OLYMPUS OM-D E-M10 Mark Ⅲをちょっとだけさわらせてもらいました。
ついていたレンズは広角のなんとPROレンズ!すごー!



https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/7-14_28pro/index.html


マジです。すごー!
レンズを先に書いちゃいますが、F2.8通しで35mm換算で14-28mmのレンズが、534g!これぞMICRO FOURTHIRDS。フランジバックが短いからってのもあるけれど、高級レンズでこの軽さは異常ですわ。

近接撮影能力がこれまたすごくて、試させてもらいましたがほぼレンズ前です。マクロとしても十分に使える。ゆがみも少ないし解像感も素晴らしい。さすがですねこれは。

Nikonだと一眼レフ用になるとあるにはありますが。

 
このお化けレンズになりますからねえ。
これはこれで凄まじき神玉なんですが、30万8千円もしますので。あとは重い。970g!ほぼ1kg!今日さわって、軽さは武器なんだなって思い知らされましたよ。

OLYMPUSのページにはもろにNikonのこれと比較してありますw。
フォーカスリング、ズームリングともに極めて美しく回転します。すごいね、さすがZUIKO PROレンズですわ。


2019b140
さすがに初めてさわってのでちょっと緊張しました。ついているレンズがレンズだけに、さわった瞬間レンズ重視の感想にはなったけれど、ボディーも見てみますと塊間があっていい。これは良かった。

軍艦部分は独特だなと感じました。左肩が特に。こんな切り替えスイッチなんだなって。ちょっと新鮮です。右手で操作しましたが、ユーザーなら左親指なのかな。慣れると指がしっかりかかるんですよきっと。

モード切替ダイヤルは使い方がわからないのでさわりませんでした。どうも動画もここで選択するみたい。今気がつきました。


2019b139
レリーズはわかるけれど、似た大きさの手前はダイヤルなのかな。何せ人のものなのでほぼさわってません。弄くるのはなんかね。こうしてみるとFnボタンが二つついているから、例えば白黒とコンテニュアスAFとかに瞬時に切り替わったりするのかな。


2019b138
これまた人のものなのでグリップもしっかり確かめられず。親指の置き場はちょっと窮屈でした、もっと場所があるかもしれないですが。構えたときの感じは素晴らしく、マジで?って思うほど。色がシルバーのダブルズームレンズキットで6万ちょっとでしたから、手が出やすくいい選択肢なんだなって思いました。

P20 liteでサクッと撮った写真なので埃も気にしてないのでアレですが、現物はなかなか機械ものとしてそそりました。

ファイナーだも初めてみましたが、すっごいじゃないですか。ちょっとなめてましたね。あと、AFとかに瞬時が圧倒的に高速。とはいってもこれはレンズによりますね。レンズがすごすぎますからね。標準だとこうはいかないはずです。それほどまでに凄まじい。

あと、モニターでの確認ですが強烈にピントが来るんですな。これまたレンズの性能がものをいってる。いやあほんとにすごいです。ちょっとミラーレスのすごさを体感しましたよ。

Nikonは高いからなあ。

いやあすごかったです。ちょっとぐらっときましたもの。