お昼にかかる形で1時間半ほど散歩をしてきました。
格好はというともっている外を出歩けるギリギリのスポーツ的服装。きびしい。
コンプレッションタイプの上下を着て、リュックにお茶なんかを装備して行きました。
手ぶらでは無理。
タオルを掛けて、その首には35mmをつけて出かけます。久しぶりだしね。
なので全て35mmです。


2020a248
D7100 f/8 1/30 ISO1600

いつもはjpegオンリーですが、何をさわっていたのかRAWになってて、せっかくだからこれはモノクロに現像しました。モノクロはそんなに多くないのですが、モノクロで取ろうとすると光とかを考えるようになるからきっとうまくなるんじゃないかなあと思います。だからこれはダメでなんですがね。


2020a249
D7100 f/8 1/125 ISO200

帰宅してからRAWに気がついて、滅多にやらない現像処理。せっかくだからといろいろ見るも、面白くも難しいです。それから自分がいかに手ぶれしているかが思い知らされます。1/80とかへたすると1/125とかでもぶれてたりして。いかにホールドすることが大事かとか、VR機構に助けられていたのかとか、そういうのがありありとわかります。ついでに手ぶれしていないものなんかと比べると、クッキリ写っているわけでして。修行が足りない。


2020a250
D7100 f/8 1/160 ISO100

今回は絞り優先でF8に固定。ISOオートで1/125を切ったら最大でISO1600までは上がる設定。ピクチャーコントロールはスタンダード(ちょっとだけさわってる)、WBはオートです。実家にあるDX用の標準レンズ、つかっていないなら借りてこようかなあ。とか。

久しぶりに35mmだけで出歩きましたが、もっと引きたい部分が多かった気がしました。52.5mmの画角になりますが結構難しい。換算で35mmの24mmのほうが自分としては合ってるかもなあ。35mmそのものっていうか。クローズアップ的に考えればいいんですが、スナップで標準は私の無能さが露呈するので楽しいけれど辛かったよ。

ではではでは。