すごい!すごい!すごい!


2018pc0169

 SAMSUNGの860 EVO(500GB)というSSDをサイバーマンデーにて手に入れました。いつか買おうと思っていたので、ちょうど良い容量が安価で変えたことだしポチりました。わかっていたけれど軽い。ここまで普及してきて何ですが、初SSDです。

 2018pc0165

 保証書が上に入っていて、そのしたに本体がありました。あとは対ランサムウェア用のソフト1年分利用可能なコードがはいっていました。

よし、クローンだ!


2018pc0167

 スッカスカな何年も前に急遽壊れたPCの代替に購入した低スペックパソコンのシステムドライブを取り外し、クローンゴー!




って、うんともすんとも言わない。直ぐに気がつきました。HDD1TB、SSD500GB。

NO !

 さて、容量変更しなくてはなりません。容量っていうか、ボリューム調整をディスクの管理からやろうと思ったのですが、フリーソフトがあるって話を思い出してダウンロード。ソフトはEaseUSPartitionMaster。

 接続しなくてはいけないので、デスクトップにもとのままドライブをつけて、kurodachiにSSDを接続して行いました(USB3.0)。こういうデュプリケーター的なものやNASやらなんちゃらをもっていない人はSATAケーブルあるといいですね。

2018-12-12_20h00_58

 このスクリーンショットはMBRってなってますが、GPTで新規作成してあります。最初にMBRで作ってしまいましたので、一度ここでエラーが出てしまいました。GPTだと問題は起きませんので、Partitionツールの方でGPTに変更してから、このツールを使用しました。先ほどのツールをダウンロードしてインストールすると、このツールも別個でインストールされます。インストール作業完了ボタンを押してからちょっと遅れてデスクトップにショートカットが作成されました。

 左のシステムクローンをクリック、ソースはあらかじめシステムが選択されているので、クローン先である新しいドライブを選択します。高度なオプションがあったので、SSDはチェックみたいなのを念の為入れておきました。実行するとスタートします。

 私の場合は1TBのうち3割強がシステムドライブで使用していて、あとは現状余っておりました。その使用部分のみをクローン作成してくれるため、このソフトではコピー元使用容量より大きければ、物理ドライブ容量に関係なくクローンが作成可能です。すばらしい。



2018pc0168

 私の環境では1時間16分程度かかりました。早い!完了したら電源を落として物理ドライブをHDDからSSDに入れ替えます。クローンのため成功していればいつもと同じように立ち上がる予定。

で、無事起動。

一応いろいろ確認。全部あるし、ソフトの起動も問題なし。OSのリカバリー領域があったものの、あれはドライブ後と残しておくことにします。

試しにベンチ。

2018-12-12_22h04_42

 面倒だったので多少の作業しながらでこれ。すごいわー。っていうか、体感がとても変わりました。まず、カリカリ音がしない事が一つ、あと読み込みが猛烈に早い。これは戻れない。

Steamで私のパソコンでは重いゲームが実はいくつも持っていまして、ゲーム自体は画質を最低とかに落としてやれるんですが、読み込み自体が遅いんですよ。これが、ほぼ一瞬になりました。かなりの違いを感じます。

 ここまで変わるならねえ、もっと早くやってれば良かったです。

サイバーマンデーで7,000円台で買えてるのはデカかったかも。