ご無沙汰しております。とりあえずは、えーとそうですねえ、パソコンがデスクトップの方なんですが、更新できないパッチがあるようで起動はしてくるんですがしっくりこない日々が続いています。

いろいろ出来事はたくさんあるのですが、ぱっと思いついたことからまた、たまにアップロードしていけると良いなとは思っております。それから、コメント頂いたのに気がつかずお返事も遅れてしまって申し訳ございません。

とりあえず、レバーガードから。

わからない方に勝手に説明すると、転倒時にレバーを守るのではなく、接触時にフロントブレーキが不意にかかってしまって転倒するアクシデントを防ぐためのものです。で、安物がこれ。

2018pc0033


2018pc0034

ハンドルのバーエンドを抜いてこいつを差し込み、ネジをねじ込むと広がって内側から下閉める機構になっています。

結果から言いますと、内径にも寄りますが小さいタイプだと弱く私が買ったハンドルのうちアルミの方だとすぐにズレて使い物になりませんでした。もう一つ予備に買ってある鉄のタイプは大きいカラーで合うと思いますが結局は噛み合ってしまって取るのが結構大変になります。

着けっぱなしなら問題ないですが、転倒時にはハンドルは変えます。事実、まだまだ下手な私は既に数回ハンドルは変更しています。あとは、練習時の普段は必要ありません。レギュレーション上で必要なためつけているんですね。なので、レース時にしか装着しないと。

だったら、まともなやつ着けようと。

2018pc0035

で、ギリギリ間に合ったこれを買いました。Gcraftのやつ。5000円くらいでべらぼうに高くないですが、安物の倍以上します。ハンドルの外側、外径ですな、外径にクランプ止めするんです。そういうタイプ。だから、ざっくり1センチくらいハンドルなどを内側に移動させないといけませんが、これはよかったです。とりあえず、そんな感じ。

最初に買った方は、一般公道で使いたいって人だと問題でも無いのかなあとは思ったよ。


心筋梗塞だそうで、まずはご冥福をお祈りします。

世代としては御三家である西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎を知っている年齢です。男であろうと女であろうと、三人の中なら誰がいい?なんていうよくある問いを子どもながらに出し合ったりしていました。因みに母は郷ひろみが大好きだったようです。

私は西城秀樹かなあ、野口五郎も好きですからどっちつかずですかね。この三択の中では沢田研二が好きでしたとは言えないので。はつらつな感じが子どもながらにちょっと痛々しいと思っていたおかしな少年時代を送っていたので致し方ありません。有り余るパワーのイメージが西城秀樹、秘めたる何かを感じさせるのが野口五郎、軽くて好きでなかったのが郷ひろみでした。

私はテレビを見なくなってかなり経ちますので、脳梗塞で倒れたことも知りませんでした。最近の姿も全く存じていませんでした。イメージは10年以上15年くらい前で止まってます。テレビタレントの方は歌手を含めて大抵そんな感じですか。東海林さんという芸能レポーターがいたと思いますが、ググる前に書くと写真を数日前にネットでたまたま見て、かなり歳をめされたなと驚きました。皆それは歳は平等に取るわけですが、そうかあと、なにやら複雑な気持ちになります。

月日が流れていくと、当然小さい頃によく見ていたような有名人がこの世を去って行きます。去るというとキレイですが、まあ現実としては死を迎えて無に帰するわけです。考えると怖いのでやめておくのですが、死がどんどん身近になって、散見される様になっていき、やがてかすめ始めるんだと思うと、考えなくてもやはり怖いなと自分のことや身の回りを案じてしまいます。案じてもそれは無駄ですが。

妹に新しい命が宿ったという報告が今朝来ました。彼女はカナダに住んでいて、とても幸せに暮らしています。それはもう映画の様な世界と生活をしています。私はそれをうらやむことなく、いや、ちょっといいなって思うのですが、本心で嬉しく思っておるのですよ。

命がつながって、遺伝情報が伝わって、微細に変質しながら適応して行くのですが、昨今の世界の動きを見るに間に合うのかななんてぼやっと考えてしまいました。一つ命が出でてきて、あるところでは命が消えて行っているわけで。

死ねばいいのにな悪人も、まだ生きていて欲しい人も死んでしまって、見知らぬ誰かが生まれ出でてって。

感情も含めて究極的には数式で表せると思っています。えっと、電気パルスでしょうし、そういう意味です。解明されていないだけで、全ての事象は何らかの形で表すことが出来ると。そこまで解明した時点では、たとえば【昇華】のように様々なことが飛び越して起こる当たり前の現象も制御できるはず。

