車の中に工具を入れているので撮影は出来ませんが、私はアストロプロダクツのコンビネーションレンチを使っています。

工具自体に文句はないのですが、工具をしまうというか、ホルダーがあるんですね。そのホルダーがイマイチ収まりが悪いのです。材質が安い柔らかいプラスティックで出来ているので、持った表紙に蓋?が開いて中身がバラバラになったりします。結構嫌だなあと思っていました。

そこで、今日はホームセンターでこれを買ってきました。


2018pc0001
やや堅めの9本仕様。がっしり感があります。



2018pc0002

蓋を閉めた感じもしっかり。まだ挟んでいませんが、きっと良い感じになってくれるはず。
シールが貼ってありましたが、どこのメーカーか気にもしていませんでした。300円ちょっとでしたかね。




丸い穴が空いているから、正確にはこれじゃないんだけれどほぼ同じ。

 久しぶりに練習走行に行ってきました。日曜日のことです。健康診断の結果が比較的良かったことで、気分的にはノビノビだったはず。ですが、雰囲気に飲まれてしまい、ビビって最初がギクシャクでしたねえ。

1セット目、というかですね、到着した時点でなんか周りの雰囲気に圧倒されてしまいました。ビビって用意をできませんでしたから、ひさしぶりですわ、これ、ああ人が苦手だったのですよ。

うろうろしつつも、致し方ないですし、用意して、チェーン調整して空気圧調整。もう時間が無い。
そんなこんなで、とりあえずは少しだけ走ってきました。

50秒フラットが目標だったのですが、何を血迷ったか49秒台が出ました。数回出ていたので、それは間違いなく出たようです。もの凄く嬉しい反面、いろんな場所でもっとこうしたいとかバイクがこうだったら良いのになど課題もたくさん見えました。


2017pc0350
高級機種ではないのですが、十二分に解像感があって昨今のスマートフォンは侮れません。

因みに周りから遅いくせに写真撮ってんじゃねーよなどと思われてはいないでしょうが、思われるんじゃないかと勝手に思い込んでますのでこっそり撮影。

練習しているコースは右側面の減りが多くなります。ですが、今まではそれを実感できませんでした。今回、なんとなくタイヤがそうなってきました。確実な変化ですから気持ちは嬉しいです。


2017pc0351
こちらはリヤタイヤ。

均一に側面が溶けてくれて良い感じです。年末とは違って、冷えてると滑るをかなり意識して走り始めの数周は暖めることを最優先です。

バックトルクを期待してのシフトダウンですが、ギアの件で抜けてコースアウトっていうあれも2回に減りました。抜けるだけだともっと回数は多いですが、乗り方でなんとかする方法でしばらく乗り切りたいです。


 とりあえず、「バイクのフロントフォークだけでも外しておいて週末までになんとかすっかー」とか考えていたのですが、場所と時間と工具の問題で今日は諦めました。具体的には書きません。

今日は休みでしたが、家事やら何やらしているだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。そこで、前にトイレのドアを修理下記録を残しておきます。それだけです。


トイレのドア付近が以前からグラグラしていた

だましだまし使用していましたが、ここに来て閉じ込められそうになったことも。これはいけないと、さすがに思いまして修理することにしました。

まず、症状としては全体がグラグラ。だめですね。という事で、バラします。


2017pc0344

鍵の構造は知りませんが、なんとなくこんな感じか?という想像通りで安心しました。パーツの名前は知りませんが、上の写真でいうと左の銀色のパーツ。ノッチみたいなドア側面部と、外側、内側の3つでしょう。金色部分が緩んでいるので、銀色のパーツはさわりません。手がかりになる部分を探して外します。



2017pc0345
切り欠きがあります。ここを小さなマイナスドライバーや100円ショップの精密でない精密ドライバーなどで持ち上げて開けます。このドアの場合は内側も外側も同じでした。因みに、ハンドル部分は通常内側からしか取れないようにはなっていますよね。



2017pc0343

イモネジみたいなもので内側のハンドルは固定されていますので、外します。なるほどな仕組みですな。分かりやすい。台座部分のぐらつきは上下のネジを締め付けることでできます。出来ますが・・・。


2017pc0346

こちらは外側。内側を回すとこちらも供回りしてしまいます。片方を外してみたら納得、間にバイクでいうところのチェンジロッドっていうんだっけか、あれがあるんです。見た瞬間に納得できたので双方から締め込みまして固定。がっちりしました。



2017pc0348

これは内側からのロック部分。各部に念のためブリスアップしておきます。各種可動部の滑りを確認して組み付け。ノブに関しても同様に最後のネジをしっかり締めるとカッチリします。


2017pc0347

動作に支障がないのかを確認してから、最後のカバーを取り付けて完成。驚くほどカッチリ感が回復しました。これは素晴らしい。気持ちが良いですな。


ヘックスです。HEXです。六角です。

私はヘックスのL型レンチを持っていますが、ホームセンターで10年以上前に買った家庭用工具セットに組み入れしてあるもの使っていました。これがまた精度が悪い上に、使い勝手も良くないのです。バイクのステップ周り、カウル周りは六角が多いのですよねえ。ネジ穴をなめそうになったことも多々あります。

2017pc0341

我らが味方のアストロプロダクツ!買ってきました。ビットホルダーって書いてあるのでそのまま書きますが、赤いホルダーと、ラチェットとの接続部分(これもビットホルダーって書いてあるw)も1/4と3/8が付いています。1000円弱です。まあ、いいでしょう。

ラチェット自体とextensionはKTCの1/4をもらい物を持っていますので、不満点が出るまではビット買い足しで何とかやってみます。精度はわかりませんが、少なくともあの家庭用怪しげL型レンチよりはマシでしょうよ。しかしサイズ的には1.5~2.5の3つは要らないだろうになあ。

贅沢を承知で言いますと、TONEのラチェットビットセット4000円弱が欲しかったです。

写真ありません。撮っていません。関係ないけれどもhpのノートパソコンで初投稿です。

デスクトップが何故か知りませんが、本日三度目の再起動。更新プログラムが来ていたのですが、そのうち1つは"おそらく更新されているけれど更新されていないと表示されている”という不可思議な症状のようです。マイクロソフトの累積更新プログラムの項で説明がありましたので間違いないと思います。該当ページはここです。2月15日にわかっている問題点として出ています。

今日はイレギュラーな休日ですので、予定も何もあったものではありません。やったことといえば増し締め。それだけ。110N で増し締めしておきました。もうすぐ春なのですが、しばらくスタッドレスタイヤのお世話になりますので、100km以上はすでに走っているためにトルクレンチで増し締めです。

それ以外はえーと、新しいノートでこの文章を書いているくらいですか。キーの打ち心地jは悪くないです。アイソレーションタイプで昔のタイプに比べわかりやすい点は評価できます。実用性は問題ない。ただ爪を切っていないとミスタイプというか打鍵しにくさも感じますね。私の場合は普段Ralforceを使っているときはそういうことがないため、先程爪を切ってたのですが意外と行けるかなという印象に変わりました。まあ、悪くはないですね。

ノートパソコン自体のスペックは低いのですが、使用目的がハッキリしていれば十分使えます。と、今日はそのくらいで、本当に何もしていなかったです。いや、用事というかやらねばならない家のことはたくさんあったので、暇というわけではないのです。休みって感じにはならなかったなあと。もう一日終わりますしねえ。そんな一日でした。

↑このページのトップヘ