というわけで、行ってきました。1年前ですが、年末なので今のうちに済ませました。

 購入はというか車検を12月中頃に取得して中古を買っています。その時の走行距離は76500kmです。今日の1年点検の段階では82970kmなので約6,500kmってところです。・・・・・・、あんまり走ってねーな。

 以前い比べてベラボーマンなみに走行距離は増えましたが、それでもこれくらいなんですねえ。もっといっているかと思ったんですが、よく言われる年間一万キロっていうあの謎の基準が結構走っているもんなんだなあとあらためて思い知らされました。んあ、でも今までですと4,000kmちょっとってところなので、そういう意味ではベラボーマンなみに走行距離が増えているかも知れませんね(しつこい)。

 えっと、知り合いにメカニックが何人かいますので12ヶ月点検とかはどういうことやっているかよく知っています。まあなんていいますか、あんな感じなのですよね。ゴニョゴニョ。ただ、その辺は自分も理解していますので、それに加えてオイル交換とガスケット、その辺りを一応見てもらっとくかということでディーラーにちゃんと出しました。

 パーキングブレーキとかも見てくれますから、ここは私はわからんしね。

 今回の一番の目的は、まあいろいろあったのですが、その中でCVTのコクっていう衝撃の緩和でした。発進時とごく希に停止時。トルクが抜けてから再度トルクが入り直しの時にショックが来る。これが結構嫌でした。希に大きなショックなので気になっていたんだよねえ。原理は知りませんが、なんとなく間隔でこうなってるんだろうかなあとは思っていて、調べたらおおよそそんな感じでした。

 結局は制御で、燃費というかカタログ燃費のための手段だったんだろうなあというのが正直なところです。私はユーザーですが基本的にアンチトヨタなのはこの稚拙ブログを書き始めからずっと書いてます。今でも同じです。まあ、理由如何で乗ってますが、そういうことです。

 いろいろ調べると、似た症状を書いてる人がわんさか出てきて、プログラムの書き換えでOKらしいと。で、それもお願いしました。あくまでも細かいことはこちらからいわずに症状を説明してです。すると、素人にもわかるような説明の仕方で書き換えで直るとのこと、やってもらいました。

 帰宅してからあ試走してみたところ、すごいもんですな、体感で全く安心できる挙動に変わってました。すぐにトルクがかかっている状態で、抜けがかなりなくなっている感じですか。なので、燃費が少し低下するという理屈はわかる気がします。まあ、誤差程度ですよ、あんなデブミニバンですから。でも、気にする必要がなくなったのは精神衛生上とても良くなりました。

 何故か値引きもあって、さすがこの四半期決算で過去最高益たたき出してくるだけあるわと、ちょっと思います。顧客をなんとか放さないような施策ですな。うまいわ。

 車自体は気に入ってますよ、つまらないですが、実用としてはかなり良い道具だと感じています。もっと良い車はあるのでしょうが、お金となど現実的な課題が圧現状ではベストに近かったんじゃないかなと、あらためて思うしだいであります。