寿命、核廃棄物の無毒化のような変性を簡単にできるだろうし、と、ああ、そうすると解明した時点で人でなくなってしまうか。

西城秀樹さん、まだ若いのになあ。なんかなあ。

セオリーも基本も何が危険かもわかっていなかったわけで、凹んでいますが、進むほかないなと思って降ります。

次のレースまで期日もないのです。勝つなんて事はできません。もはや出場クラスが違いますし、私以外は異次元の人ばかり。おまけに私はタイムが落ちています。ステップとかいろいろありますが。んでも、まず走り方の一番危険な場所を直すのが先決とのことで、レースには出場するも当面は無意識にしていたシフト操作の死に直結しそうなポイントの徹底的な修正が第一となりました。

しゃーない。

レースまでにはイマイチ合っていないとわかっているものの、接地の危険性から一旦ノーマルから以前のバックステップに戻します。オイルとタイヤ交換は当日までに。何とか来週は練習に一度行っておきたいです。少なくともステップを戻してかなと。

もう一度慣れるために、スプロケットは戻して操作は4速まで使って1コーナからのシフト操作を丁寧に無意識にできる事だけをひたすらやることにします。

この前は160週走っていたようですが、良い点はほぼありませんでした。ただ、悪い点ははっきりとしたので安全のためにもそこを指摘してもらえて助かったと考えてます。

あー、鬱やな。

やり方が全くわからず、手順とか調べまくったんですが、やっぱり不安でした。イマイチわからない。
で、いつまで経っても出来ないので、やってみるかとやってみました。
理由は今日の練習走行(結果は悲惨なダメダメでしたが)までに、何かはやっておきたかったから。

一回やったので次は大丈夫ですが、手順としては

フロントフォークのトップボルトを緩める
フロントタイヤを外す
キャリパーを外す
フォークを締め付けている上下を緩める
フォークを下から抜く

です。

一応難なく出来ました。家に持ち帰り、フォークを縮ませて油面?を探ってみようとしたんですが、わっかがあって出来ない。まず、ここでパニック。仕方ないので、バケツみたいなのに抜いてシュコシュコとだいたいやってみる。

2018pc0031

注射器は持っていたので、準備万端でしたが役立たず。二本目は同じような感じにして、同じようなもう出ませんという感じがきたとこまでやることに。このおけに貯まったオイルを計量カップで受けてマジックで横筋を引く。交換規定量は186mlなのでほぼそんな感じになってほっとしました。

今度は同量のオイルをいれると。それをもう一本繰り返し、念のためエアー抜きのようなまねごとをして終わり。


2018pc0032

今日は練習走行に行ってきましたが、10→20で一応しっかり感はでました。それ以上は私のゴミのような技量では無駄でしょう。それより課題が100億カ所くらいはあるので。ブレーキをかけたときのフロントの怖さは軽減できたので、最初よりはマシになったという事でよしです。

ま、それが吹き飛ぶくらいに今日は駄目でしたからねえ、ショックですが。ちょっとずつやるしかないですねえ。



GWは2日からなのでそこまで9連勤。疲れてる。

Zはステップはノーマルにしたってこの前に書いたけれど、アレは大正解でした。シフトが変になる、抜けてしまうのがなくなりました。てことはバックステップの問題だったって事かと。ポジションが異常に運転しにくい怖い感じになったのでタイムはうんこでしたが、レースやっている人をネットで探して似たようなバック捨てぷを探せば良いという感じでしょうかね。まだ探していませんが、お金要るなあと。ノーマルのままではステップがすぐに接地して、金属が思いっきり擦れている怖い音が聞こえるので、倒さないように乗る不健全な状態なので、早めになんとかしないと。

あと、同様に早めにフロントサスのオイルを交換したい。でも、一体いつ?って感じ。それから、エニグマ?とかいうサブコン(覚えたて)をいれるとレブを変更できるらしい。他にもいろいろ。そうするだけで、私の走っている現段階だといろいろ解決しそうな場所が増えそうです。それも結構高いので、お金が。

礼服を買った。やっと、今風のおかしくないやつ。

GWはキャンプに行ってくるが、雨らしい。それもまたおつ。

↑このページのトップヘ