名古屋市にいるとつい「かみやしろ」と読んでしまいますが、「すわたいしゃかみしゃまえみや」です。
読み方はそれぞれ、しもしゃはるみや、しもしゃあきみや、かみしゃまえみや、かみしゃほんみや。




2019pc0144
道から大きな鳥居がありまして、真っ直ぐ登っていきます。なかなか良い感じです。



2019pc0145
最初の写真の上に登るとこんな感じ。道をいくつか挟みます。



2019pc0146
左にはお堂が見えています。階段が多いので、足がいたい人などはこの辺りまでは車で来ることが出来ます。この右に駐車スペースがありました。私たちは一番下です。


2019pc0147
お堂は十間廊。ちょっとこわい七不思議。



2019pc0148
カラフルなマンホールの蓋。



2019pc0149
時間的な余裕がなかったのですが、ふらっと入れる人間になりたい。



2019pc0150
本殿。一番素朴というと失礼ですが、そんな感じ。その代わりといってはなんですが、最初の鳥居から歩いて行くと徐々に身体がキレイになっていく、ああなんかここはいいなあという気持ちになります。不思議。



2019pc0151
名水。めっちゃめちゃきれいでした。


2019pc0152
私からしたら、地元の方と繋がってるんだなあという気持ちになって、嬉しいです。


2019pc0153
こうしてみると、造りの雰囲気も伊勢神宮寄り。秋宮とかとくらべると、明らかに違う。


2019pc0154
名水の看板の写真に見えている御柱。奥にはもう一つみえますね。ここははっきり見に行けます。

2019pc0155
地域と共にあるのがよくわかります。近所の人がうらやましいです。



2019pc0142
向かって右側の御柱。


2019pc0143
そして、その奥にある御柱。ここが一番4本に近づくことが出来ます。


2019pc0141
振り返った風景。私個人はこの景色が格別でした。ほっとする。


次回は最後の諏訪大社上社本宮です。