知らないよね、って、やっている人にとっては既知の事実だよね的な。

ということで、Morrowindです。新PCがいつしか真PCになったというか、それくらいパワーアップを果たしたことで、いろんな各種設定をあげることができるようになりました。ビデオカード・グラフィックボードをアップグレードしていなくてもいける部分が多かったっていうことでしょう。

今日はそんなグラフィック的に前より極端に上がったことで、よりMorrowindを楽しめているその空気感をお伝えします。


2019b113
画像は縮小しちゃっていますが、1920*1080設定です。実は前のパソコンだと1600*1200でした。三菱のモニターがWUXGAに対応していたので、そっちでやってました。上限がそうだったのですが、今回は1080pが選択できたのでそうしました。17年前のゲームですからね、Morrowindは。Modとはいえこの雲の感じ、木々や葉っぱの揺れ方、世界がそこにあるんですよ。


2019b116
見慣れたBalmoraの景色も円形までしっかり見えるし、ディテールも細かく質感がしっかり伝わります。布は厚み織物の質をみてとれますし、明かりは明かりの意味が理解できるようになっている気がします。


2019b119
途中まで気がつかなかった驚きの点がこれ。奥に見えるのはVivecですが、フォーカスが手前に来ています。どこが中心化でフォーカスを制御しているみたい。これが瞬時に行われるので違和感はない上に、臨場感は増します。

2019b118
これはちょっとポイントがずれてわかりにくいですが、船やVivecのTempleにピントが来ています。手前の石垣?はやや甘い。実際に動かしているとかなり強く効いているので、単純におおーってなります。

2019b120
Vampire flyだっけか、飛ぶ魔法。ちょっと上からみてみました。私の以前のPCでは一番奥に見えているForeign Quarterとかは見えませんでした。そんな遠景は無理でしたのでw。


2019b115
水は流れていて、水しぶきは上がり、水面には揺れながらしっかりと反射しているのです、すごい。そして太陽の方向からのグラデーション。紫外線が多いんだろうなあと、巨大な生育状況のよい植物を見るとニュージーランドを思い出します。


2019b111
もやがかかっていたりすると、神秘的ですらあります。朝方なんかだったりすると、空気感までわかります。


2019b112
もうね、めっちゃきれい。波打つ水面は常に動いていて、木々は風が吹けばささやくように揺れ、空気の中にある湿度がかすむ空間を演出。すごいよ、本当にその世界にいるような。


2019b114
砂嵐は本当に砂嵐のように、影は最近のゲームでなくともModでこれほどまでに完成度が高い。まーじですごい。


2019b117
静止画じゃないんだよね。リアルタイムに動いていて、読み込みがほぼ発生しないから没入感もすさまじい。環境が違うから一概には言えないけれど、Oblivionも新しいModとかでやると更にすごいのかもね。

いや、とりあえずよく聞く「もちろん、みんな面白いんだけれど、古くてもその世界にいた証みたいなものを感じさせてくれるのがMorrowindなんだ。結局僕らはMorrowindに帰っていくんだ」みたいな狂信的な言葉も、今となってはだんだんわかるようになってきたりしています。