人にはいろんな目標があって、ただ漠然と長生きするとか、お金持ちなるとか、何かの資格をとるといったように多種多様です。たとえ、日々楽しいことをする、でもいいのです。

その到達点か通過点かである目標値の重要性は、人それぞれ個別具体的に存在することになります。

study_yaruki_nai


邪魔な誘惑を遮断する

パソコンやタブレット、今はスマートフォンも誰しも持つようになった今、youtubeやSNSの誘惑はすさまじいものがあります。私も同じで、気がつけばSNSをチェックしていたり、そのリンク記事を読んでみたり、そこから「あれは、何だっけか?」とyoutubeに飛び、挙げ句の果てには提案された関連リンクに飛びまくって就寝に至るケースは少なくあまりません。

目的を達成するには、それらをしないことが重要です。また、必要性が高いです。この誘惑が目の前に散らばっている状態では我慢を強いられます。ですが、この我慢は非常にストレスになってしまい、結果的に逆効果になるケースが多いようです。なんか納得。


たとえば遠ざけて手間を増やす


スマートフォンを例に挙げましょう。youtubeやSNSよく使う人の場合はそれらのアイコンをアクセスしやすい場所に配置しいますよね。それをフォルダーに入れてフォルダーに入れて使用するまでのプロセスを増やすように変更してあげるのです。

それはドロワーの中に戻してもいいですし、数ページ遷移しないと起動できないようにわざとします。そうすることで、以前より面倒だなと感じさせるのです.面倒だからといって、元の使いやすい一に戻してしまっては元の木阿弥なので気をつけましょう。


アプリを使いにくくする

我慢を強いられる必要はありません。先ほども書きましたが我慢はstressに繋がり良い影響を与えません。なので、手軽に始められるのは不便にすると言うことです。徹底的に不便にする。一見生産性を低くする愚行ですが、目的が目的ならこれは簡単に行える最良の策です。

開いて直ぐにタップできる位置を変更する、フルダーに入れてしまう、ページ遷移してフォルダーに入れる、ホームのページから削除してドロワーからしか起動できない等といったように、段階的に試してみるといいと思います。


最終手段としてアンインストールする

YouTubeなどは発信者でなければ困る事はないと思います。見たくなれば帰宅して「決まった環境下でPCやタブレットから見ると決める」とかになるでしょうし、少なくとも気がつけば見てしまって時間を浪費する事はなくなるでしょう。

SNSも目的が大きく重大で困難なものならば・・・・・・、とはいえ、情報入手の手段とかしている部分もアルでしょうから、これも通知を切ってしまう事からはじめ、昼と夕方、夜にチェックする程度まではありかもしれません。


データ自体との関わり方を一歩引いてみる


2019年11月5日現在での最新の者は9月13日掲載の2019年度番になります。結果報告書で総括的な情報を得られますので見てみてください。なかなか面白いです。

現状でのポイントとしては以下になります。

・テレビの視聴時間は平日減少傾向、休日は微増
・ネット利用時間は平日休日問わず調査開始時から一貫して増加
・スマートフォン利用率は87.0%
・SNS利用率は高い順にLINE82.3%、Twitter37.3%、Instagram35.5%、Facebook32.8%
・メディア信頼度は高い順に新聞68.6%、テレビ63.7%、ネット32.2%、雑誌16.8%

可視化されるようになったことでテレビの嘘が見えてきたことや、嘘ではなくとも作為的な編集が目立つようになりました。ただ、それはテレビが悪なのではなくてスポンサーシステムを持つ広告収入媒体がカラム仕組み故のことでもあります。

ネットには真実がという人もいますが、それもまた玉石混淆なので選び取る客観的なものの見方がひつようですし、スルーする力も備えなくてはなりません。所轄、ネトウヨやパヨクと呼ばれるように極論になびいてしみがちになります。選んでみることが出来るので、そのときの希望する情報を信じてしまいがちになる人間の性質によるところも大きいです。

最近のスマートフォンには自分がどれだけどのようなコンテンツに時間を割いているかをチェックしてくれる機能があります。私の所有しているものにもありますが、気をつけていても依存している自分に驚きました。

私にもいろいろ目的やら目標は小さいながらもありますので、それらのために、ちょっとだけ意識し始めています、そして以前より気にならなくなりつつあるという効果も少し出てきています。

戻っちゃわないように、依存しすぎないように、ブレーキにならないように、そしてつまらなくならない程度にうまく付き合いたいものです。