早ッ!ツーリングセローが出て行きましてアドレス125がやってきます。買いましたよ。買ったのか?んーと、契約しましたが正解か。

 題名通りアドレス フラットシート仕様です。(公式ページ http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uu125l9/top)書いてあるコピーは「毎日の生活を支えるスタイリッシュスクーター」です。マジか。

bike_scooter_man

 少なくとも毎日の通勤が極めて楽になることでしょう。そう期待しています。何度も書いてきたとおり、道具としていかに使えるかに趣味性が加味されて云々です。それにマッチしたのがこれで、迷いはありませんでした。

 本日はお休みを頂いていたので、まずは練習走行しているバイクの方を廃車手続きに行きました。書類は揃っていたので、それで確認しつつ書類に必要事項を書きまして、ナンバー返却で終了。本当にすぐ終わりました。

 その足でバイク屋さんに移動。数名お客さんがいらっしゃいました。店長いたし目当てのバイクを聞くとありましたので見せて頂きました。

 デカい・・・・・・、想像よりはデカかった。

 横にスウィッシュやシグナスXなども置いてありましたが、奴らと余り大きさのインパクトは変わらなかったように感じました。彼らの方がデカいんですが、私にしてみたらいらない装備が多すぎるモデル。もっと気がそっちに行ってしまうんじゃないかなくらいに思っていましたが、PCX含め驚くほど気にもしませんでした。これは不思議な感覚。

 またがってOKとのことでまたがらしてみる。んー、でかい。スペイシー100よりも大きさを感じる。長さもかな。ただ比べる車両がセロー250になるので、そういう意味でかなりコンパクト。ビビる。スクーター比較でデカい、ビビる。

 フラットシート仕様なので標準シートモデルと比べてシート高が15mm上がりますが、座ったら全く違和感なし。足つき性も良好で重心はさすがに低く安定していそう。また、ハンドル幅も当然セローなんかと比べるとコンパクトに収まっているので、更に気を使わないで済む。

 メータ周りは視認性を極めたって感じで必要最小限。困らないにしてもトリップあったら嬉しかったなあとは思いました。このメーター、また届いてからじっくり見たいけれど、デカいのよね、ここも。で、さらにハンドルカバー自体、ヘッドライトの周りの頭のパーツですが、この部分がかな~り大きい。盛り上がってるぜ~くらいに大きい。決してかっこよくないなと思いながら、かわいらしいやんと妙に納得できた。ここ、フロントから見ても以外とインパクトがある大きさで、池の足こぎ白鳥ボートみたいな風に見えました。

 フロントポケット周りも見たけれど、これはもうそのまんま使えるなあです。うん、使えるなあと。で、問題のシート下収納スペースです。

なぜ、メットインスペースとなっていないのか。トランクスペースなのか。

 アドレスは歴代狭いらしく、こいつはまた更に大きくなったのに狭いと。期待させておいて裏切るスタンスかと。そんなこんなで容量アップのフラットシート仕様にしたわけですが、開けて見せてもらったら、これがまた「んーーーー、予想を裏切らず更に上を行く狭さ」です。実に狭い。ぱっと見てフルフェイスは無理だなと判断ですが、ここに来て公式には気になるヘルメットが写っています。

 公式ページは125/125 フラットシート仕様の共用ページで、なんとトランクスペースの写真はフラットシート仕様なんですわ。ま、いいんですが、このヘルメット、写っているヘルメットはなんとフルフェイス。調べましたら アライの QUANTUM-J 。標準のものが入るんですな。でもう一つ、YouTubeで検索したら、ショウエイのフルフェイスも収まっている。ちょっとなんとか良いのを探したい希望が見えてきたっていう話です。

 その後、下取りにセローを見てもらい、アドレスの方を見積もり。自賠責保険は2年にし、スズキの2,000円盗難保険に入っておきました。なんとなく、4大メーカー制覇の記念ですよ。気前が良い。2千円だが、気持ちであるわけだよ。

 詳細は省いて、ざーーーーーっくり、ざーーーーーっくりね。ぼかして大まかな数値ですが、全て込み込みでメーカー小売価格程度に。しつこいけれど数字はかなり丸めてるからね。そこから、んじゃ下取りの金額出してもらって。

 ETCとグリップヒーター、状態を加味されアンチョコ虎の巻で調べてもらいました。そういうのがあるんですなあ。20,000キロオーバーなので期待せず、10万以上付いてくれって感じで祈ってました。あまりに安かったら知人が買い取ってくれるっていう位だったので、処理の簡便さと天秤にかけるくらいで待ってました。

