省電力機能であるエコ技を常時オンにして、今までと同じような使い方を1日してみました。

Twitter、ニュース、Chromeを介してWebサイト閲覧、Googlemap、モンスト(少なめ)、音楽(英会話みたいなの)をBluetoothで四時間ほどです。

夕方の帰宅時で35%以上残っていました。継ぎ足し充電なしですから、Zenfone2さんから比べて驚異的と言っていいでしょうか。

帰宅後にモンストをやってまして、ふと思うところがあり『エコ技』をカットしました。エコモードはバッテリーのもちを優先した協調モードです。

[画像:b5c555f8.jpg]


カクつく感じはモンスト以外でも少し感じていまして、まあこんなものかなと思っていました。ハッと気がついてエコ技をオフにすると激変しました。

ネットで調べていた前評判ヌルサクはこれかと。他のアプリでも同様に吸い付くように動きます。そのぶん電力消費は大きくなるのですが、これはいい。

あと、本体の熱さは確かに感じました。これもZenfone2さんとの比較ですから、私の場合はこの程度なら許容範囲です。

アルバム、Twitter(公式はゴミなので通知専用)などもカクつくことなく快適に閲覧可能です。

何より軽く誤動作なしというのが素晴らしい。搭載されているIMも癖があるものの馬鹿じゃないです。慣れてきてからは使いにくくもない印象です。

強いて言えば、テンキーで文字を入力するとき、意図したところより気持ち上で指を滑らさないとたまに下側のキーを認識してしまう感じがあります。

意識的に少し上でスライドする事で、これはカバーできるようです。そうしたときの誤動作というか、ミスタイプはほぼありません。感覚とは少しだけズレが生じますが、速度の低下は起こらないのでいいかなと。

スペースの位置も違いましたが、これもすぐに慣れました。完全に手足になるにはまだですが、思ったよりも早そうな気がしています。
[画像:c452badf-s.jpg]
本日のおかずの一つ。


一枚スクリーンショットを撮り、アルバムから二枚画像を縮小変換。livedoor Blogのアプリでここまでテキストを書いて貼り付け作業した段階でバッテリーの表示は98%から93%。

エコ技を外してあればこれくらいですか。テキスト作成はかなり減りますから、妥当なところかと。

反対に言えば、エコ技の効きはかなり強く作用してますよ。基本はオンでの運用にする事にします。

それではこれにて。

本来なら昨日届く予定でしたが、クロネコメンバーズの機能を使って本日夜に変更。無事到着したので早速取り付けしました。

購入したSH-M03は楽天モバイル物だったためか、SIMを挿して起動したら既にモバイル通信可能な状況になっていました。APNの手動設定をやろうと思っていたので拍子抜け、念のため確認するものの設定済み。手間無しです。

その後にZenFone2さんのmicroSDをPCにバックアップし、そのままSH-M03へ装着。SH-M03側から不要なファイルを削除して、musicやその他アクセス可能な写真などは留めて使用することにしました。

写真の保存先をmicroSDへ変更、アラームの設定、マナーモード等の確認を行いまして、普段使う重要主要アプリを使用可能状態に。

明日から通常使用のスマートフォンとして運用開始です。

2017pc0264

それで、私へ結局のところケースはこのタイプのみ。TPU。
ハードケースは使いにくい、シリコンは引っかかる、TPUは私にとって利点しかないのです。
手帳タイプは1動作増えるため却下。今までの実績からこれ系が文句なしです。


2017pc0265
 このモデル、+100円でガラスフィルムが付いてきました。ガラスタイプは初めてでしたが、価格で試しにと。埃も気泡も入らず簡単にスッキリ貼り付け可能で気に入りました。

素ガラスでの運用を考えていたので、ちょっとラッキーでした。

この小ささと使い勝手を明日から持ち歩いてみることになります。仕事中の軽さと使いやすさがどれくらい変化したかが楽しみです。




ということです。microSIMからnanoSIMへ変更手続きを昨晩確定させてしまいました。

同じ内容がSIMに書き入れられていることになるわけで、当然同じ時刻にコビーがあってはならんわけです。

新しいSIMカードが出回る段階で、以前のSIMが使えなくなるよう停止されます。📶マークがグレーアウトして×マークがつきます。

ということで、到着まではWi-Fiのみで乗りきることになりました。

最速で二日間、私の場合は16日夜にWebで申請→17日午前中に通信遮断→18日にSIMカード到着予定です。

連休のために最高のタイミングですが、残念ながら実家に帰省しており名古屋市に戻るのは18日夜遅くの予定。

クロネコヤマトのWebサービスで19日帰宅後に変更しました。事実上19日は問題ないためです。

電話しての変更よりも、要領さえわかっていれば数分で完了できるのでWebからはおすすめですねえ。

とりあえず報告まで。

 なんとなく作法が理解できてきた気がするので、SIMを介さない必要最低限のアプリを準備して様子見が続いています。


2017pc0263
この写真、ZenFone2さんが悪いんじゃなく、かなり写真を縮小したためです。

とにかく良く滑るので、早い内にTPUのカバーを付けたいこと。あとは、電源と音量ボタンをたまに押し間違えてしまう事は少し気になります。それ以外は良さそう。

何より軽い、小さい、これに尽きる。

小さい繋がりで、nanoSIMへの変更をどうやってやるのかなと、楽天モバイルのメンバーステーションを調べて予行練習していたのですよ、さっき。そうしましたら、クシャミと同時に申し込み確定ボタンをクリックしてしまいました。

焦った。いや、焦ったどころか確定なので、ちょっと呆然としました。

まあほら、車やバイクと同じで勢いって大事ですし、そういうものかなとも思いますから。普通期間があるらしいのですが、よしとしましょう。

明日から二日間実家に帰りますので、特に困ることもありません。今のうちに、マイクロSDに入っているデータなどはPCにバックアップしておこうと思っているしだいです。

下駄は用意してあるので、とりあえずは安心。

眠い眠い秋の夜長といいたいところですが、眠い眠い。

SH-M03も到着して早速さわるも、余りにも作法が違うので困惑というかワクワクというか。そんな気持ちで嬉しいはずなのに、眠気には勝てないようでそろそろ寝る準備に取りかかる夜11時前。

以前なら写真も撮ってアップロードして、ウキウキで眠りたくないなんていうところなのに、それよりも何よりも眠気が勝ってしまうのは年齢から来るものなのかな。などと、外の虫の音を聞きながら打鍵しているのです。

軽量小型でかなりのサクサク具合。防水性を持つため熱は籠もりやすそうですが、ZenFone2を持っていることもあっていわれているほどではなかったというイメージを持ってます。

いずれにしてもSIMを入れていないので、環境構築をさぐりつつ私自身を慣れさせるのが最重要課題と見据えておきますか。


↑このページのトップヘ