11月下旬に発売予定なのがNikon Z50です。Z7、Z6がフルサイズで出たわけですが、他社に後れをとりまくっていて低迷しているNikonも出さないわけにはいかないだろうとは思っていました。APS-Cミラーレスでは最強っていうとα6400でしょうが、Nikonはどういうアプローチで来るのかなと期待しています。




Nikonはミラーレスじゃなくてレフレックスレスだっていうということで、頑張って応援していましたミラーレスですw。




さて、件のOM-Dをさわって事で久しぶりに楽しい時間を過ごせているわけですが、ちょっとZ50の個人的なところを見ていきます。

Z 50の大まかなスペックや特徴

・APS-C ミラーレス
・2088万画素
・ISO 100-51200
・SDカードシングルスロット
・約11コマ/秒(JPEG または12bit RAW)
・動画 フルHD120p、4K 30p
・450g
・内蔵Wi-Fi
・Zマウント
・チルト液晶(タッチキー)
・内蔵フラッシュ
・瞳AF



SDカードと毎秒11コマ、マウントに注目します!

SDシングル仕様。Z6とZ7がXQDカードですからね、汎用性的にどうも。価格も高いので当然きつさはあります、普通人の私にとっても。とても高速ですが現状のSDって価格がとても下落しているのでプロ用でなかったら困らないんですよね。シングルスロットはちょっときになるけれど。

あとは「おおー」となったのは条件付きとはいえ毎秒11コマ。D一桁のフラッグシップクラスですから、他社ですでにあるよとかそうではなく、NikonだからこそDXでの最初だからこそ感慨深いものです。

もう一つはZマウントであること。それはFTZマウントアダプターを介してFマウントレンズを使えることにあります。AE撮影可能なレンズはAI NIKKO以降の約360種類。更にモーター内蔵タイプのAF-P,AF-S,AF-Iなど90種類以上ではAE/AF撮影もできます。資産を使えるって事です。



新たなZマウント専用DX(APS-C)レンズは2本

同時発売されるZ DXレンズは2種類。16-50mm f3.5-6.3 VR と 50-250mm f/4.5-6.3 VRでダブルズームレンズキットなら二本がつくということになります。

望遠側のZ DX 50-250mmは一眼レフ用 キットレンズにもなっている AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR の置き換えですが望遠側が250mmになっています。なので、同じDXでもDX 300mmだと450mm、Z DX 250mmでは375mmと結構変わってきます。

またVR機構(手ぶれ補正)も差が出ておりまして、DX 70-300mmでは4段分ですが、Z DX 50-250mmmはなんと5段分とかなりの性能です。これはすごいかも。


作例を見た感じだと、Z DX 50-250mmは今までのキットレンズとはかなり違いがあるように思いました。色のりや細部もこれまでのキットレンズの望遠とはちょっと違う気がします。正直キットレンズの望遠はイマイチと思っていたので、これの実際のレビューが出てきたら気にはなっていますね。AF-S DXの方はサンプルもイマイチでしたし。あくまでもサンプルを見た感じは良さそうな気も。

さて、本丸一方の標準ズームですが、これは抜かりなさそう。


標準ズームの入門用キットレンズといえど、これに関していえば今までも同様に安い割にしか利しているレンズです。手を抜かない割安といってもいいレンズ。なにせ、これらを使ってもらって更に他のレンズも買っていただきたいと思ってもらえるように、そういう導入商品でもありますからね。性能に対して値段は安い設定です。だから、お得感はある。

注目どころとしては今までと違い沈胴式のため収納時が非常にコンパクトなこと。これはすごい。VRは4.5段分と常用領域では問題なし。気になるマウント部分ですがしょうがないこれは、プラスチック製。



発売前ですが現時点でのお値段など

Amazonで価格が出ていましたが、参考までに書いておきます。

・Z 50 ボディのみ 109,000円    99,000円
・レンズキット      127,100円  112,100円
・FTZキット          133,745円  
・ダブルズームレンズキット 154,400円   134,400円

FTZとはマウントアダプターでその名の通りFマウントからZマウントに切り替えられるものです。これを装着するとFマウントのニッコールが使えることになります。キャンペーンをやってますね今は。オレンジがキャンペーン適用した場合の実質価格を書いておきました。


期間は2020年1.14火曜日まで、締め切りは同1月末までです。


そんなこんなで期待と私の心情

私はD7100があるので負けている部分が多数ですが、一応ほら、もろかぶりな所があるでしょう。なので、買う予定はしばしないです。ただ、軽さと小ささはうらやましいなあと思います。お金をいわなければZ6とかでも小さいですから。

お金持ちならそうですね、おもちゃ的にも趣味的にも所有欲的にもミラーレス縛りなら、α6400、Z6、Z50は持ってみたいですね。現状D7100で間に合っていますが、結局レンズってところが大きいです。そうなってくると大きさやお金や重さやお金やw

高級コンデジだとRX100 M7っていいと思いますし、万能なものはないんですがないものがあるからこそ楽しい時間ってのはたくさんあるんだって事でもありますからね。買えない時期が一番面白かったりします。

来月以降、いろいろ話題が出てきそうですね。