 アンチョコの相場を隠さず見せてもらい、おおよそ年式と車種、基準走行距離二帯する平均ベース価格が書いてありました。私のも書いてあって、距離が倍以上なので単純に半分ではなかったとしてもそういうイメージかと思いながら待ってました。6年だしね、ただ想像の最低ラインは越えるなと。持ち出しをできる限り減らしたいが、期待するとがっかりしたくないから、その最低ラインで心をスタンバイさせてました。

 そこでの購入が初めてじゃない事(顧客ですわ)。買い取り強化してるって今ちょうどやってたこと(ネットで実は書いてあった)。欲しいバイクの中の一つであったこと。状態と装備が良いこと。とかあって、提示されたのはですな、これでいいよですわ。

 一瞬、え?う?聞き間違い?だとして喜んだら恥ずかしいから、今一度確認。

 え?マジで?と。

 一言でいいますと、バーター取引やんと。

figure_koukan

 まさかですわ。持ち出しゼロです。むー、そこそこ人気車種は凄いな、これが実力なんかよ。2~3年前に状態が良い場合で22万円で買い取りますっていう札をかけられた事があります。走行距離もずっと少ない時期ですからね。私にしたらあり得ない好条件になってしまって、ちょっと汗かきました。ほんとに。

 今度に仕様かなあとかいろいろ考えてましたが、やらないと後悔するに決まっているので廃車やらいろいろ行動して正解でした。まさかこんなね。

 ちなみに大きなバイクと違って、準備が整って登録できたら原付たちは早いですから。納車はすぐです。それまで今のバイクをぶつけないようにして、シート下とかに私物がないかはチェックしておかないとね。

 ああ、あと、もう一台の前後ホイールの価格も聞いてきたんですが、純正は猛烈に高かったです。悪くない中古スクーター買えるくらいでした恐ろしい。こちらは要検討です。今日のところはこの辺で。

 アデュー。

 毎日これです。あとは、新三國志を無課金で何とか頑張っている程度。といっても限度がありますから、そうこうしてると眠くなってきて眠ってしまう毎日です。ああ、あと、車がぶつけられちゃいまして、まあ、大事ではないのでいいんですが一応直してなんとか段取りとか面倒だなと。はい。

 以前乗っていたスペイシー100と比べてみようと思います。アドレス125です。
※追記 単位が合っていないですが、ご理解頂けると思いますので脳内変換よろしくお願いします。


2018-11-10_22h57_51

 
全長はざっくり20センチ長くなっているので、フェンダーなどだろうけれども結構デカいかもしれないい。一方で全幅はほぼ変わっていないので、扱いに関しては同等じゃないかな。数値化からはその辺が予測できる。全高のプラス分に関しては、スペイシーも大きめなのだけれど、体がはみ出ていく感じが寄り少なくなるのは良いと思っている。

重量はやや重めだけれど、排気量が大きくなってるのでまあまあ。トルクの太さは嬉しいところ。パワーウェイトレシオだとスペイシー100は14.22kg/ps、アドレス125は11.59kg/psなのでかなりの差が出ています。スペイシー100でも困ることはなかったのですが、アドレス125ならより文句はなさそうです。

SEP(suzuki eco performance)という新世代環境性能型エンジンが搭載されていて、燃費はどうやら良好らしいです。ガソリン燃料タンクの容量が0.5LスクナインドSが、この辺りはそう考える必要もなさそうです。FIになっていることから冬場の始動性は期待できますし、キックも併用可能なので猛烈に安心感が増えます。

フロントホイールは大型化されていて12インチになりました。スペイシー100と同じサイズなのでグリップ感や安定性能が格段にアップしていることでしょう。スペイシー100を乗っていた私からするとこの辺りは驚かないかも知れません。


 細部にわたって安価に済ませる為の部材や仕上げの選択が、まさに道具感を出しています。写真で見る限り塗装もケチっているようなので、さらに実用性でこの子を選んだのだという自負も生まれそうです。エンジンユニット周りのむき出し感や、ビスの処理などは実用性の星といって良い雰囲気。

乗っていないのでなんともいえないけれど、足回りで気になるのはリアサスペンション。スペイシーは底つきが結構ありがちで、標準体型でもギャップでガツンとなるときが多い。この変はどうなってるのかなあと想像しています。

シートはスペイシー100同様に大きく長めで、これは悪くないでしょう。私はフラットシート仕様が欲しいので、比べないことにはわかりませんが運転で困ることはきっとないはず。標準仕様に比べてシート高が上がりますが、フロアボードが絞り込んであるために足つきせいは犠牲になっていないと思います。これも買ってからの楽しみです。

