フェンダーなどだろうけれども結構デカいかもしれないい。一方で全幅はほぼ変わっていないので、扱いに関しては同等じゃないかな。数値化からはその辺が予測できる。全高のプラス分に関しては、スペイシーも大きめなのだけれど、体がはみ出ていく感じが寄り少なくなるのは良いと思っている。

重量はやや重めだけれど、排気量が大きくなってるのでまあまあ。トルクの太さは嬉しいところ。パワーウェイトレシオだとスペイシー100は14.22kg/ps、アドレス125は11.59kg/psなのでかなりの差が出ています。スペイシー100でも困ることはなかったのですが、アドレス125ならより文句はなさそうです。

SEP(suzuki eco performance)という新世代環境性能型エンジンが搭載されていて、燃費はどうやら良好らしいです。ガソリン燃料タンクの容量が0.5LスクナインドSが、この辺りはそう考える必要もなさそうです。FIになっていることから冬場の始動性は期待できますし、キックも併用可能なので猛烈に安心感が増えます。

フロントホイールは大型化されていて12インチになりました。スペイシー100と同じサイズなのでグリップ感や安定性能が格段にアップしていることでしょう。スペイシー100を乗っていた私からするとこの辺りは驚かないかも知れません。


 細部にわたって安価に済ませる為の部材や仕上げの選択が、まさに道具感を出しています。写真で見る限り塗装もケチっているようなので、さらに実用性でこの子を選んだのだという自負も生まれそうです。エンジンユニット周りのむき出し感や、ビスの処理などは実用性の星といって良い雰囲気。

乗っていないのでなんともいえないけれど、足回りで気になるのはリアサスペンション。スペイシーは底つきが結構ありがちで、標準体型でもギャップでガツンとなるときが多い。この変はどうなってるのかなあと想像しています。

シートはスペイシー100同様に大きく長めで、これは悪くないでしょう。私はフラットシート仕様が欲しいので、比べないことにはわかりませんが運転で困ることはきっとないはず。標準仕様に比べてシート高が上がりますが、フロアボードが絞り込んであるために足つきせいは犠牲になっていないと思います。これも買ってからの楽しみです。

灯火類はハロゲン。コスト重視。ハロゲン好きなので、いい。写真を見る限りデザインは好み。で、デザインついでにメーター周りだけれど、かわいい系か(笑)。必要最低限で値段を抑えましたっていう造り。潔い。写真で見ても安さが伝わるので、実車を見たら質素に見えるんだろう。素晴らしい。カッコヨクはないけれども。周りのハンドルパネルカバーの面積が大きく立体的なので、ここだけデザインの好みではちょっとカッチョ悪さは感じる。かも。

トランクスペースは公式には余裕のと書いてあるものの、アドレスは伝統的に狭いらしいです。フラットシート仕様だと少し容量アップだから、期待しすぎることなくちょっと増えてるんだろうなと思っておきます。どうせ、箱を装着するし。

フロントのポケットは期待大。スペイシー100は最初から最後まで使いませんでした。使えない。意味がないヤンというくらい駄目です、アレに関しては。今回は左右に1本ずつ600mlペットボトル対応。これだけで100点だろ。ほんとに。あと、コンビニフックならぬ、カバンホルダー。これぞ実用性重視。期待するぞ。マジで。

あと、これも凄いんだけれど、リアキャリアー標準搭載。何度も書くなって感じだけれど、標準搭載ってところだろ、おかしいだろ、それ。そのくらい普通にあることの凄さがこいつはある。

早く見に行きたいが、暇がない。あるも仕事だしな。





一定期間でやろうと思っていたのに、結構な間忘れていました。期間にして5ヶ月ちょっとということで、いってみます。


1.収益関連

Amazonギフト券                                                          682円
AmazonVine (6月から11月9日まで配送料分込み)  58681円

もう、Amazonさんから逃れられないじゃないか。というか、ありがとうございますとしかいえないな。Vineについては片っ端から頂いていることもなく、欲しいけれど置くところや音が出たりしてテストできない商品は結構止めていたりするので、それを入れると高額商品だとかあってこの倍くらいにはなっちゃいそうな気もします。積極的にいっていないのはあるかも知れない。それでも、日用品から装でないものまで実際に助かるものを使っているので、駄目なところなども正直にいかせていただいている。

プライムの分はというかそんな次元でないくらい恩恵を受けております。

 というわけで、行ってきました。1年前ですが、年末なので今のうちに済ませました。

 購入はというか車検を12月中頃に取得して中古を買っています。その時の走行距離は76500kmです。今日の1年点検の段階では82970kmなので約6,500kmってところです。・・・・・・、あんまり走ってねーな。

 以前い比べてベラボーマンなみに走行距離は増えましたが、それでもこれくらいなんですねえ。もっといっているかと思ったんですが、よく言われる年間一万キロっていうあの謎の基準が結構走っているもんなんだなあとあらためて思い知らされました。んあ、でも今までですと4,000kmちょっとってところなので、そういう意味ではベラボーマンなみに走行距離が増えているかも知れませんね(しつこい)。

 えっと、知り合いにメカニックが何人かいますので12ヶ月点検とかはどういうことやっているかよく知っています。まあなんていいますか、あんな感じなのですよね。ゴニョゴニョ。ただ、その辺は自分も理解していますので、それに加えてオイル交換とガスケット、その辺りを一応見てもらっとくかということでディーラーにちゃんと出しました。

 パーキングブレーキとかも見てくれますから、ここは私はわからんしね。

 今回の一番の目的は、まあいろいろあったのですが、その中でCVTのコクっていう衝撃の緩和でした。発進時とごく希に停止時。トルクが抜けてから再度トルクが入り直しの時にショックが来る。これが結構嫌でした。希に大きなショックなので気になっていたんだよねえ。原理は知りませんが、なんとなく間隔でこうなってるんだろうかなあとは思っていて、調べたらおおよそそんな感じでした。

 結局は制御で、燃費というかカタログ燃費のための手段だったんだろうなあというのが正直なところです。私はユーザーですが基本的にアンチトヨタなのはこの稚拙ブログを書き始めからずっと書いてます。今でも同じです。まあ、理由如何で乗ってますが、そういうことです。

 いろいろ調べると、似た症状を書いてる人がわんさか出てきて、プログラムの書き換えでOKらしいと。で、それもお願いしました。あくまでも細かいことはこちらからいわずに症状を説明してです。すると、素人にもわかるような説明の仕方で書き換えで直るとのこと、やってもらいました。

 帰宅してからあ試走してみたところ、すごいもんですな、体感で全く安心できる挙動に変わってました。すぐにトルクがかかっている状態で、抜けがかなりなくなっている感じですか。なので、燃費が少し低下するという理屈はわかる気がします。まあ、誤差程度ですよ、あんなデブミニバンですから。でも、気にする必要がなくなったのは精神衛生上とても良くなりました。

 何故か値引きもあって、さすがこの四半期決算で過去最高益たたき出してくるだけあるわと、ちょっと思います。顧客をなんとか放さないような施策ですな。うまいわ。

 車自体は気に入ってますよ、つまらないですが、実用としてはかなり良い道具だと感じています。もっと良い車はあるのでしょうが、お金となど現実的な課題が圧現状ではベストに近かったんじゃないかなと、あらためて思うしだいであります。



↑このページのトップヘ