GP-210はじーぴーつーてんと呼びますが、試しにお店で「にーいちまる」と言ってみたら「つーてんですね」と訂正されました。


2018pc0010
今回は林道もほぼ行っていませんし、総じて通勤仕様なこのタイヤはこんな感じです。サイドが削れていない高さ、真ん中はぺったんこです。雨天は猛烈に、ドライでもかなり滑ります。

受け取り時は結構な雨でした。しかし驚いたのはグリップですか、がっちり地面を掴んでますよこれ。


2018pc0026
本当の新品です。お店の人には油が残っている間はしばらく滑りやすいから気をつけてくださいと注意を受けました。この辺りはもう慣れたものです。注意します。


2018pc0027

もう、全く違うパターンと質感にあらためて驚きました。まずは、圧倒的に滑らない。油があろうが無かろうが、今までがそういう次元ではないくらいにグリップし無かったのがよくわかりました。痛感といってもいいか。

異次元の制動力ですわ。雨でも地面を掴むのがよくわかりますから、柔らかめのサスが気になってくるくらいに食いつきます。


2018pc0028

押した時も転がり方がビックリするほど軽いのです。倒したときも素晴らしい。持ちはどうなのかわかりませんが、前よりはいいんじゃないかなと思っています。

フロントはチューブなのでタイヤ代金だけとかではなく、五年経過していることもあって他のものも変えておきました。

タイヤ前後、チューブ、リムバンド、エアバルブですな。乗り心地も激変したので良かったですよ。しっかり走ろうとすると、サスの柔らかさが気になってしまうほどのグリップ力なのですが、そこを行くのは本末転倒なのでこのまま普通に乗ります。

いやあ、良かった。

タイトルが全てです。

2018pc0017

思いっきり長かった。アップデート後しばらく経ってますが、熱くなりやすくなり電池の消耗が激しくなった気がします。内容はセキュリティーアップデート。OSは上がらないんですな。おかしくなるまで使います。

毎日眠いのと、花粉が酷いこと、それに加えガレージがないので帰宅後になかなか出来ない日々が続いています。あと、ゲームも出来ません。ストレスです。よく寝ていますが。

ステップが悪さしている可能性があるとのことで、ノーマルに戻してみました。潔くないのでパーツはまだ保持していましたのでほっとしたところです。


2018pc0021

V受けタイプの方が楽だったなあと今は思っています。スイングアームに着ける支柱部分とこのスタンドの受けが変更できるならいつかしたいかも。結構ズレるのですよね。


2018pc0024

ステップは可倒式のために当たっても折れる心配はなさそうです。ノーマルになったのでかなり前になりましたし、少し下がりました。張り出しは小さくなったと思うのですが、乗り方を考えないとペダルはすぐに接地しそうです。

OVER Racingのバックステップに比べて重みがあり思ったよりがっしりしていました。リンク部分のしっかり感があるので、案外これで抜ける現象がなくなったりしてと期待せずに期待していたりします。

もしも、もしもこれで改善されたなら、新たにバックステップは考えるか、他を考えるかしないとなあ。日曜日に試走してきます。

2018pc0025

因みにこのバネを忘れていたせいで、ぐらっぐらでした。なんかおかしいと、サービスマニュアルを見ていたら発見。探しまくって見つかったので、とりあえずは装着。


プライヤーだけで困ったことがあるから。

2018pc0007

安物ですが買いました。20mmです。

本来は力を加える向きがありますが、いろいろ実験されているものをたくさん見聞きした結果、全く気にしなくてもいいってことです。壊れたら少し良いやつを買えばすむ話。

最悪、叩くことも出来ますし一本持ってて正解かも。

4種類の測定方法があるとかいてありました。

2018pc0006

主な用途は内径と外径になります。このうちの段差に関しては知りませんでした。便利ですねこれ。



2018pc0005

使い方に関しては知っていたのですが、万が一の事を考えて写真に撮っておきました。




2018pc0013

実はちょっと斜めというか、ブルーの外径でなく黒いクリップの支え部分になっていたりしてピッタリ感が出ていませんが、この場合だと16.4mmというわけですな。すごいすごい。

↑このページのトップヘ