灯火類はハロゲン。コスト重視。ハロゲン好きなので、いい。写真を見る限りデザインは好み。で、デザインついでにメーター周りだけれど、かわいい系か(笑)。必要最低限で値段を抑えましたっていう造り。潔い。写真で見ても安さが伝わるので、実車を見たら質素に見えるんだろう。素晴らしい。カッコヨクはないけれども。周りのハンドルパネルカバーの面積が大きく立体的なので、ここだけデザインの好みではちょっとカッチョ悪さは感じる。かも。

トランクスペースは公式には余裕のと書いてあるものの、アドレスは伝統的に狭いらしいです。フラットシート仕様だと少し容量アップだから、期待しすぎることなくちょっと増えてるんだろうなと思っておきます。どうせ、箱を装着するし。

フロントのポケットは期待大。スペイシー100は最初から最後まで使いませんでした。使えない。意味がないヤンというくらい駄目です、アレに関しては。今回は左右に1本ずつ600mlペットボトル対応。これだけで100点だろ。ほんとに。あと、コンビニフックならぬ、カバンホルダー。これぞ実用性重視。期待するぞ。マジで。

あと、これも凄いんだけれど、リアキャリアー標準搭載。何度も書くなって感じだけれど、標準搭載ってところだろ、おかしいだろ、それ。そのくらい普通にあることの凄さがこいつはある。

早く見に行きたいが、暇がない。あるも仕事だしな。





一定期間でやろうと思っていたのに、結構な間忘れていました。期間にして5ヶ月ちょっとということで、いってみます。


1.収益関連

Amazonギフト券                                                          682円
AmazonVine (6月から11月9日まで配送料分込み)  58681円

もう、Amazonさんから逃れられないじゃないか。というか、ありがとうございますとしかいえないな。Vineについては片っ端から頂いていることもなく、欲しいけれど置くところや音が出たりしてテストできない商品は結構止めていたりするので、それを入れると高額商品だとかあってこの倍くらいにはなっちゃいそうな気もします。積極的にいっていないのはあるかも知れない。それでも、日用品から装でないものまで実際に助かるものを使っているので、駄目なところなども正直にいかせていただいている。

プライムの分はというかそんな次元でないくらい恩恵を受けております。

 というわけで、行ってきました。1年前ですが、年末なので今のうちに済ませました。

 購入はというか車検を12月中頃に取得して中古を買っています。その時の走行距離は76500kmです。今日の1年点検の段階では82970kmなので約6,500kmってところです。・・・・・・、あんまり走ってねーな。

 以前い比べてベラボーマンなみに走行距離は増えましたが、それでもこれくらいなんですねえ。もっといっているかと思ったんですが、よく言われる年間一万キロっていうあの謎の基準が結構走っているもんなんだなあとあらためて思い知らされました。んあ、でも今までですと4,000kmちょっとってところなので、そういう意味ではベラボーマンなみに走行距離が増えているかも知れませんね(しつこい)。

 えっと、知り合いにメカニックが何人かいますので12ヶ月点検とかはどういうことやっているかよく知っています。まあなんていいますか、あんな感じなのですよね。ゴニョゴニョ。ただ、その辺は自分も理解していますので、それに加えてオイル交換とガスケット、その辺りを一応見てもらっとくかということでディーラーにちゃんと出しました。

 パーキングブレーキとかも見てくれますから、ここは私はわからんしね。

 今回の一番の目的は、まあいろいろあったのですが、その中でCVTのコクっていう衝撃の緩和でした。発進時とごく希に停止時。トルクが抜けてから再度トルクが入り直しの時にショックが来る。これが結構嫌でした。希に大きなショックなので気になっていたんだよねえ。原理は知りませんが、なんとなく間隔でこうなってるんだろうかなあとは思っていて、調べたらおおよそそんな感じでした。

 結局は制御で、燃費というかカタログ燃費のための手段だったんだろうなあというのが正直なところです。私はユーザーですが基本的にアンチトヨタなのはこの稚拙ブログを書き始めからずっと書いてます。今でも同じです。まあ、理由如何で乗ってますが、そういうことです。

 いろいろ調べると、似た症状を書いてる人がわんさか出てきて、プログラムの書き換えでOKらしいと。で、それもお願いしました。あくまでも細かいことはこちらからいわずに症状を説明してです。すると、素人にもわかるような説明の仕方で書き換えで直るとのこと、やってもらいました。

 帰宅してからあ試走してみたところ、すごいもんですな、体感で全く安心できる挙動に変わってました。すぐにトルクがかかっている状態で、抜けがかなりなくなっている感じですか。なので、燃費が少し低下するという理屈はわかる気がします。まあ、誤差程度ですよ、あんなデブミニバンですから。でも、気にする必要がなくなったのは精神衛生上とても良くなりました。

