パッドの交換だけならセロー250の場合、フロントもリアも簡単にできます。今回はリア側ですので、六角レンチだけで基本的には出来ました。マイナスドライバーも使ったし、ぞうきんも使ったんですが、まあ出来ましたとさ。

BlogPaint

メモ書きしたのでモザイク処理してあります、他意はありません。持ちが良く、赤パッドに比べるとディスクへの攻撃性がやや高めです。が、保てばイイのです、もてば。

丁寧な作業ならいざ知らず、完結に仕事が終わった帰り際に作業をするために工具は持っていきました。1/4のラチェットにヘックスビット、ブレーキパッドグリス、だけ。

サイズは忘れましたが、白いカバーを外すために小さめの六角二つで外します。その後、スライドピンを大きめの六角で外します。キャリパーを外す場合はスライドピンは緩めるだけにして、アクスルシャフトを抜いてリアタイヤを外します。今回の私の様に、パッドだけさっさと交換の場合はスライドピンを外してしまえばOKです。

スライドピンは結構汚れていて固着しかかっていました。抜くとあっさりパッドがフリーになります。パッドを外してピストンを押してやり隙間を拡大させておきます。そうしないと厚みのある新品はハマりませんから。

2018pc0040

結構減っていましたので音が鳴り始めていたし、潮時でしたねえ。厚みを見れば一目瞭然、これが新品です。音が鳴ろうが止まれば良いので面だし?面取り?はしません。当たる部分(もちろんパッド面じゃないw)だけにグリスを塗布して組みます。因みにピストンはマイナスドライバーにぞうきんを巻いてぐりぐりやりました。

2018pc0041
 ピストンは軽く掃除だけ、時間が無いので急いでますから。スライドピンだけなるべく掃除して、軽くグリスを塗っておきました。組むのは外すのよりもほんの少し面倒ですが、スライドピンで固定する位置にさえパッドが行けば良いので簡単だと思います。詳しい手順はいろんな方がもっと詳しく載せていますもんね。

2018pc0042

カバーを戻して終わり。踏み心地を確かめたあと、当たりをつけてあげます。最初は効かないと理解しているなら、動き始めたら当たりをつけて上げればOKです。私もそうしました。最初は思っている以上に効かないですが、何度か踏み込んでやると摩擦がいきなり上がってくるのが感じられます。そうなれば効きが完全に変化するのでわかります。

音も制動も全てにおいて安心感が増しました。やっぱり変えて良かったな。

リアブレーキですがバイク乗りの中にはあまり使わないという人も多いそうです。私の考え方ですが、公道でどうでしょうねえ、30km/h以下ならリアブレーキだけでもいいんじゃないかなと思うほどです。最も実際の走行状況はといいますとしっかりフロントブレーキは使用しているわけでありますが、コントロール性能に優れている、車体制御に優れているので積極的に使って行く方が。良いかなと思っております。