3回目の給油。


2019pc0001

走行距離は173.9km
給油量は4.83L
燃費は36km/L

ギュインギュインは知っていないので前よりちょっといいか。道は前回と同じなので、あの劣悪な道順でこれならいいね。ちなみに1Lで130円でした。

もう、本当に通勤にしか使わないな。

 販売代理店とのメールのやりとりが数回続きまして、無事梱包状態までこぎ着けました。
書類に必要事項を書いたり、念の為にコピー(原本でなくとも良いため)を作成したりと地味に面倒でした。

ただ、販売店さんの対応はしっかり丁寧で現状は好感が持てます。GT520に変更後は猛烈に静かになった事ですし、ファンの回転高周波とは明らかに違うアレは検査で不具合認定してもらえると助かるなあ。

ぶっちゃけコスパは知らないですが個人的環境下では現状あれ以上の性能向上は電源的にも厳しいため、期に入ってるんですよね。静かな状態になってくれれば文句はないので。これは製品誤差レベルですってなったらそれはショックかも。

年末年始、子どもの緊急入院やらいろいろありました、車ぶつけられたり、他にも書いていないですがいろいろと。なかなか忙しいスリリングな12月ですな。

 結論から申し上げますと、初期不良で販売元に連絡したところ。あと、製品のレベルは凄くいい。

さて、届きました。


2018pc0172

安いこと、電源が280Wでも動きそうなもの、安いこと、NVIDIA。



2018pc0173

箱は一部へこんでいたけれど、多分こういうものでしょう。ローエンドクラスなので箱も簡素。ただ、本体にしては大きめ。



2018pc0174

内容物はドライバディスク、本体、クイックガイド、LP金具。
金具はどこに入ってるかわからなかったけれど、箱に引っかかっていた。



2018pc0175

カバーがちゃんとしてある、すごいねえ、当たり前なのかな。
DVI-IとHDMIの二系統。どうしてもこの組み合わせが個人的に必要でしたので。


2018pc0176
ヒートシンクとファン。これが、ちょっと今回問題を引き起こしました。


2018pc0177

GT520とは比べものにならない。高性能を予感させる。もちろんGTXがイイのは理解した上での発言です。


2018pc0178

格の違いを見せつけられる。


2018pc0179

いいねえ。


スコア的には2つ回してみました。

ドラクエベンチ      1457→11017
バイオハザード6ベンチ 720  →5230

圧倒的な差をつけてフィニッシュ。ウィッチャーですがかなり動かなくてハングアップしたり多かったのですが、違法性フィルタリングなどは変えないもののそれ以外をフルに変えても滑らかです。すごい。


で、最初にいっていた問題点ですが、このGT1030というモデルに関しましては文句はないです。2000番台が来れば更に高性能で低電力なのかもしれませんが、現状は結構良いと思います。この上になると5000円以上開きが出てきますし、私にとっては電源問題が絡んできますので。

んじゃ何かっていうと、

音。

異音です。というか、負荷がかかったときの音とか、ファンのそういう耳障りな音をいっているのではないです。ファンがなにかに擦れている、当たっている音です。アイドル時だと余計に聞こえます。高負荷だと気になる音質ではない、けどまあきこえるなあって音。

電気ファンヒーターとかつけているときは、少し目立たなくなりますが、ああ聞こえるかな。気になって一度外してファンを見てみましたが、水平から見たら少し傾いている感じはする。でも、これは底まで原因になるかなあという程度。そっと触って回すと特定の場所で止まるというか引っかかりがある。まわるけれど抵抗が少しある感じ。そこで音がしっかりします。

Amazonで買ったので好感しようかと思ったら、返金しかなかったのですよね。なので、箱にあった販売店のところにメールで連絡しました。今はそれ待ちです。交換でもかまわないですし、返金ならAmazonの方が早いかもしれないですし。どっちになるかは連絡待ちです、そこから。

返金になったら、ちょっと待ちにするかも知れないですし、2000番台っていう意味です。ファンレスっていう手もある。交換なら直ってくれればいいですよ。トラブルにならないと思うんですよね、販売店は有名店ですし。対応も良いって聞くし。

私もごねる気ないので、初期不良に対応してくれると良いなあと思っているところですね。


あと、大事なこと何でちゃんと書いておきますが、GIGABYTEが悪いとか販売店がどうとかってのはないです、こういう工業製品は運もありますし。対応してくれたら問題ないでしょう。何度も続けばちょっと次は他を買うかも知れませんけれども、製品自体は文句ない性能ですしね。

年末私生活でもいろいろあって継続中ですが、こういう時期ってたまにありますからね。前向きに考えます。



2018pc0171

2018pc0170


 150.1km走行して4.45Lなので33.73km/Lでした。

条件としては劣悪で、走行時間にして15分程度の一時停止が多くて右左折回数もかなりあります。起伏もかなり激しい復路です。61kgの体重にてんこ盛りに着込み、シート下には雨合羽にU字ロックをいれ、リアボックスには味噌汁装備の大型弁当箱や緊急用工具が入れてあるリュックサックをねじ込んであります。割と重いんですわ。ヘルメットも地味に1.8kgもありますからねえ。

それで33.73なら、んー、まあ許容範囲かな。因みに入れるタイミングは赤い部分の真ん中くらい。これでも1.5Lは残っているのでEのところまでいってもある程度は走れそうです。

 余りに快適すぎて、朝どうしてもPCでみたい衝動に駆られてニュースをチェックするも、起動時間の短さで悶絶しました。こんばんは。


computer_ssd

 「まじかーくそはえーなー」っていう汚い言葉を吐いてしまうほどに高速です。カリカリ音がしないのもやっぱり新鮮。ここまで変わるもんだとはねえ。

 数字上よりもやはり体感のスピードが桁違いに高速です。ズバリ早いというか、待たなくて良い快感はここ何年も味わっていなかっただけに感慨深いものがあります。当たり前ですが、写真の表示スピードしかり、メーラー起動しかり。といいますか、ソフトウェアの起動時間って猛烈に関係してくるだけに、こういう体感速度の向上って地味にCPUを中途半端に交換するよりも恩恵を受けますよね。

 ネット上に溢れかえるSSDに変更して良かった~っていう羨ましいつぶやきに、やっと「んだんだ」って同意できるようになりました。

 内蔵ベイがあるかも知れませんが、どうってことないので、スカスカなポジションを確保させて適当に鎮座させています。問題なし。

 少ないながらも残念なところは、気持ち的にトランセンドを購入したかったこと、見た目がどうであっても内蔵なので隠れてしまって見た目の優越感は味わえないことでしょうかね。

 最高です。

↑このページのトップヘ