 何故か値引きもあって、さすがこの四半期決算で過去最高益たたき出してくるだけあるわと、ちょっと思います。顧客をなんとか放さないような施策ですな。うまいわ。

 車自体は気に入ってますよ、つまらないですが、実用としてはかなり良い道具だと感じています。もっと良い車はあるのでしょうが、お金となど現実的な課題が圧現状ではベストに近かったんじゃないかなと、あらためて思うしだいであります。



  私がテレビを見なくなってから結構な年数が経過しました。最初に結論からですが、個人的にはなくても全く問題ないものの必要のない冗長性を得る為にはある程度意味があるかもとか、か。

sodai_gomi


こんなニュースがありました。

4K「ぜひ視聴したい」12%…認知度高まらず読売新聞 (https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00050084-yom-ent

  どうなんてしょうか、認知度でいうと私みたいにテレビを見ない者でも早くから知っている事実でありますし、テレビを見ている層にしてみれば増して得ている情報ではないかと思われます。

   高精細な迫力ある映像というと思い浮かべるのは大自然ドキュメンタリーやスポーツなどでしょうか。これに関しては依存なくそう感じています。その他のジャンルでも嗜好の違いではあるものの好きな人にとっては求めるべき部分なのかなと思います。

  私だってその美しい大自然の映像なんかを見せつけられたら唸ることは間違いないでしょうし、高解像度の利点は存じております。

  ま、コンテンツなんでしょうし、チューナーやらなんやらと足並み揃わない部分や、地デジのB-CASカードみたいにゴミのような仕組みを作るんだからねえ。推して知るべしかと。

  日本のニッチな技術や素晴らしいなと思えるところは多分にあるものの、その日本は上から責任が発生したら誰が取るんだみたいな理由でガチガチにすることで国際競争力を自ら放棄するような路線をどのジャンルでも続けていると思うんですよね。 

  ケータイ絡みならおサイフケータイしかり、iモードだってそう。キャリアメールもそうだし。国産メーカーが凋落していく様は、私はアホで何も実現できない割に早くからどうせこうなると思っていたとおりにいくわけで、それ見たことかと感じることが多いわけです。

  直感的に面白いかどうかや使ってみたいサービスなのかってのは変な知識のないやつの方が案外、的確に要点をついていたりするんですよね。偉い人にはわからんのです(ジオン兵)。

  アホとしか言えない機能を詰め込む白物家電、使わない機能とボタンのついたリモコン、ユーザーインターフェースをまるで無視した自画自賛が跋扈していたここ数十年。ようやく気がついたか、様々な分野では追い越されてるけどなと秋から冬を見据えて遠い目で見つめております。

  テレビなあ、実家とか向こうの家でついてるから見たりしますが、なんとなく笑ったりするものの結局つまらない。たまには笑うけど、トータルでは時間返せってしか思わないかなあ。無駄無駄無駄無駄ってジョルノもいうかも。

  ネットニュースだけ見てると偏る〜って声もありますが、そらフィルタリングを自分ですればそうなるわけです。現にTwitterならアイドルとかエンタメ関連はユーザーとハッシュタグ見つけたらミュートしてます。ブロックじゃないけど、興味がないしな。

  ただ、偏りは知りつつポータルサイト一つにホットエントリーで大概のニュースとエンタメやらの雑多な情報は目に入るわけで、タイトルで読まないもののいつか大きなニュースでその名前が出ると記憶には引っかかったりしていますので十分かなと。

  あと、各誌のネット配信版はサッとみたり流したりするので、翌日の朝刊だと夜中のこと以外はだいたい把握できてるし、動画ニュース垂れ流してもほぼああコレねって感じで音声と映像が多少補完する程度なので問題はないなってところ。

  音楽、タレント、俳優とかの話や、映画やドラマなどについては相当どのメディアでも連日出てくるくらい大きなものじゃないと記憶にないから、その辺りが会話に出てくるとごめん分からんってなるのは仕方ない。

 ナウでヤングなビジネスパーソンならそこから発展させていくんだろうけど、そこから発展するようならそもそも要しないってことで諦めてる。

  ネットではテレビを見ないことを揶揄される体もあるけど、個々人で好きにすればいいんじゃない。好きならいいし、無駄だと思う人もいて。昔はドリフ大好きだったから、あのときなかったらどうだったのかなあとか。

  そうかテレビっていうか、地上波コンテンツが自分にとっては必要でないのかもな。ディスプレイでいいし、金払ってるからNHKは重要な情報だけくれればいい。もう、見るに耐えないようになってしまった。不思議だなあと、自分でも思う。

↑このページのトップヘ