知りませんでした、本当に。

簡単に説明すると、NVIDIA社製のビデオカード GeForceシリーズのドライバーなどの一括管理ソフト「GeForce Experience」は、所持している該当ゲームがあると画質設定の最適化を提案してくれます。



これ、常にいろんなタイトルに対して最適化をしてくれていますが、もしも持っているゲームが存在するときはGeForce Experienceがホーム内でタイトルを表示してくれます。そのままプレイを押すとSteamから起動され、詳細をクリックすると最適化提案のページになります。

2019b144
このように、これは設定済みですが下の部分に設定条件が表示され、上には実際の画面上でどの部分に影響があるのかを視覚的にわかりやすくしてくれています。私の場合はPORTAL2がそうでした。

アンチエイリアシングは4xMSAA、フィルタリングは異方性 16xがよいと書かれています。自分の持っているGPUに応じてだと思うので(わかりませんが)、現環境かでのベストをここで判断することが出来るのは便利だと思います。

もちろん、AMDのRADEONでもあるでしょうが、以前からドライバー管理はNVIDIAの方が楽でした。今はどうなんでしょうね。昔は2つ別のものをいれないといけませんでしたから、やや癖がありましたしねえ。

この記事をアップロードしてから、ちょっとだけ確認しておきます。眠いから遊ぶようなことはしませんw。