有機質に対して無機質、人工に対する自然といった感じの対比でいえば、実のところ反対のように感じる幾何学的と自然のままという言葉がある。だけれども、これはそんな感じがするけれど決して人工と自然の感覚とは違っていて、自然に幾何学的な模様は出てくるし、わかりやすいところでいえばフィボナッチ数列ですか。

2020a253
Xiaomi Redmi Note 9s f/1.79 1/2039 4.74mm ISO100

exif見ると面白いものですね。昼間に撮影したこともありますが、非常に特殊な数字ですねえ。自然の青空とスリットのあるステンレス壁?が面白かったです。きれいというか、スカッとする感じ。ほぼ外だったので暑さでクラクラしましたが、これはさっぱりするなあと思ったので撮影しておきました。